ホワイトニング

  • HOME
  • ホワイトニング

ホワイトニングって?

「ホワイトニング」とはその名が示すように、歯を白くすることです。

( 施術効果には個人差があります。)

一般的なホワイトニングは、過酸化水素の含まれる薬剤を使用し、人工的に歯を白くすることです。

その方法には、歯科医院で行なうオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2通りがあります。

ここ数年、日本でもホワイトニングについて雑誌やテレビ、インターネット等でよく見かけるようになりましたが、ホワイトニングの種類も多く、どの方法を選択すればよいかがわかりにくかったり、また、わかりやすく解説しているものが少なかったりと、一般的な普及度としてはまだまだです。

また、ホワイトニングは歯科医院で行なわれているため、歯科治療の一環と思われてしまうケースも多く、「痛みを伴うのでは?」「歯を削るのでは?」といった疑問を持たれている方が多いのも事実です。

ホワイトニングに関して正確な知識を得て、その効果を実際に体験して下さい。

内容
薬剤を歯に塗布して光を当てて歯の漂白を行います。
費用(税別)
費用:1回 6,000円
回数
1回~3回ですが、3回が理想的です
副作用
歯がしみる場合があります。
リスク
個人によって結果は異なり、期待した白さにならない場合があります。

ホームホワイトニングについて

Ken`sホワイトニングだけではなく
家で自分で行うホームホワイトニングも、一度お試しください。
ホームホワイトニングで利用するマウスピースは、3DSという治療法にも使用できるのでとても便利です。(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)
虫歯予防や歯周病予防に行う3DSにつきましては、後日紹介させていただきます。

マウスピースの中に薬液を入れ、ご自宅でで毎日数十分~数時間装着する方法です。

当院のスタッフが「上の歯のみ 2週間ホームホワイトニングをやってみた結果」が上の写真です。
下の歯と較べて白くなっていることがわかります。

上下同時に行うと色の変化はわかりにくいですが、片方づつ順番にすると違いがよくわかります。
(今はもう下の歯も白くなっていますよ。)

また、ホームホワイトニングは後戻りを防ぐのにも最適です。
興味のある方は受付でお問い合わせください。

PS.
できれば、Ken`sホワイトニングと ホームホワイトニングの両方を行うのが理想的なんですよ。

内容
薬剤をマウスピースに入れて歯の漂白を行います。
費用(税別)
費用:マウスピース1つ 5,500円
  :ホワイトニングジェル2本:2300円~8本:8600円

期間2週間副作用歯がしみる場合があります。リスク個人によって結果は異なり、期待した白さにならない場合があります。

ホームホワイトニングの手順

STEP1.トレーを作るための型取

あなた専用のトレー(マウスピースを薄くしたようなもの)をお作りするために、型取を行います。

STEP2.トレー試適

できあがったトレーを調整します。

STEP3.漂白開始

ご自宅では、漂白の薬をトレーに塗布し、装着していただきます。
目安として、1日8時間の 装着を4〜6週間続けます。

STEP4.漂白終了

漂白終了後もトレーは保管していただき、後戻りしてきた時や、大切なイベントの前等に数日間ジェルを使うことで維持していくことも可能です。
後戻りといっても、効果には個人差がありますが、 3〜5年持続します。
そのために、半年に一度のチェックをしていくことも一つのやりかたです。

オフィスホワイトニングについて

オフィスホワイトニングを行うと、家で毎日マウスピースをはめて寝なくても 3回くらい歯科医院に通うだけで自然な白い歯になります。
現在多くの歯科医院でやられている、歯を白くするホワイトニングの方法は、どうしてもしみてしまいます。
Ken’sホワイトニングしかし、当医院では静岡の川邉研次先生が開発された 『Ken’sホワイトニング』という今までのマイナス面を改良した新しい方法を導入しております。
この方法は熱にたよらず、光だけでも反応するように開発されて、実際にしみないようにしたホワイトニングの方法です。
しかも、 このホワイトニングは、歯の表面もつるつるになり、唾液中のカルシウムやフッ素も取り込まれ、より歯質が強化されます。
心配されていたホワイトニング剤の漏洩の問題がほとんど解決され、より安全性が増すだけでなく、白くなる効果も従来型のものに比べると、数倍いい状態になっています。
歯の黄ばみが気になる方へ、今一番のお勧めです。
治療代は1回 6,480円で行っています。
また、現在(2014年より)8,640円で、もう1ランク上のオフィスホワイトニングも行っています。
一度試してみてください。
2010年より、ホワイトニングの照射機をバージョンアップしました。以下をクリックしてください。
https://www.hayashi-dental.info/2010/03/03/post_18/
ただし、以下のような場合にはご注意ください。

  • このホワイトニングは自然な白さを目指していますので、 新庄選手のような不自然な歯の白さを希望される場合は、別の方法で行います。(セラミッククラウンなど)
  • 虫歯がある場合には、先に虫歯の治療が終ってから、ホワイトニングを行います。
  • 薬などによる歯の色の変色は、白くなりにくい場合があります。
  • 白くなる速さはその人によって異なり、ケースによってはホームホワイトニングが必要な場合もあります。
  • 詰めている部分やかぶせている歯に対しては、ホワイトニングの効果はありません。

Ken`sホワイトニングを体験しました

『Ken`s ホワイトニング NEXT』
参加者数名の中で、最も白くなりにくい歯の持ち主とみなされた私が、被験者となり、皆さんの練習台にならさせていただきました。

青い光を浴びているのが私です。

結果は・・・・・・

上がビフォー、下がアフターです。

私の歯が変わったのですから、もっと若くて色の変わりやすい人はもっともっと白くなるはずです。

内容
薬剤を歯に塗布して光を当てて歯の漂白を行います。
費用(税別)
費用:1回 6,000円
回数
1回~3回ですが、3回が理想的です
副作用
歯がしみる場合があります。
リスク
個人によって結果は異なり、期待した白さにならない場合があります。