スタッフブログ

2019年12月25日
患者接遇とコミュニケーション能力の向上

 現在私は林歯科医院の受付をしていますが、歯科助手の仕事にも興味があります。

 先日、初級歯科助手講座に参加し、患者接遇とコミュニケーション能力の向上について学びました。

 ★患者様応対の基本

 【マナーはホスピタリティを形にしたもの】

ホスピタリティとは、おもてなしや相手への思いやりのことを指します。

 表現には・・・・

身だしなみ、表情、動作・態度、挨拶・返事、言葉遣い、話し方など

 表情

 コミュニケーションを図る際、表情が果たす役割はとても大きく重要です。なかでも笑顔は、相手に安心感や親近感を与える効果があります。

 挨拶・返事

 挨拶はコミュニケーションの基本となるものです。

 ・・・明るく、愛情をもって

・・・いつでも

・・・先に

・・・続けて

 タイミングの良い返事は気持ちの良いものです。明るく元気な心がけましょう。

 〈返事をする場面〉

 ①呼ばれた時

②質問されたとき

③指示・依頼されたとき

 話し方

 話し方のポイント 

★正しくわかりやすく感じよく

声のトーンは、基本は明るく、声の表情を豊かにする。患者様によりそった表現する。

 これらは、仕事だけでなく、普段の生活でもとても重要なことです。多くの患者様に笑顔で帰ってもらえるように、精一杯頑張りたいと思います。

 そして、また会いたいと思ってもらえるような受付ができるようになりたいと思っています。

saito2.jpg

                  SAITO

 

2019年12月21日
林歯科医院の理念

 

今回の勉強会では、林歯科医院の方針や働き方についてもう一度再確認し、スタッフ全員で共有しました。
 
当院では、1人でも多くの患者さんに歯の大切さを伝え、一生自分の歯で噛めるお手伝いをする。
患者さんが幸せになると私たちもその喜びを感じ、幸せになる。
 
という医院理念と、
 
誰か一人だけが頑張るのではなく、スタッフ全員で医療サービスの質の向上に取り組むことが出来るチームワークを目指しています。
 
当院では、何のために仕事をするのかということを明確にし、
 
患者様のため、
自分のため、
医院のため、
 
そして会貢献に繋がる仕事観のバランスを保ち成長へと繋げています。
 
その仕事観とともに技術的な面で
 
治療技術や接遇能力のテクニカルスキル
相手の話をしっかりと理解し、自分の意見を相手に簡潔に説明できるヒューマンスキル
医院をより良くするための考えや実行する力のコンセプチュアルスキル
 
一人ひとりのスキルをアップさせ、
 
高い目標を持ち、
 
何のために仕事をするのか
 
という仕事観を共有しながら患者様、院長、スタッフに真摯に向き合いこれからも笑顔溢れるより良い医院を当院全員で作っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
 

 

 resize1133.jpg

                               MORI

2019年12月18日
10/6にホワイトニングのセミナーに参加しました。

 セミナーでは、新しいBeaute式ホワイトニングについて勉強してきました。

 
ホワイトニングというと、歯が白くなるイメージの他に、しみる、痛い、歯が傷むんじゃないか、色が後戻りする等、様々なイメージがあると思います。
 
そんなイメージを覆したホワイトニングがBeaute式のホワイトニングです。
 
Beaute式ホワイトニングの大きな特徴として、
 
・ホワイトニング時の歯肉保護がいらない
・ホワイトニング後の飲食制限がない
    (色がつく食べものも良い)
・しみない、痛くない
・ホワイトニングをしながら、さらに歯が丈夫           
    になる。色持ちが良くなる。
という特徴があります。
 
2つ目の飲食制限がないという点で、着色が付きやすい順位をご存知ですか?
 
1位赤ワイン
2位紅茶
3位お茶
4位コーヒー  
という順位になっています!コーヒーが4位はびっくりしました。
 
Beaute式ホワイトニングは着色が付きやすい物も摂取して大丈夫なので、ストレスがなく、ホワイトニングを続けられますね。
 
ホワイトニング後は仕上げで歯のコーティングを行います。
ペーストに含まれるハイドロキシアパタイトで歯のエナメル質をしっかりコーティングすることで、食事制限がなく歯のツルツル感が継続着色が付きにくい光沢感も出る、そして歯が丈夫になります。
 
とても良いホワイトニングですよね。
近々、林歯科医院で取り入れる予定です!
 
しかし、18歳以下の患者さん(歯根が完成していないため)や、妊娠、授乳中の方、テトラサイクリン系変色歯(全体的に歯が紫がかった色)の方はホワイトニングが禁忌となっています。
 
また、問題なくホワイトニングができるようにホワイトニングを始める前に、歯、歯肉、詰め物や被せ物の状態をチェックさせて頂きます。
 
気になることがあれば、お気軽にお声がけください。
 

resize0919.jpg

                Nomura

 
 

2019年12月14日
訪問歯科で歯科衛生士がすべきこと

 
私たちが訪問歯科で行っている事を紹介します!
 
★訪問歯科では口腔ケアはもちろん大切ですが、報告・コミュニケーションが大切です!!
 
★口腔ケアによるQOL(生活の質)の向上
 
・う蝕、歯周病の予防(器質的ケア)
→咀嚼力が維持される
   食欲増進
   全身疾患の予防と軽減
 
・舌、口唇、口腔周囲筋の機能維持と回復(機能的ケア)
→肺炎などによる感染予防
   表情が豊かになり会話が楽しめる
 
 
★訪問歯科の口腔ケアの手順を紹介します。
 
1導入
 
声かけ :会話をしながら、顔色、体調や精神状態を確認し、口腔ケアを始めることを説明する
姿勢 :開口を保持できる安定した姿勢にする
 
2 洗口
 
〈ケア前のうがいの目的〉
・口腔内の残留物を吐き出す
・口腔内の湿潤
・唾液促進、口腔周囲筋を活性化
※うがいができるかを確認する
  認知症の場合、日によってできる時とできない時がある
 
3 口腔清掃
 
いきなり口腔内を触ろうとすると拒否を起こす患者さんもいるので、まずはリラクゼーションマッサージを行う
 
①手を上に上げる
②手を横に広げる
③肩を上げ下げする
④背中、肩甲骨あたりをマッサージする
⑤肩を揉む
⑥首のストレッチ
※嫌がる人にはしない。マッサージを行いながら会話をする。
 
・顔のマッサージ
側頭筋(左右)→咬筋(左右)→オトガイ舌骨筋→頸部の順に円を描くようにマッサージを行う。
側頭筋、咬筋は左右別々に行う。この時、反対側に手を添える。
※タオルがあれば摩擦で痛くならないように挟んで行う。
 
・口唇マッサージ

・歯肉マッサージ
保湿ジェルを口唇に塗布してから行う
 
スポンジブラシ、歯ブラシで清掃
※口腔清掃を行う前に乾燥状態、傷や口内炎の有無、舌苔の確認
 
 
5 洗口
 
〈ケア後のうがいの目的〉
・舌、咽頭、粘膜に落ちた残留物を吐き出してもらう
・口腔内の湿潤
・爽快感を感じてもらう
※ガラガラうがいは誤嚥しやすいので無理してさせない
 
6 仕上げ
保湿ジェルを薄く塗布する
 
★口腔ケアを行うことによって、味覚に変化が現れ、ご飯を美味しく食べられるようになります。ご飯を美味しく食べられるようになることは患者さんにとっても、そのご家族にとっても、とても嬉しいことです。私たち歯科衛生士もやりがいを感じられるようになります。
 
私は訪問歯科について、とても興味がありました。みなさんのお口の健康を守り、美味しくご飯を食べていただけるように、沢山勉強していきたいと思います!!  
 

sunais.jpg                 

                     Unai

2019年12月 5日
車椅子の患者さんが来院された時に役立つこと

 

車椅子の患者さんが来院された時に役立つことを調べました。
 
車椅子からチェアへの移乗の介助について
 
車椅子を診療チェアに出来るだけ近づける。
車椅子のブレーキをかけて、フットペダルを上げて、患者さんの足を床につける。
介助者は患者さんの両脇から腕を差し入れて、手のひらの面で肩甲骨を支える。
足を出来るだけ引いてもらうのと同時に、お辞儀をしてもらうつもりで、体幹を前方に傾けてもらう。この時、患者さんはチェアの安定した平らなところにつかまってもらいます。
前屈の体勢をとったまま、患者さんの足を中心にチェアの方向に体幹を回転させ、ゆっくり着座させる。
着座が完了してから、チェアの向きに合わせて姿勢を整える。
 
 
患者さんに麻痺がある場合のポイント!
 
〈左側麻痺がある場合〉
車椅子をチェアと向き合う形で配置する。
右手(健側)でチェアにつかまってもらい、右足(健側)を支点に回転させて移乗する。
 

ボディメカニクス
→身体の仕組みを理解して、力学的相互関係を取り入れて、介助する側とされる側の負担を少なくする技術。
 
 
ボディメカニクスの定義
 
支持基底面を広くとる
 
支持基底面は広い方が安定するので、介助をするときは両足を肩幅くらいに開いて立ちます。体を動かす時の重心の移動による腰や筋肉への負担を少なくすることにもつながります。
 
重心を低くする
 
膝を曲げて腰を落とし、重心を低くすると、姿勢が安定し、効果的に力を使うことができます。相手の体を抱える時などに有効です。反対に、腰を曲げた前傾姿勢では重心が高くなり、腰にも負担がかかってしまいます。
 
相手の体になるべく近く
 
相手の重心を自分に近づけるほど力が伝わりやすくなります。体を持ち上げる時は、自分の体に密着させると動作が安定します。また、腰を曲げず、重さを広い面で支えられるので体への負担が減らせます。

テコの原理を応用する
 
たとえば、患者さんをベッドの上で起こす際、上体を持ち上げる時などはかなりの力を要します。こんな場合には、臀部を支点にしてシーソーのように患者さん自身の下半身の重さで引き起こせば、少ない力で介助することができます。
 
 
介助される側、する側のどちらも体に負担がかかりにくいようにしていくことを心がけましょう。

sfuiokas.jpg

                  Fujioka

   

2019年12月 2日
発達障害の口腔ケアのポイント

 今回の勉強会で私は発達障害について調べました。

 
まずは、自閉症
 
脳機能の障害で脳の働き方(メカニズム)の変化によるものと言われ、社会性の障害.コミュニケーションの障害、想像力の障害を併せ持つといわれています。
こだわりの行動により、甘いものばかりを食べ虫歯が多くできたり、歯を強い力で磨いてしまう事により歯茎を傷めることがあります。
急にパニックを起こし、大声を上げるなどの行為がみられることがあります。
 
次にアスペルガー症候群
 
アスペルガー症候群は広い意味での「自閉症」に含まれるタイプの一つで、「コミュニケーションの障害」「対人関係・社会性の障害」「パターン化した行動、興味・関心のかたより」があります。自閉症のように幼児期に言葉の発達の遅れ
がないため障害があることが分かりにくく、成長とともに他人との交流などで、はっきりする事が特徴です。
 
最後にADHD(注意欠陥/多動性障害)について。
 
気の散りやすさ、不注意、多動、衝動性などを特徴とする発達障害の一つです。
注意力を維持しにくい、時間感覚がずれている、様々な情報をまとめるのが苦手などの特徴があり、日常に支障をきたすことがあります。
多動のため落ち着きがなく動き回ったり、衝動性により突如感情を高ぶらせることがあります。
 
 
★口腔ケアのポイントをお伝えします(^^)
 
自閉症の方の口腔ケア
 
 ・間食や甘味食品の過剰摂取を防ぐ
 ・歯や口腔内を触れられることに慣れるため、定期的な健診を受けます。
 ・家庭では、テレビなどの刺激のない一定の場所で、決まった時間に歯磨きする習慣をつけるようにします。
 
ADHD(注意欠陥/多動性障害)の方の口腔ケア
 
 ・家庭での歯磨きに集中できなかったり、忘れたりすることがあるので、生活の流れを決めて、手順通りに行動するように工夫します。
 ・歯磨きをする場所に時計やタイマーを置くなどして集中しやすくします。
 ・歯磨きが習慣化するまで、周りの方が声かけやお手伝いをします。
 ・できないからと叱ると自己肯定感を喪失させるので、できたことを褒めるようにしす。
 
しっかりと口腔ケアをさせていただけるよう、もっと詳しく勉強しようと思います!!
 
 
 

sunais.jpg                 

                     Unai

2019年11月23日
歯面へのダメージが少ないクリーニング方法

 みなさんは温度差で体調を崩されたりしてないでしょうか?

 
一緒に手洗いうがいを徹底していきましょう!
 
さて今回わたしは、歯を守るために歯科衛生士が出来るクリーニングの方法を改めて勉強しました!
 
"歯の質をいたわるケア"として、当院ではエアフローという機械導入しています。
専用のパウダーと水とエアーで歯面の汚れを落とすものです。粒子が細かいパウダーなので、歯面を傷つけることなくお掃除ができます。
 
また、施術後の歯面をツルツルにさせる効果も(^ω^)
超音波スケーラーもピエゾンマスターを扱っています。
歯石がついているところには機械が勝手にパワーを強くしてくれ、歯石がついていないところにはパワーを弱くしてくれるという、とても優れた機械です。
今までの超音波スケーラーよりも不快感が少なく、歯面をいたわるケアができます!
 
エアフローやピエゾンマスターを使うようになり、研磨剤を使用しなくても軽度な着色なら除去できるようになりました。
日々の施術は歯面へのダメージが少ない方法から試していくように心がけています。
 
またクリーニング後には、"歯の質を高めるケア"として、いろいろなクリーニングペーストを選んでいます。
クリーニングで歯面を綺麗にしたあとに使うことで、より高い効果を期待できます!
 
初期虫歯や酸蝕歯への対応としては、高濃度のフッ化物を塗布したり、プラーク内のphをコントロールするCPP-ACPが含まれるペースト(MIペースト)を使います。
 
歯の微細な傷や、細かいひび割れなどに対する対応としては、ナノ粒子のハイドロキシアパタイトが含まれたペースト(リナメル)を使用し、歯面の修復効果を高めています。
 
ただ、歯の汚れを取るだけでなく、クリーニング前よりもより良い歯、より良いお口の中の環境を提供できるように、これからも日々勉強していきます!
 

resize0924.jpg

  MIYAKE  (^^)
 

 

2019年11月 7日
小児歯科のトピックス

 小児歯科のトピックス

 
「母子伝播」という用語があります。
 
生後8ヵ月頃 最初の乳歯が生えてきます。
そうすると虫歯の原因となる ミュータンス菌が定着出来るようになります。
 
このミュータンス菌は、親が食べ物を噛んで柔らかくなった物を与えることで子供に移ります。
細菌を子供に移す事を「母子伝播」といい、この事により 虫歯ができる環境を作ります。
 
虫歯の発生と進行の予防は
 
菌を減らす(歯磨き)
砂糖の摂取のコントロール (食事指導)
歯を強くする(フッ素塗布)     の3つの事が重要です。
 
 
また、卒乳時期と虫歯にも関係があります。
 
3才まで卒乳をしましょう。
哺乳瓶に乳酸菌飲料、スポーツドリンクなどで、哺乳瓶う蝕になります。特に寝る前は注意が必要です。
  
 
小児における歯の外傷について。
 
歯ブラシによる外傷が多いです。
歩きながらの歯磨きが原因です。
歯ブラシは、子供の手の届かないところに置いて下さい。
 
上の前歯の生えてすぐに多発すし、男児に多発する。また、歯の治療よりも優先すべき全身状態はないかを考えるべきです。
乳歯では陥入がよく起こり、その場合、抜歯、根の中の治療、そのまま放置するケースがあります。
永久歯は 元の位置まで挺出させて固定。もし、脱落したら速くに生食、牛乳にしたして持参してください。
 
乳歯の4才未満での脱落は、
低ホスファターゼ症という病気の可能性があります。小児科での診察が必要です。
  
 

makihira2.jpg

           MAKIHIRA

 
 

 

2019年10月24日
舌痛症について



今回の勉強会では舌痛症について調べました。

皆さんはお口の舌や上顎などの軟組織にお痛みを感じたことはありますか?

よく口内炎や歯が掛けて舌が当たって傷になったり、入れ歯が合わずにお痛みを感じる方はいらっしゃいますが、舌痛症とは見た所何も問題がないのにヒリヒリ、カーッとした痛み、またはピリピリした不快な感覚が一日に2時間以上、3ヶ月以上に渡って連日繰り返される病変となります。

臨床的な所見がわからない分、診断が難しく理解されにくい病気でもあります。

また舌痛症は精神的なものと思われがちですが鬱などの精神病にかかっている方は全体の2割程度で、重篤な症状の方は稀となります。
しかし時々に心因性のストレスから発症する事はあります。

舌痛症の特徴としては痛み以外に味覚障害やドライマウスも伴っています。一般的にドライマウスの方は塩分や辛み成分といったものに敏感になり、お食事がしにくくなる傾向にありますが、舌痛症の方の共通点としてはお食事中は痛みが和らぐ方が多いです。

治療法としては抗うつ薬のお薬が使われています。鬱などのメンタルへの効果ではなく、慢性的な痛みそのものに対するものを狙ったものです。
抗うつ薬ときくと抵抗のある方もいらっしゃいますが、慢性痛や偏頭痛の予防としても世界中で広く使われていますので安心してください。

服用を開始してから1ヶ月程度で約7割の方が改善が見られます。
さらにその後も3ヶ月から6ヶ月程ぶり返しが無いように続けます。


(舌痛症の症状を増大させるもの)

・口の中を清潔に保つ
・虫歯の治療をする
・禁煙する
・栄養状態を良くする
・貧血の治療をする

上記の物も舌痛症改善の1つとなります。

舌痛症は慢性的なお痛みで日常生活の質が落ちることがあります。
無理をせずに相談してみて下さい。

 resize0635.jpg

                               Koreeda  


                 

2019年10月16日
口腔内写真について

当院では主にMRC(小児の予防矯正)患者の口腔内を撮影しています。

口腔内写真の目的として挙げられるものは

・患者さんへの説明
・治療計画の立案
・患者さんのモチベーション
・術前術後の比較
・スタッフ間のコミュニケーション
・スタッフの技量チェック

などです。

MRCの患者さんには1ヶ月に1回来院していただき、その都度口腔内写真を撮影します。そして写真を見ながら歯並び、噛み合わせの変化を分かりやすく実感していただきます。

実際に毎月の写真を見て変化を感じて喜んでくださる患者さんと、保護者の方の姿をみると、とても嬉しくなります。

歯並びや噛み合わせの変化を分かりやすく比較する為には、毎回方向や位置、大きさ、範囲にずれがないように撮影しなければいけません。
撮影はルーティーンで、一定の方法であることが時間の節約になります。

また患者さんの負担が少しでも減るように、適切な声掛けと、短時間での撮影を心がけています。

患者さんの治療のモチベーションアップのためにも、更にトレーニングを積んで、すべてのスタッフが同じ規格性をもった写真をスピーディーに撮影出来るようにしていきたいです。                    

 resize0920.jpg

       Miura 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。