スタッフブログ

2016年6月29日
癌は口の中にもできます

  勤務医の杉本です。

先日、院内勉強会で口の中の癌、口腔癌について話をしました。
知っている方もいらっしゃるかと思いますが、癌は口の中にもできます。
例としては、舌にできる舌癌、歯ぐきにできる歯肉癌、ほっぺたにできる頬粘膜癌、舌の下のところにできる口底癌などです。口の中の癌のほとんどが、今までにあげた例のような扁平上皮癌という上皮からできる癌ですが、たまに唾液を作る工場である唾液腺にできる癌、腺癌というものもあります。

口の中の癌は見た目に分かることが多いです。そのため、歯科医院で口の中をチェックしたりすることで発見されることも多くあります。また、進行してくるとご自身でもすぐにわかるようになり、痛みや違和感、出血などを訴えて歯科医院に来院され、癌が発見されることもあります。
自覚症状が出てくる頃には癌が進行していることも多いため、自身の口の中に興味を持ってチェックすること、そして、歯科医院へ定期的に受診することで早期発見しやすくなります。口腔癌で一番大事なのは予防と早期発見。早期発見すれば治癒率はかなり高くなりますし、手術する時に取らなければならない範囲も狭く済みますので、術後の生活への影響も少なくなります。

 予防と言いましたが、口の中の癌ができやすくなるリスクについても書きたいと思います。まず、喫煙。喫煙者は吸わない人に比べて約4倍口腔癌になりやすいと言われています。また、飲酒、合わない入れ歯や被せ物による刺激も関係があると言われています。

 まとめると、タバコを吸わず、飲酒はほどほど、きっちりと合った入れ歯や被せ物をし、定期的に歯科医院に通い、ご自身でもしっかりお口の中をチェック、清掃するのがもっとも口腔癌のリスクを低くすると考えられます。もちろん、それで100%癌にならないというわけではないですが…
 言葉にすると簡単ですが、意外と難しいものです。あまり気負わずに生活してもらって、口の中のチェックは私たちに任せるくらいの気持ちでいてくださると、ストレスなく生活できるかと思います。

気になることがあれば気軽に私たちにご相談ください。
杉本でした!

resize0357.jpg

 

2016年6月15日
感染性心内膜炎は予防的に抗生剤を服用することが推奨されます

 
 こんにちは。勤務医の秋山です。
今回の勉強会のテーマは感染性心内膜炎でした。

 みなさん、感染性心内膜炎をご存じですか?一旦発症すると、死に至ることもある恐ろしい病気です。
これは、心臓に細菌などの微生物が感染することによって、発症します。
口腔内に存在する細菌も歯科治療などによって、血液循環を経て、心臓に感染することによって、かかります。

 しかし、だれでもなりやすいというわけではなく、元々心臓に先天的な疾患をもつ人や人工弁が入っている人などは感染性心内膜炎になるリスクが高いといわれます。

 そうした方々が、抜歯、スケーリングなどの歯科治療を受ける前に予防的に抗生剤を服用することが推奨されます。

 一方、抗生剤がアレルギー反応を起こすリスクもあり、予防投薬の必要性を疑問し、反対する研究者もいます。


 いずれにしても、口腔内の細菌を減らすことが感染性心内膜炎予防につながることは間違いないので、定期健診、口腔清掃の重要性を再度確認することができました。

 

33.jpg
                               秋山
 

  

2016年6月 5日
胚芽する力のある玄米には白米より多くの栄養素が含まれているんです。

 
はじめまして!
受付の坂上です。これから林歯科医院の一員として頑張っていきますので、みなさんよろしくお願いします!


今回の勉強会では、玄米について勉強しました。


玄米とは、稲の果実である籾(もみ)から一番外側の殻(籾殻)を取り除いた状態のお米の事をさします。
外皮である糠層に覆われているため、茶褐色をしています。
ぬるま湯や水につけると発芽することから、《生きたお米》とも言われています。

一方、白米は籾殻を取り除き、さらに糠層の部分も取り除いた状態のお米の事をさします。
糠層に含まれる胚芽部分も取り除かれているため発芽はしません。
しかし白米の状態というのは水分をよく吸収するため、みずみずしくふっくらとした美味しいお米が炊けます。


玄米と白米には栄養価において差があります。
胚芽する力のある玄米には白米より多くの栄養素が含まれているんです。
中でも下記の3つの栄養素においては、白米の3~8倍も多く含まれていました。

・食物繊維
→便秘解消、生活習慣病の予防
・ビタミンB1
→不足するとイライラしたり、疲れやすくなり、肥満にもつながる
・ビタミンE
→更年期症状の予防、血管の老化を防ぐ


玄米はダイエットに効果的である、低GI値食品に分類されます。
糖尿病のリスクを下げるだけでなく、空腹感を感じにくくなるため、結果的にダイエットにもつながります。

そんな玄米にもデメリットがあります。
アブシジン酸という植物ホルモンが含まれており、これは発芽抑制因子であり、人間の細胞にあるミトコンドリアにとって毒になります。
疲労感・無気力感を感じやすくなるため、無毒化する必要があります。

①長時間浸水させる(理想は12時間)
②乾煎りする
という対策をすることで無毒化することができます。

美味しく玄米を炊くためには、炊飯器の玄米メニューを使用したり、白米で炊くときより水の量を少し増やすという方法があります。

玄米が苦手な人も少なくないかと思いますが、3食のうち1食だけ玄米に置き換えるなど、少量ずつでも、食べ続けることで効果があらわれてくるので、長期間玄米での食事を続けてもらえればと思います。

ぜひお試しください!


resize0582.jpg

               SAKAGAMI
 

 

 

2016年6月 3日
歯が溶ける酸蝕症について

 
酸蝕症というのは歯が身近な酸性の飲食物や胃液によって溶かされる疾患です。

生活習慣に大きく影響される疾患であるため、虫歯や歯周病に次いで第三の疾患として近年問題とされています。

以前は、塩酸や硫酸、硝酸等を扱う工場において酸のガスやミストが直接歯に作用して表面が溶ける職業病と捉えられていましが、最近では一般の方の口腔内にも見られるようになってきました。

原因は歯のエナメル質が溶けるpH5.5以下の酸性溶液に長時間、頻繁にさらされると発症します。飲食物由来の炭酸飲料、柑橘類や、お酢、反復性嘔吐、摂食障害(拒食症・過食症)、逆流などが酸蝕症の原因とされています。


では、具体的にpH5.5以下の飲食物は……?

野菜では、トマト、人参、じゃがいも、コーン等でpHは4~5。
果物では、苺、オレンジ、パイナップル。またドレッシング、醤油はpH3~4。
飲み物では、スポーツドリンク、カルピス、コーラ、紅茶、お酒はpH2~3です。

これらの飲食物を長時間、頻繁に食べていると、酸蝕症になるリスクが高くなってしまいます。

症状としては、熱い物や冷たい物がしみる、歯の先端が透けてみえる、歯が欠ける、割れる、歯が黄色っぽくみえる等が挙げられます。

このうような酸蝕症に対する予防は…??

・酸性の飲食物をだらだら食べたり飲んだりしない。お口の中に長くおかずに、すぐ飲み込みましょう。
・摂取直後はかたい歯ブラシを使用して強い力でブラッシングすると、歯がすり減ってしまうため水でうがいをして中和するか30分以上経ってからブラッシングするようにしましょう。
・就寝前に酸性の飲食物を飲んだり食べたりしない。寝ている間は唾液の分泌量が少ないためpHが戻りにくいです。

歯の再石灰化、耐酸性の向上のためにフッ化物を利用することも大切です。
 

resize0636.jpg

                               MOMURA

 

2016年6月 1日
新しい麻酔薬の説明

 

 こんにちは。勤務医の秋山です。今回の勉強会のテーマは当院に導入された新しい麻酔薬の説明でした。

 歯の治療や抜歯の時に麻酔薬を打った後に、心臓がドキドキした経験はありませんか?麻酔薬の中にアドレナリンという心臓をドキドキさせる成分が入っているからです。心臓がドキドキするだけでなく、血圧も上がってしまいますので、重度の高血圧、心疾患や糖尿病の患者さんにはなかなか使えない場合があります。


 そこで、スキャンドネストというアドレナリンが入っていない新しい麻酔薬が登場したのです。処置後、効果の消失も早いので、重度の高血圧、心疾患、糖尿病の患者さnにも安心して使えるだけでなく、全身状態に問題がなくても、麻酔薬によるドキドキ感が嫌だったり、麻酔が切れるのが遅くて不快感が強い患者さんにもお勧めです。


 肝心の麻酔効果ですが、臨床試験によって、このスキャンドネストは現在使用している麻酔薬との差がありません。しかし、麻酔が切れるのが早くなるので、30以内の処置に限られるとのことです。虫歯の治療など、ほとんどの歯科治療は30分程度ですので、その程度なら、このスキャンドネストで麻酔しても問題ないと考えていいでしょう。


 また子供の治療では、治療後麻酔が切れない間では、唇を噛んでしまうことがあります。このスキャンドネストであれば、麻酔が早く切れるので、唇を噛んでしまう頻度を減らすこともできます。


 今後も日常診療では、このスキャンドネストを活用して、無痛治療を心がけて、頑張っていこうと思いました。

resize0479.jpg
                             秋山

 

 

2016年5月29日
歯科衛生士に求められる食生活指導

 

歯科衛生士に求められる食生活指導について


歯科衛生士が得意としている食生活指導はいうまでもなく砂糖制限です。

う蝕は砂糖の摂取と密接な関連があります。
しかし砂糖だけでは説明できないう蝕があります。
主食であるコメやパンのデンプンによるう蝕です。

三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の1つである炭水化物は、
ご飯やパン、麺類やイモなど私たちが主食としているものに多く含まれています。

炭水化物とは、糖質と食物繊維を合わせた食品成分の総称です。


炭水化物の質的評価とは

日本人の食事摂取基準のなかに、GI値という項目があります。
炭水化物の性質を知るうえで、この指標に着目してみましょう。

高GI値食品の摂取によりすい臓からインスリンが分泌されます。
インスリンの過剰分泌が起きると今度は逆に血糖値が下がりすぎます。
すると低血糖状態になるので、ひどい空腹を脳の空腹中枢が感じます。
このようなことが繰り返されて糖質を頻回に摂取することが続くことでう蝕や肥
満が生じるのです。

日本人の食事摂取基準では、
炭水化物の摂取基準を全体のエネルギー摂取量の50%以上70%未満を目標量とし
ています。
そこでどのような炭水化物を食べたらいいのかを上手に選択していくことが大切
になってきます。


炭水化物(糖質)が多い食品

穀類、いも・根菜類、菓子類、甘味類


炭水化物(糖質)が少ない食品

肉類、魚介類、葉野菜、きのこ類など

砂糖だけでなく、炭水化物に含まれる糖類からも虫歯になりやすいので、
皆さんも上手に食材を選んで下さいね!


  resize0602.jpg  

                                                                Miura

 

 

2016年5月21日
フッ素が何故ムシ歯予防に効果があるのか?

  

今回の勉強会ではムシ歯の予防に効果があると言われているフッ素についてまと
めてみました。

フッ素というと1度は耳にしたことがある方が多いと思いますが、何故ムシ歯の
予防に効果的であるのか知らない方が多数だと思います。

またフッ素といっても歯医者専用のフッ素や家庭でも使用できるフッ素など様々
な種類があるので紹介していきますね。

まずフッ素が何故ムシ歯予防に効果があるというと

ムシ歯菌が出す酸によって壊されてしまった歯の表面のエナメル質の組織の
「ハイドロキシアパタイト」をまた回復したり強化します。
ハイドロキシアパタイトは結晶でできていますがムシ歯菌の出す酸によって破壊
され、それが大きくなると穴になってしまいます。
まだ目に見えないような細かい破壊であればそこにフッ素が入り込み「フルオロ
キシアパタイト」として修復してくれます。

破壊されてしまったハイドロキシアパタイトを修復してくれることでハイドロ
キシアパタイトの結晶性を向上します。
結晶性が向上するということは壊されにくく強化するということですね。

ムシ歯菌が糖を取り込み、吸収する時に出る酸が歯を溶かすのですが、そのム
シ歯が糖を分解するのをフッ素が口の中にあることで抑えることができます。
そのため酸が作られない口の中の環境になります。

しかしこれらのことはやはり口の中に汚れがない状態が前提になりますので汚れ
を落とした後にフッ素を取り込まないと意味がなくなってしまいます。

なので歯医者で検診する時はもちろん、クリーニングを行った最後に歯医者専用
の濃度の濃いフッ素を塗ります。

また家でも使える濃度が低いジェルタイプのフッ素やうがいタイプのフッ素は歯
磨き後に使用しないとあまり効果が期待出来ないので使い方には気をつけましょう。
 

                                       HASHIMOTO 

 

 

 

2016年5月 3日
メンテナンスを長続きさせるポイント

  今回の勉強会では『歯を長続きさせるポイント!!長期メンテナンス』について考えました。

メンテナンスは大切なのですが継続することは難しいものです!

歯の治療については『苦手』と思われている方が多いと思います。
歯科治療で中断する主な理由は
1、『人』・・担当の歯科医師、歯科衛生士がよく変わる。担当者との信頼関係
が気づけない。
2、『時間』・・待ち時間が長い、予約時間が合わない、予約がとりにくい。
3、『設備』・・医院に清潔感がない。設備が充実してない。
4、『治療技術』・・治療の技術や治療の際の痛み。
などと様々な理由が見えてきます。

しかし治療ではなく、歯のメンテナンスにおいては「痛み」という理由はなくなります。


では、それ以外の中断理由を少しでも少なくするために

『人』については
私たち林歯科医院では歯科衛生士は担当制にしています。(ご希望により変更は
できます。)

『時間』『設備』については
余裕のある時間配分をしたり、ペリオウェーブなど、新しい設備の導入を積極的
にしています。

『治療技術』については
また定期的にセミナーなどで知識を得て他のスタッフにも伝わるよう勉強会もし
ています!
自分たちも患者様の気持ちを少しでも理解する為、または技術のバラツキが出な
いよう相互実習も取り入れるなどしてメンテナンスの技術を上げるために日々努
力して、皆様へのより良いケアを心がけています。


お口の中はメンテナンスによって、手をかけてあげるほど長持ちしやすくなります。
またお口の中は全身とも深く関係しているので責任重大です。

健康な歯やお身体を保っていく為にもきちんとケアし10年後も美味しくご飯を自
分の歯で食べていけるように私たち歯科衛生士はお手伝いさせて頂きます!
気になる点などありましたら何でもおっしゃってくださいね。

resize0496.jpg  

                                               KOREEDA

 

 

 

2016年4月21日
顎関節症とは、顎に関する様々な症状をまとめた病気の名前です

 
勤務医の杉本です。

やっと春らしくなってきましたね。みなさんお花見はされましたか?

今回は顎関節症についての勉強会をしました。
顎関節症、一度は聞いたことある人も多いかもしれませんが、
みなさんはどんなものを思い浮かべますか?
顎が鳴る、口が開けにくいなどでしょうか。

顎関節症とは、顎に関する様々な症状をまとめた病気の名前です。
原因は様々なものがあり一つに特定はできませんが、
咬み合わせやストレスが関係あると言われてます。
症状も、痛みや口の開けにくさなど様々です。
症状や原因によって4つの型に分類できます。

通常、日常生活に支障が出ない場合は積極的な治療は行いません。ただし、支障
が出る場合には治療が必要になります。

治療はまず、マウスピースなどの可逆的な治療、つまり、
治療前の状態に戻すことができるものから行っていくのが一般的です。
安易に咬み合わせを変えたりすると、さらに症状が悪化することがあり、さらに
治療が困難になるからです。

それでも治らない場合、咬み合わせの再構成などの治療を行うこともあります。
ただし、顎の骨の変形が原因の場合は手術などの積極的な介入が必要になります。


ちなみに、僕も口を開け閉めするときに顎がカクカクいいます。
ですが、それ以外には何も困っていないので普段通りに生活していますし、それ
でなんの問題も起きていません。

詳しく話し出すとあまりに専門的になるので詳細は書きませんが、
もしかしたら?と思われる方や日常生活に支障が出て困っていらっしゃる方は歯
科医院で一度相談してみるといいと思います。当院でも出来る限りの事はさせて
いただきます。

杉本でした☆

                                          resize0357.jpg

 

 

 

 

2016年4月11日
歯科治療は、母子分離で行う方が良い場合があります


今回は、小児の歯科治療について勉強しました。

3才以上の子どもで歯科治療時に泣く場合は、通常次のことが考えられます。

①痛い
②恐怖、不安
③甘え泣き
どのタイプの泣きかを見極め、それにあったアプローチを行う必要があります。

次に、子供のそばで治療を見ていないと心配だと思われるお母さんも多いのです
が、

母子分離
歯科治療は、母子分離で行う方が良い場合があります。(目安は3才です)

なぜ分離を行うのかというと

①分離することで親への甘えをなくし、子どもが治療に集中する環境をつくる
②親と離れ、1人で何かをやり遂げた、1人で頑張れた事を経験してもらう
などがあります。


最後に保護者の皆様へお願いです。

・ご家庭で歯医者さんは怖い、痛いと思わせる話は出来るだけしないようにして下さい
・治療に行くときに、『何もしない』『見るだけ』『すぐに終わる』と言わないで下さい
・1人で頑張ったお子さんをたくさん褒めてあげて下さい
・虫歯が治ったら半年に一度の定期検診に通いましょう


子供のころから、歯医者さんへは治療でなくて、予防のために通うという習慣が
とても大切です。


resize0492.jpg    Miura

 

 

 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。