予防歯科

保健治療ではできない、『アロマセラピーティースクリーニング』を体験してみませんか

 

保健治療ではできない、 『アロマセラピーティースクリーニング』 が、只今キャンペーン中です!

アロマセラピーティースクリーニング(施術時間60分)10800円
                       只今、キャンペーンお試し価格6300円

保険でのクリーニングとは違い、時間や回数、使用する薬剤等を皆様の状態に合わせて組み合わせます。
歯周病治療ではなく、治療の必要のない安定した状態をさらに長く継続させるためのクリーニングです。

症状のある方は、まずは治療から始めることをお勧めします。 (保険でのクリーニングは歯周病治療を目的としたものです。)
アロマセラピーティースクリーニングは、歯周病治療が終わって、安定した状態になってから行う施術です。


施術内容

 

①コンクール洗口(口腔消毒) 
殺菌効果が高い洗口液。口臭予防にもなります。

concool.jpg
②エアーフロー (着色のある方) 
特殊な粒子の細かいパウダーの噴射によるクリーニングで、
歯の表面を傷つけず、汚れをやさしく除去します。無味無臭のため不快感がありません。
jet.jpg
 ③ポリッシング
(様々な型のブラシやカップとPMTCジェルにて傷んだ歯の表面を整えたり、補助的清掃用具で細かい所のバイオフィルム除去などを行います。)

 

ruber.jpg

 

 ④トリートメントケア
(リナメルにて歯の保護) ナノ粒子ハイドロアパタイトペーストが歯の細かい傷に入り込み再石灰化促進。毎日の食事や歯磨きでできたミクロの傷にミネラルを補給して歯の表面をなめらかにします。

 rinameru.jpg
 ⑤舌マッサージ
 
 ⑥Gum & リップマッサージ  
専用のアロマジェルを使った歯肉や口の中のマッサージで、リラックスできて、とても気持ちのいいものです。歯茎をマッサージすることで、歯茎の血行がよくなり、唾液が出やすくなります。また、アロマのジェルを使用することで、免疫力が上がったり、ストレスが解消されます。

 rip.jpg

 

⑥フッ素塗布 or MIペースト 
歯医者でしか扱えない濃度の高いフッ素を利用、または、豊富なミネラルやリカルデントを含んだMIペーストで歯を強くします。

mi.jpgmib.jpgmime.jpgmimi.jpgmiy.jpg




 ~お勧めの方~

・歯周病治療の終了した方
・保険治療ではできない短期間のペースでメインテナンスを希望される方
・歯の着色が気になり、歯を傷つけずに着色の除去を希望される方
・歯の表面や隙間の細菌・汚れを除去して長期的に歯を大切にされたい方

 

セットではなく、単独の施術も行っています。(一部キャンペーン価格)

 

・メインテナンス単品・

 

Gumマッサージ1080円
リップエステ540円
エアーフロー 5400円
PMTC(リナメル)2700円
フッ素コーティング1080円
舌クリーニング540円
オフィスホワイトニング 6480円
ホームホワイトニング29000円
唾液検査2900円
3DS                        13700円  or29000円
  

     電話かメールにてご予約ください

 

虫歯になりやすいか?、なりにくいかは?唾液検査(サリバテスト)が有効です

  
虫歯になりやすいか?、なりにくいかは? 以下の項目が関係しています。

飲食回数、 食事内容(砂糖・炭水化物の摂取量)、 プラーク数(歯垢)、 細菌の量、 フッ素の利用状況、 唾液量、 唾液の性質、 これまでの虫歯の状況、 関連全身疾患 


この中で、唾液量、唾液の性質、細菌の量については、唾液検査(サリバテスト)を行います。


唾液の量は、1分間に1ml以上出ていると問題ありませんが、薬の服用や加齢、口呼吸、ストレスなどで減少していることがあります。


唾液の性質とは、歯を虫歯から守る力が高い唾液と低い唾液があり、それを調べます。(唾液緩衝能)

 cat21buf.gif

 

細菌の量については、唾液を20分間培養器で培養して調べます。

cat21fast.jpg


  

この9つの結果を、カリオグラムというソフトで分析することができます。

http://www.hayashi-dental.info/blog/cat76/20140405103356.php


それぞれの結果に対する対処法を理解いただくことで、虫歯になる可能性を低くしていくことが大切です。


これらの検査をすることで、虫歯に対する知識が明確になっていくことが大切で、
今までの疑問が解決していくと思います。

是非体験してみてください。
 

エピオスケア・・・「すごい水を試してみてください!!」

 

 

エピオスウォーター
(高濃度電解次亜塩素酸水)

 


林歯科医院がこの水を薦める理由
           
虫歯や歯周病の原因は口の中の細菌です。
この細菌がなくなったらこの二つの病気はほとんどなくなります。
歯科医院では、この細菌の仕業で虫歯になった歯を削ったり、
この細菌のせいで歯にこびりついた歯石やバイオフィルムをお掃除しているわけです。

ただ、この細菌を完全にゼロにすることはできません。
すこしでも数を減らす事が大切なのです。


そのためには、歯医者さんでの手入れと家庭での手入れに加えて、

今、林歯科医院では、様々な細菌やウイルスを殺菌する体に無害なエピオスウォ-タ-お薦めしています。                                  

 

epioscare.jpg

            EPIOS WATER 

   エピオスウォ-タ-は、


1、エイズウイルスを始め、様々なウイルス、細菌、カビを数10秒で死滅させます
2、しかも、本来人間の体内で白血球が作るものと同じ成分なので、人体に無害です
3、今までの口腔洗浄水ではできなかった蛋白質の汚れを分解し、口臭の原因を除去します


もちろん、「コンクール」などの他にもうがいする薬品も販売していますが、
その中でも一番殺菌効果が高く、
しかも、アルコール・着色料・保存料などの化学成分が含まれていないので、
うがいの後に口の中に残っていても全く問題がありません。

純度99.9%の塩と不純物を限界まで取り除いた超純水を電気分解させた電解水です。


☆ 使ってみた人の感想は・・・
・ 口の中の朝のねばねば感がなくなった
・ 口臭が減った
・ 歯ぐきの色が健康的なピンク色になった
・ 歯ぐきの出血が減った

 

◇また、口腔の洗口以外にも様々な分野で安全安心な殺菌・消毒としてお使いいただけます。

加湿器でお部屋の空間消臭。
入れ歯の除菌。
皮膚疾患の除菌。
にきび予防。
台所の除菌。
靴の臭いの消臭。
水虫予防。
たばこ・生ごみの消臭など。  

最近はペットショップでも濃度の低いもの(エピオスウォーターを10倍に薄め
た物と同じ濃度にph調整剤が入っています)が犬や猫の口や足の消毒やトイレの
殺菌用に発売されています。(バクテレス  www.kamos-power.com
bactress.JPG         


エピオスウォ-タ-を10倍に薄めると、同じものが10本できます。
つまり、ペットにも安心して使用できるわけです。


是非一度、エピオスウォ-タ-をお試しください。 

 

epios.jpg

             

EPIOS CARE

 

 

バクテリアセラピー』や『SODSH』 も歯周病に有効です。

 

 

 

予防歯科とは?

林歯科医院では予防歯科が最も大切と考えています。

突然ですが、あなたはどんな時に歯科医院に行こうと思いますか?

歯が痛くなった時ですか?
歯ぐきが腫れた時ですか?
歯がなくなって、食べづらくなった時ですか?


上記のような場合ではなく、
痛みがない時(痛くなる前)に定期的に来院していただいて、
虫歯や歯周病にならない様に予防しようというのが予防歯科(メンテナンス)です。

 

歯が悪くなってから来ていただくと、歯を削る治療になります。
歯が動き出してから来ていただくと、入れ歯になります。
それよりも時々点検して、健康な自分の歯をいつまでも使える方がいいと思いませんか?

 

→私がお薦めするマルケンブラシのお話

 

当院の定期検診について

定期的に歯の検診を受け、
虫歯や歯周病を早期発見・早期予防出来れば
歯の健康を保つ事ができます。

 人間の歯は親知らずを省いて全部で28本の永久歯がありますが、80歳になると平均5~6本しか残っていません。現在、日本では歯の定期健診を受けている方は全体の2%しかいません

そこで北欧のスウェーデンやオランダに目を向けてみればどうなっているかと言えば、90%以上の方が3ヶ月に一度の定期健診を受けており、歯のお掃除や、さらにそれを進化させたPMTCと呼ばれる歯のメインテナンスクリーニングをすることにより、80歳で平均25本近くの歯が残っています。フィンランドでは、虫歯の予防には成功しましたが歯周病のメインテナンスは行わなかったので80歳では平均13本の歯しか残っていませんが、日本に較べるとまだまだいい成績です。

右のグラフは、歯磨き指導を受けただけでは、痛い時だけ歯医者に行く人と同じように80歳になったら残っている歯の数が減っていることがわかると思います。(5本多いだけですね)
つまり毎日指導を受けたとおりに歯を磨いていれば悪くならないと安心していてはいけないということなのです。
定期的に歯科医院でメインテナンスを受けた人だけがいつまでも自分の歯を使い続けることができるというデーターが出ているのです
 

   長崎大学 新庄教授のデータより

 




日本では、歯の病気を予防するという習慣が残念なが根付いていません。今まで提唱してきた6ヶ月や1年検診というのは、悪化したものを早期に治す単位にすぎず、予防の単位ではないということがわかってきました。

また、ある新聞記事によれば歯の定期健診やメンテナンスを受けておられる方と、受けていられない方とでは、75歳になってからの年間医療費が13万円違うという調査報告もなされています。歯の健康と全身の健康は密接に関係している重要なデータであると言えるでしょう。

→ どうして日本はスウェーデンのような予防ができなかったのでしょうか?

 

定期検診のタイミング

林歯科医院では1~3ヶ月おきに
歯のお掃除をお受けになられる事をお勧めしています。


毎日の10分以上の歯ブラシはもちろん大変重要ですが、歯と歯の間や、歯と歯茎の隙間など、汚れが溜まりやすい場所の掃除はご自分ではかなり難しいものがあります。
その難しい場所から、虫歯や歯周病が発生するのですが、定期的に歯間ブラシやスーパーフロス、ワンタフトブラシなどの補助器具も用いて、PMTCを受けて頂くことで、歯の病気を高確率で予防する事が可能です。

ポケットが2~3mmの方へは3ヶ月に1度のPMTCを行います。
PMTCの特徴 (Professional Mechanical Tooth Cleaning)
(1)お口のリフレッシュになる・・・爽快感がある
(2)歯の輝きが増す・・・歯の着色をキレイに取る。歯を綺麗に磨きあげてツルツルにしましょう。
(3)虫歯、歯周病の予防が出来る・・・歯石除去、歯磨き
(4)歯の質を強くする・・・フッ素塗布による歯質強化

ポケットが4mm以上の方は歯周病が進んでいるため、1~3ヶ月おきに歯石除去と歯磨きを中心に行います。

ポケットが6mm以上の方は歯周病がかなり進んでいるため、家での手入れがさらに重要です。まずは4mmまで減らすことを目指しましょう。6mm以上のポケットは健康な状態に戻すことができない場合もありますが、歯石除去と歯磨き以外に、レーザーや高周波、薬剤などを用いて出来る限りのお手伝いをして、最大限の延命を試みます。

このような定期健診により、現在少しづつ日本でもスウェーデンと同様の現象が起き始めており、歯科医師会と厚生労働省が提唱する8020運動の表彰者の多くは定期的に検診を受けている方々です。

3ヶ月に1度、歯のお掃除と同時にポケットのチェックをして
ポケットが2mmを維持できることを目標にしていきましょう。

PMTCとは(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

 

PMTCとはProfessionalMechanicalToothCleaning

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングを略したものでで

専門家による機械的歯面清掃のことです。

 

PMTCの効果は?

歯周病予防

   歯のきわと歯肉の間の部分に強く付着した細菌のかたまりを磨き落とします。 
 
虫歯の予防

  歯磨きでは落ちにくい虫歯の原因になる細菌のかたまりを磨き落とします。

歯を強くする

  細菌のかたまりを除去したあとに、きれいになった歯の表面にフッ素を塗って歯を強化します。

歯の輝きが増す

   お掃除した表面を、特殊なペーストを使ってツルツル、ピカピカに磨きあげられます                       

お口のリフレッシュ

   歯の表面のクリーニングや歯肉へのマッサージを行うことにより、終わった後の爽快感をご期待ください。

 

PMTC、自分で毎日行なう歯磨きの磨き残してしまった部分を、患者さんに代って専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、クリーニングすることが中心となります。

歯の表面についた歯垢(バイオフィルム)や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去ることにより歯周病から守ります。さらに歯の質を強くするためにフッ素を塗布し歯垢の再付着を防ぎ虫歯から守ります。

歯肉へのマッサージにより血行がよくなり免疫力も高まります。少しでもプロの技術を覚えて、ご家庭でご自分でも頑張ってみてください。

イメージとしては、毎日、自分で洗顔して、時々エステでフェイシャルマッサージをしてもらうという感じです。お口の健康を守るために、ぜひ、エステ感覚でお口のケアにも注目してみてください。

磨きにくいところは、むし歯や歯周病になりやすい危険部位であり3ヶ月に1度、歯科医院で清掃することで、むし歯や歯周病から守り、生涯ご自分の歯で噛めるようにするためのお手伝いがPMTCでなのす。

 

 

市販のキシリトールガム以外に医院専売品がある事をご存知でしょうか?

(2011.7.30 のブログと同じ内容です。ニュースレターにも同じ内容を掲載しています。 )

 

歯医者さんであつかっているキシリトールガム(ロッテ医院専売品)は、コンビニなどで売っているキシリトールガムと、何が違うのでしょうか?   容器の形だけ???

 

    左が医院専売品、右がコンビニ用

xylitol1.jpg

 

 

一度栄養成分表を見てみましょう 

医院専売品

xylitol2.jpg

栄養成分表 1パック(153g)当たり    
            
熱量 356 kcal 
蛋白質・脂質 0g
炭水化物 121.0g 
ナトリウム 0g
キシリトール 117.8g 
糖類 0g 


コンビニ用(市販品) 

xylitol3.jpg  


栄養成分表 1パック(150g)当たり

熱量 284 kcal 
蛋白質・脂質 0g
炭水化物 113.1g 
ナトリウム 0g
キシリトール 50.78g 
マルチトール 47.2g

糖類 0g 

 

成分表を見ていただくと、市販のキシリトールの数字が医院専売品の半分以下であることが分かります。
市販品は売れるためにマルチトールという美味しい甘味料がほぼ同量使用されています。

虫歯の原因となるミュータンス菌の数を減らすのはキシリトールの作用なので、
当然医院専売品の方が効果的という事になります。

マルチトールは歯に悪いわけではありませんが、ミュータンス菌を取り込む作用はありません。

(値段も味もそれほど変わらないと思いますが・・・・・?  是非一度、実際に食べ比べてみてください。)

 

キシリトールガムの効果的な噛み方

 

口の中に、だ液が一杯になった時にすぐに飲み込まず、出来るだけ溜めてクチュクチュと口の中に行き渡らせる方が効果があります。
そして、味がなくなっても5~10分間は噛みましょう。
また、出産前の妊娠6ヶ月から13ヶ月間、歯科用キシリトールガムを毎日4個ほど噛み続けたお母さんから生まれた赤ちゃんは、生後1歳の時点でミュータンス菌が検出される確立がそうでない赤ちゃんに比べて4分の1以下になるという実験結果がでています。

 

最後に・・・・

 

キシリトールを用いた予防法は、正しい歯みがきやフッ素の使用、定期的な予防管理に取って替わるものではなく、これらに付け加えて、より効果を高めるものであることを忘れないようにしてください。
 

3DS = Dental Drug Delivery System

 

デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム

むし歯は虫歯菌による感染症です。
この虫歯菌を、お口の中から除菌できれば、虫歯の危険性を下げることが可能であることが国立感染症研究所の研究で明らかになっています。(2002年)

3DSとは、徹底したPMTC(歯科衛生士による専門的な歯のお掃除)を行ったあと、
トレー(マウスピース=ドラッグリテーナー)を用いることで歯の表面に薬剤を一定の時間作用させて唾液に希釈されることなく虫歯菌を除菌してしまう方法で、口臭予防にもつながります。

(歯周病も歯周病菌による感染症で、虫歯と同様に3DSが有効です)

3ds.JPG

実施直後は少量の水での軽いうがいに留めておき、30分以上は何も食べない方が効果的です。

これを1週間毎日つづけると、その間に形成されるバイオフィルムの中には虫歯菌が含まれなくなります。
歯がつるつるになり、お口の中に爽快感が広がり口臭予防にもなります。

(注意)前に使っていた歯ブラシから虫歯菌の再感染を防止するために、3回目くらいから歯ブラシを新しくします。

歯のクリーニングをして一時的に歯の表面をきれいにしても虫歯菌はまたすぐ歯面についてしまうのですが、
3DSを行うと歯に虫歯菌を含まない「膜」が歯の表面を覆い、再び繁殖して付着しようとする虫歯菌に対してバリヤーの役目をします。

効果は3~6ヶ月持続し、虫歯菌が歯につかなくなります!
(唾液中の細菌の数を検査し、3DSの効果を確かめることもできます。)

 

3DSが必要な方

(1) 虫歯になりやすい方(虫歯の発生を防ぎ、進行を抑制します)
(2) 乳歯に虫歯が多いお子さま(永久歯へ虫歯菌が感染するのを予防します)
(3) 虫歯が多発するお母さま(3DSで虫歯菌を除菌し、母子感染を予防)
(4) 唾液分泌量が減少している方(歯根の虫歯、冠の周りの虫歯を予防します)
(5) 歯周病の方(歯周病に効果のある薬剤を使います)


大切なお子さまの歯をむし歯から守るために

歯が1本も生えていない新生児の口の中には虫歯菌はいません。
虫歯菌は生後19ヶ月から31ヶ月くらいの時期に、同じスプーンや箸を使った食事やスキンシップで母親などから唾液を通して感染するといわれています。

小さいお子さまがいらっしゃる方は、家族全員が3DSを行い、虫歯菌をなくして、子供に感染するのを防ぐことが大切です。

感染を恐れてスキンシップまで避けるというのは大間違いでお母さんのお口の中の善玉菌をお子さんに移してあげることも必要です。

善玉菌が住み着いてしまうと、今度は虫歯菌が感染しにくくなります。


(3DSは、2010年9月から九州歯科大学で推奨されている方法です。)

  

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。