スタッフブログ

2015年6月27日
がん治療中の患者さんの歯科治療

 

がん治療中の患者さんの歯科治療

 

こんにちは。勤務医の秋山です。みなさんは林歯科医院が周術期医科歯科連携病院に登録していることをご存じでしょうか?

 がんの治療や移植手術、心臓外科手術を受ける予定の患者さんで、受ける前、治療中、治療後に医科と歯科が連携して歯科的なサポートを行うことができるんです。必要な治療をしたり、口腔ケアを行ったりすることができます。がん治療を受ける方で、お口の中にも副作用が現れたりするので、歯科のサポートは必要不可欠になるのです。本日は二点について勉強会をしました。


①癌薬物療法においての歯科治療

これは、いわゆる抗がん剤を服用中の患者さんのことですね。


抗がん剤を飲むと、がん細胞のみならず、われわれの体の正常の増殖の早い細胞までダメージを与えてしまいます。特に骨髄が影響を受けやすく、骨髄で作られる白血球、血小板、赤血球の数が減ってしまいます。白血球が減ると感染しやすくなり、血小板が減ると出血しやすくなり、赤血球が減ると貧血になります。


癌薬物療法治療中の患者さんでは、これらの数が極端に減ると歯科治療を受けるのにリスクを伴うようになりますので、歯科受診の際は必ず直近の血液検査データを持参していただくとありがたいです。


②放射線治療のおける障害

放射線治療後、抜歯をきっかけに、放射線性骨壊死が起こることがあるのを知っていますか?照射の範囲や上あごなのか下あごなのか、また、照射線量についても発症リスクが変わるので、スタッフ全員で再確認をしました。


今回学んだ知識を生かしてこれからもがんばっていこうとみんなで再確認しました。

 

  33.jpg                      秋山

 

 

 

2015年6月19日
小さいお子さん(3歳児~5歳児)の治療について

 
今回の勉強会は、前回の杉本先生のお話の続きで小児歯科レベルアップセミナーでの内容について発表しました。


前回、小さいお子さん(3歳児~5歳児)の治療を受けられる割合についての話があり、いかに難しいかを実感しました。
無理に治療をする事はできませんが、お痛みが出ている場合はどうしても簡単な処置が必要になります。


そんな時は,

できるだけ午前中のご予約をおすすめしています!
午後になると、疲れや眠気・空腹などの原因で、より治療に集中できないことがあります。
私たちとお子さんとの信頼関係ができていれば午後の予約でも大丈夫ですが、慣れるまでは午前中にお越しくださいね。


おとなの歯を虫歯にしない為には、歯科医院でのフッ素塗布も大切ですが毎日の家庭でのケアがとても重要です。
毎日楽しい歯磨きタイムを過ごせていますか?

お子さまのお口の事でお悩みやご相談などありましたら、いつでもお声をかけてくださいね!

 

 

             MN

 

 

 

2015年6月11日
子供が歯科治療を受けられる割合は? 3歳児では30%!

 

 子供の歯を守るために!

 

 こんにちは、勤務医の杉本です。

遂に梅雨入りし、ジメジメした天気が続いていますが、体調を崩したりしていませんか?僕はすこぶる好調です。笑

少し前の話になりますが、4月26日に小児歯科のセミナーに行ってきました。
子供が歯科治療を嫌がることって、結構ありますよね。小学校も高学年くらいになるとほとんどの子供は問題なく治療を受けることができますが、小学校入学前くらいまでの子供の歯科治療は苦労することが多々あります。

セミナーの中で、子供が歯科治療を受けられる割合は5歳児で80%、4歳児で50%、そしてなんと3歳児では30%とのことでした。治療が受けられないのは子供が悪いわけではなく、未知のものへの恐怖が強い子供にとっては珍しくないことなんです。

そんな時、無理に治療を行うことが果たして良いことなのか。時と場合によりますが、大体の場合、それはNoと言えます。子供の歯科治療で大事なのは今ある虫歯を治すことではなく、今後永久歯が生え揃った時にいかに良い口腔内環境を作るかなのです。また、子供の時に無理に治療を行うと歯科への恐怖心が植えつけられ、大人になっても歯医者に通えないという悪影響を及ぼすことがあります。

そして何より大事なのは、治療を受けずに済むように日々のメンテナンスをしっかり行うことなんです。家での歯磨きはもちろん、歯科医院で定期的にフッ素塗布や定期検診を受けることを強くお勧めします!!

林歯科医院では歯科医師による定期検診や、優しい衛生士がしっかりと指導、フッ素塗布を行っていますので、お子さんをぜひ連れてきてあげてください。一緒に子供の歯を守りましょう!!

resize0200.jpg

 

杉本でした☆

 

 

2015年5月29日
"引きちぎり"トレーニング

 

牛嶋先生のセミナーで、今回私は"引きちぎり"をすることについて学んできました。

   

引きちぎりとは一体なんなのか、、、

現代の子供は顎がとても小さく、歯が真っ直ぐ生えてきません。
これは軟らかい食べ物により筋肉が萎縮し、骨の成長もなくなってきているからと考えられています。

今から何万年も前の人類は狩猟生活のため、骨付きの生肉を引きちぎって食べていた時代には考えられなかったことです。

このことに視点をおいた先生のお話では、現実的に考え骨付きの生肉を引きちぎったりすることよりもそれを"タオル"に置き換えて引きちぎるような運動をするということでした!
これは口や首などの筋肉を鍛える運動です。

近代に多い睡眠時無呼吸症候群や顎関節症や歯の並びが悪いなど、下顎の発育不足による病気を改善できるそうです。

g2.png

(オー・ティー・サイエンスより引用)  http://www.ot-science.com/towel.html

 

更にこの運動により耳鳴りやストレス解消にもなるそうです。

血行が良くなることにより美容効果もあるようで、バストアップや肌ツヤも良くなるそうです。
他には、肩こりが治ったり、頭痛や、くびこり解消や便秘解消にもなるそうです!

usi.jpg

 

私ももう少し勉強が必要そうですが、また興味がありましたらお声かけください!

 

resize0207.jpg

シュメコーでした( *・ω・)ノ

 

 

 

 

 

2015年5月12日
『交感神経と副交感神経』について

  今回の勉強会では『交感神経と副交感神経』について調べました。

この2つは自律神経系の一つでお口の中に関してとても大切な作用になります。
交感神経は「闘争と逃走の神経」とも呼ばれ、運動をしている時や興奮をしている時に出ます。
またストレス反応時にも過剰に働き、お口の中で働くと、粘液性の唾液となり、ネバネバまたはカラカラした状態になり汚れも溜まりやすくなります。

逆に副交感神経は休息している時やリラックスした状態の時に出ます。
お口の中で働くとサラサラ唾液となり比較的汚れを洗い流してくれます。

これは毎日のブラッシングの仕方でも左右されるものであり、力を加えすぎて硬い歯ブラシでゴシゴシと磨きすぎると痛みを感じて交感神経が刺激されてしまいます。

お口の環境に良い副交感神経を優位にしようとするなら優しい力でゆっくりと磨いてください。
また歯肉のマッサージもリラックス効果や良い唾液をより出しやすくしてくれるのでおすすめです!

興味のある方は是非行って下さいね!

resize0536.jpg                是枝

 

 

 

 

2015年4月26日
ジルコニアについて知っていますか?

 

こんにちは。勤務医の秋山です。今回の勉強会のテーマはジルコニアでした。

みなさんはジルコニアについて知っていますか?

そもそもジルコニアってどういう材料なのか?ひとごとで言いますと

  『高い機械的性質、生体親和性、審美性を有する材料です。』


つまり、金属と同様に頑丈で、体にやさしく、見た目も歯と同じ色できれいな材料なのです!歯科にこんな材料があったなんて知らない方も多いではないでしょうか?

ジルコニアは歯科でどのように使われているのかと言いますと、なんと、クラウン(歯のかぶせ)をはじめ、ブリッジ、インプラント、矯正用ブラケットまで幅広く応用されています。

林歯科医院でもジルコニアを使ったクラウンやブリッジの治療を行っています。

残念ながら、保険適応とはなりませんが、金属製のものと比較しても強度は劣らず、体にやさしく(金属アレルギーの心配もない)、何より見た目がより自然で、自分の歯と同じ色にできるからおすすめします。気になる方は一度相談してみてくださいね。

硬い材料だから、かみ合わせを調整した後に、しっかり磨かないと、天然歯に摩耗を起こさせることになるので、勉強会では、ジルコニアの研磨の大切さについてみんなで再確認しました。

本当に優れた材料なので、今後もどんどん使っていきたいと思います。

resize0198.jpg
                                    秋山

 

 

2015年3月29日
セラミックスなどの被せものをよりナチュラルに入れるために!(^-^)

                         

セラミックスなどの被せものをよりナチュラルに入れるためには、
型どりをしっかりとするというということはもちろん重要なことです。

時間をかけ、しっかり型取りをしますので、適合という面ではミクロ単位であわせることができます。
ただこれだけでは "調和する歯" にはなりません。

そこで重要になるのがシェードテイキングという色を見ていく作業です。
ライト、反射など色々なことを考慮し、よいカメラで撮影していきます。

シェードガイドという歯の見本になるものと照らし合わせ慎重に色を決めていきます。
歯にも模様、透明感など個性があります。

shade1.jpg   shade2.jpg

それらの情報をいかに技工士さんに伝えることができるかどうかが鍵になります。
そのベースとなるのがカメラ撮影になるわけです!

shade3.jpg   shade4.jpg

正面からの撮影だけではなく、角度を変えて数枚撮影することで、歯の先の透明感や、歯のきわの不透明性などが、さらにわかりやすくなります。

shade5.jpg   shade6.jpg

 

                シュメコーでした!

 

          resize0516.jpg

                                                              

 

 

2015年3月19日
話しかけやすい人って、何が違うの?

 今回の勉強会は、コミュニケーションについて学びました。

話しかけやすい人っていますよね。
話をしやすい人は、人の話に相づちを打つのが上手なのです。
絶妙なタイミングとオーバー過ぎない相づちを打ってもらえると相手は『自分の話を聞いてくれているんだな』と良い気分で話すことができます。
相づち上手は聞き上手!!聞き上手は最大の武器になります。


◆話しやすくなるポイント◆

○アイコンタクト
「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように目線を合わせるだけでも相手の気持ちは伝わります。
タイミング良く自然に出来るようになるのが理想的です。

○相づち
相づちで大切なのは相手の表情や感情、話題に合わせた表現をすることです。
相手が熱意を持って話している所では強くうなづき、共感して欲しい所は、ゆっくりうなづくと理解している気持ちが伝わります。

○反復・要約
相づちの合間に相手の言葉の一部を反復したり要約すると話を聞こうとする熱意が効果的に伝わります。


4月は出会いの増える季節ですよね!!
是非参考にしてみてください。

 

                       MN

 

 

2015年3月16日
『知覚過敏症』について調べました

 

みなさんは虫歯でもないのに歯がしみて痛いという症状になったことはありませんか??
その症状の多くは知覚過敏によるものと思われます。

知覚過敏とは、擦過刺激、冷温熱刺激などにより引き起こされる一過性の歯の痛みで、特にう蝕や歯髄の炎症などの病変がない場合にみられます。

原因例
①加齢による歯茎部の露出
②歯周病の予防と治療による刺激
③磨耗、咬耗、酸蝕歯
④食生活
⑤ホワイトニング
⑥修復治療
⑦その他亀裂や破裂などが考えられます。

②については、私たち歯科衛生士にとても関係のあることで、歯茎の下のセメント質をお掃除する時に、とても配慮が必要となります。

セメント質は、エナメル質よりも弱いので、過度な機械的刺激で容易に削除され、象牙質が露出してしまうからです。

林歯科では研磨ペーストは柔らかめのペーストを選び露出した歯根面へは当てないなどの配慮をしています。
またもしも傷ついたとしても、表面を滑沢にしてくれる『リナメル』などのトリートメントも使用しているので心配はありません。


また知覚過敏症への家でのセルフケア用も何種類かあるのでその方に合ったものを選んでいきます!

セルフケア用品で林歯科医院で使用しているいくつかをご紹介します!

・Systemaセンシティブ
歯の神経に通じる管を封鎖することで神経の刺激を抑制する

・MIペースト
リカルデント配合の歯質再石灰化ペーストで、酸性に傾いたphを中性に戻す機能がある

・シュミテクト
歯の神経にイオンバリアを形成し、神経の興奮を抑制する

知覚過敏症はとても個人差があるものです。
わからないことがありましたら、何時でもご相談にのらせていただきますので気軽にお声掛けして下さいね!

resize0527.jpg

 

是枝
 

 

 

2015年2月21日
歯周病治療は、初診時、再評価時、メンテ時の資料採取が大切です

             
今回の勉強会は歯周病治療では欠かせない問題である垂直性骨欠損についてどう向き合うか?を話し合いました。

垂直性骨欠損に影響する要素にはさまざまな要素が複雑に絡み合っていると考えられます。

1.プラーク、歯石の付着
2.外傷性咬合
3.不良補綴
4.歯根破折
5.セメント質剥離
6.解剖学的形態


 
この原因を衛生士が歯周治療、SPT、メインテナンスを通じてできるだけ良い結果へ導くために向き合う必要があります。
 
そのために初診時、再評価時、メンテ時に資料採取が大切。
レントゲン、口腔内写真、出血、歯周ポケット値などを照らし合わし時間を追って変化を見ることが重要です。

「木を見て森を見ず」のことわざどおり細かいことにとらわれず全体をしっかり把握する!
ということを意識して臨床にのぞみたいと思いました。

   

 siro.jpg poketto.jpg siro.jpgresize0556.jpg
                          友保

 


 
 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。