スタッフブログ

2020年5月13日
お酒は虫歯の原因になるのか?

みなさんこんにちは(^^)
コロナウイルスで大変な時期ですので、手洗いうがいを徹底しましょう!
林歯科医院でも、さまざまな感染予防対策に力を入れて診療を行っています!


今回わたしは、お酒と歯の関係についてお話しします。自分自身もお酒が好きなので、少しでも歯に良い飲み方が出来ればいいなと思って調べ、まとめてみました(^^)
 
◎お酒は虫歯の原因になるのか?

直接的に有力な原因ではありません。しかし、お酒に糖分が含まれているものは虫歯になる要因のひとつだといえるでしょう。

例えば、ウイスキーや焼酎といったお酒に比べると、ビールやチューハイなどは糖分が多く含まれています。
 
◎酸蝕症に注意!

お酒は何杯も飲むことが多く、長時間ダラダラと飲み続けることも多いことも問題です。ダラダラ飲み続けると、口の中が酸性の状態が続いてしまうので、虫歯だけでなく酸蝕症の原因にもなります。
 
◎お酒を飲みときに気をつけること

ダラダラ飲み続けたり、つまみを食べ続けたりすることが多くなると思うので、合間に時々お水やお茶で口の中の酸性度を中和するようにしましょう。

合間だけでなく、お店を出る前や寝る前にも一度お水を飲みましょう。せめて口をすすぐだけでも少しは違うと思います(^^)

また、アルコールによる軽度の脱水症状にも注意が必要です。唾液が少なくなるので、自浄作用や再石灰化の効果が減ってしまいます。
 
◎まとめ

お酒の摂取そのものが大きな虫歯や歯周病の原因とはいえませんが、お酒を飲むことによって引き起こされる生活習慣の乱れや、口腔内環境の悪化は、間違いなく原因のひとつにはなってきます。

1番悪いのは、酔っ払ってそのまま歯磨きをせずに寝てしまうことです。お酒を飲む人にはよくありがちな行為ですが、口の中が酸性の状態で、なおかつ唾液も減少しているので、本当に良くないです。

必ずお茶やお水で口の中を潤して、歯磨きをしてから寝るようにしましょう!

わたしも、歯のことも体のことも大切にしながら、これからもお酒を楽しんでいきたいと思います(^^)
 
 

resize0924.jpg

  MIYAKE  (^^
 

 

2020年5月 9日
歯科検診が必要な理由

歯科検診を定期的に受けましょう。 


みなさんの歯とお口の健康を守るために、歯医者さんでは歯科検診をしているわけですが・・・

1.虫歯のチェック。
 
虫歯は、歯の噛む面や、つけ根だけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすものです。
また、一度つめて治療してあっても、そのわきに新たな虫歯ができることもあります。専門的な立場からの、虫歯のチェックが大切です。

2.歯ぐきのチェック。
 
歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病かもしれません。
衛生士さんが歯周ポケットの深さがどのくらいか、チェックしていきます。

3.ブラッシング指導
 
歯と歯のまわりのポケットの正しい磨き方は、その人の歯並びや歯磨きの癖などのため、一人ひとり違うものです。
 
あなたに合った、歯ブラシ、フロス、歯間ブラシなどの正しい使い方を、衛生士さんが説明してくれます。

 歯垢の染め出しチェック。

歯垢(プラーク)は、虫歯や歯周病の原因ですが、どこにプラークがつきやすいかをチェックするために、歯垢の染め出しをして、鏡をみながら赤く染まった部分を歯ブラシで落としていきます。

4.歯石を取る。
 
歯石は誰にでもつきます。歯肉を圧迫したり、そこに歯垢がつくなどして、周病を引き起こす原因の一つとなります。
自分で取り除くことは難しいので、定期的に歯医者さんに歯石を取り除いてもらいましょう。

5.お口の中の粘膜のチェック。
 
お口の中や舌、唇、口角などの粘膜にできる炎症(口内炎)には、お口の中やその周りに原因があるものと、全身的な原因があるものとがあります。
 
また、口腔粘膜の異常は、口腔がんなどの病気の可能性もあります。
普段からお口の中を清潔に保つとともに、定期的に歯医者さんでお口の中の粘膜の状態をチェックしてもらいましょう。
 
6.入れ歯がいつの間にか適合が悪くなっていることがあります。
 
「噛めないことはないけど、何かおかしい」と思いながら我慢してしまうことが多いものです。
定期検診によって、このような問題も解決できます。
 
まとめ!

虫歯は、定期的にチェックして早期発見できれば、簡単な治療で終わります。

また、定期的にクリーニング、メインテナンスすることにより歯周病を防ぎ、自分自身の歯を長く残せる可能性が高くなります。 

入れ歯も、いつも快適な状態を保ちましょう。
 
  
 

makihira2.jpg

           MAKIHIRA

 

2020年4月26日
感染対策について

新型コロナ案連して感染対策について調べました。


感染に関する用語

⑴病因:細菌、ウイルス、真菌などの原因病原体のこと。

⑵病原巣:感染者やその排泄物など病原体が存在できる場所のことで、感染源ともいう。

⑶排出門戸:病原体が病原巣から出ていくときに通る部位で、口や鼻、創傷から、あるいは患者に使用した医療器具を介することもある。

⑷感染経路:病原巣から出た病原体が感受性宿主にたどりつく経路をいう。昆虫などが媒介することもある。

⑸侵入門戸:病原体が感受性宿主に侵入するときに通る部位。口や鼻、皮膚の損傷部、注射やカテーテルなど医療器具の挿入部からも侵入する。

⑹感受性宿主:感受を起こすリスクのあるヒトで医療施設では患者、医療従事者が感受の可能性がある。

⑺不顕性感染:病原体が生体に侵入しても症状を示さないこと。


感染防止の3原則

・感染源の排除
・感染経路の遮断
・宿主(ヒト)の抵抗力の向上


感染経路について

①接触感染(経口感染を含む)
手指、食品や器具を直接接触することにより感染することです。腸管出血性大腸菌、ノロウイルス、ロタウイルス、MRSAなど。

②飛沫感染
咳、くしゃみ、会話などで、飛沫粒子(5μm以上)により伝播して感染することです。2m以内で空中に浮遊しません。インフルエンザウイルス、マイコプラズマ肺炎、ムンプス、風疹など。

③空気感染
咳、くしゃみ、会話などで、飛沫粒子(5μm以下)として伝播、あるいは空中に浮遊、飛散により感染することです。結核菌、麻疹ウイルス、水痘ウイルスなど。

④血液媒介感染
輸血、血液製剤の施行、汚染された血液、体液、分泌物が傷や針刺し事故などで体内に入ることにより感染することです。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、HIVなど。


感染対策のための手指衛生の手技

①流水で手全体を濡らす。
②石けんを適量手のひらにとる。
③十分泡立てながら手のひらを洗う。
④手のひらで手の甲を包みながら洗う。
⑤左右両方の指をクロスさせ指の間をよく洗う。
⑥指先・爪は手のひらの上で円を描くようにこすりながら洗う。
⑦親指は片方の手で包み込んで洗う。
⑧手首をまわしながら洗う。
⑨流水でしっかり洗い流す。
⑩ペーパータオルでしっかり乾燥させる。

石鹸の成分が手指に残ると手荒れの原因になるのでよく洗い流してください。


ひとりひとりが意識を高く持ち、感染対策に努めましょう。 

 

sfuiokas.jpg

                  Fujioka

2020年3月20日
最も理想的な食生活は、元禄時代以前の食事です

 私は今回 食育について調べました。

食べ物を噛む事(咀嚼)は私たちが生きていくうえでとても大切です。健康な歯で食べ物をしっかり噛むことは全身の健康維持に大きな効果があります。

良く噛むと言われると、硬くて大きいものと考えがちですが、それはナンセンスです。良く噛めと言う前に軟らかいものが砂糖まみれ、油脂まみれということを知ってもらう。口に入れた瞬間おいしいと感じるものはすぐに飲み込んでしまうので、砂糖と油脂を気をつけると生活習慣病予防にもつながります。自然と良い食事になります。

最も理想的な食生活は、元禄時代以前の食事です。

・主食は未精白の穀類

・季節の野菜や海藻

・小さな魚介類

この3つが特徴です。

そもそも日本人の主食は水とデンプンです!

お米(農作物) とパン(工業製品) で比較すると…

お米は粒だから噛めますが、パンは粉なのでジュースで飲むことができます。パンには油が使われ、ジュースには砂糖が入っているので、パンが主食になると砂糖、油脂だらけの食事になります。

また、小麦を輸入するときに虫がわかないようにポストハーベスト農薬(殺虫剤)が混入されています。

工業製品にはなにが入ってるかわからないと思った方が良いでしょう。

 

また、「よく噛む」には回数と質が大切です。

質には 2 種類ありチョッパーとグラインドの 2 種類がある。

簡単にいうと、

チョッパー・・・縦に噛む、肉食動物、外国人に多い。(犬...ずっと下を向いて食べる)

グラインド・・・横に噛む、草食動物、日本人に多い。(ヤギ...噛む時は前を向いて食べる)

 

グラインド(臼磨運動)をすることで下顎の大臼歯の傾斜が治ります。

グラインド(臼磨運動)をするには、食事の時にはしっかり足を床につけて前を向いて食事をします。

 

また、子供の姿勢を崩した要因として

 1 抱っこ紐

最近ではおんぶではなく抱っこ紐を使う方が多く、足が固定しづらく頭が後傾する。

2 おまる

踏ん張ることができず、姿勢を維持する筋肉がつかない。

3 体育座り

骨盤が後傾する。 

があります。 

普段の食生活や姿勢を気をつけることで歯並びが改善する可能性があります。

乳歯の虫歯は健康を創造するターニングポイントです!普段の食生活を一緒に見直しましょう。 

saito2.jpg

              SAITO 

2020年3月 7日
高齢者の低栄養について

私は今回、高齢者の低栄養について調べました。

低栄養とは、健康な身体を維持するために必要な栄養素が足りない状態をいいます。
高齢になって起こる口の機能低下も低栄養になる要因の一つです。

低栄養になると、認知機能の低下や免疫力屋体力の低下、骨量が減少し、骨折のリスクが高まります。

また、体重の減少、疲れやすさ、歩く速さや筋力の低下などが見られ、「このままでは要介護の状態になる可能性が高い状態」のことを「フレイル」といいます。


「フレイル」の状態になると、死亡率や身体能力の低下が起きますが、ご家族や医療者がはや気づき対応することが出来れば、要介護状態に至る可能性を減少させたり、早く介入して対策を行えば元の健常な状態に戻る可能性もあります。

健康診断を受けられた際、「血清アルブミン値」に注目してみてください。
正常値が3.9〜4.9gで3.5g以下は栄養不良とされています。

低栄養の予防対策としては、
歯を残し、しっかり食べて、しっかり飲み込むことです。


入れ歯を使っている人の噛む力は、多くの歯が残っている人に比べ1/6しかありません。

維持することが大切ですが、自分ひとりではなかなか不十分であるので、健康な歯を保つためにも、歯科の定期的な受診が重要となるので、歯科をあまり受けられていない方はこれを期に受診していただけたらと思います。

 
 

 

 resize1133.jpg

                               MORI

2020年3月 4日
①訪問歯科の口腔ケア

みなさまこんにちは(^^)


令和初の冬は、寒暖差が激しかったりコロナウイルスのことがあったり・・体調面がとても心配ですね。
しっかり手洗いうがいマスクをして予防していきましょう!

 

さて私は今回"訪問歯科における歯科衛生士がすべきこと"というセミナーに参加させていただきました。


訪問会の凄腕歯科衛生士さん✨下川泰子さんが講師をしてくださり、座学だけではなく、実際に口腔内のマッサージ方法なども実技指導していただき、とても充実したセミナーでした!


少しですが、学んできたことみなさまにもお伝えさせていただきます(^^)

おおまかに4つの目次に分けて


①訪問歯科の口腔ケア
②訪問歯科の口腔ケアの手順
③摂食嚥下のプロセス
④ミールラウンドのポイント
の順でお話していきます。


①訪問歯科の口腔ケア
《訪問歯科は、口腔環境と口腔機能の維持と改善を行うことで、患者様のADLの向上・全身疾患の予防に繋がる》

口腔環境の改善は、歯磨きや義歯の清掃、粘膜の清掃で行うことができます。口腔内の環境が良くなると、誤嚥性肺炎が予防できるだけではなく、味覚も変化してきます。
訪問歯科では、口腔内の環境状態を診るだけではなく、口腔機能が低下していないかを診ることも大切です。


口腔機能評価には4つあり、


①ぶくぶくうがいテスト→ 水を右に含んだり、左に含んだりする。


②がらがらうがいテスト→ がらがらうがいが出来るかどうか。


③オーラルディアドコキネシス→ パ・タ・カ・ラ などの発音を用いて評価。


④反復唾液嚥下テスト
→ 喉仏を触って、きちんと飲み込めているかを評価する。

 

このような、環境的・機能的な口腔ケアをすることにより


☆咀嚼力が維持できる
☆食欲増進・健康維持
☆全身疾患の予防と軽減
☆肺炎などによる感染予防
☆表情が豊かになり会話が楽しめる


などのことが起こりQOLが向上します(^^)

 
 

resize0924.jpg

  MIYAKE  (^^)
 

2020年3月 3日
②訪問歯科の口腔ケアの手順

 

次に ②訪問歯科の口腔ケアの手順 です。


《患者様の口腔状態・全身状態を観察・評価し、最善の口腔ケアが重要である》

口腔ケアの基本的な流れは、


①導入
→ 会話をしながら顔色などもチェック。パルスオキシメーターを使って酸素濃度もきちんと測っていきます。このときに、今日その患者様が"どこまで出来るか"を判断していきます。


②洗口
→ 出来る限り普段と同じことをしてもらいます。時間がかかっても洗面台まで行ってもらうことが大切。誤嚥しにくいコップ選びも重要です!(誤嚥しにくいコップは、鼻に当たらず持ちやすくて浅いものです)


③口腔清掃・口腔機能回復
→ 脱感作マッサージをしたり、口腔清掃や義歯の清掃、機能訓練を行います。何かひとつでも行った後は必ず顔色や表情、パルスオキシメーターのチェックを挟みます。


④洗口
→ 口腔ケア後のうがいは、口腔内の残留物を吐き出してもらうことや、口腔内を湿潤させる目的などがあります。口腔ケアはうがいで始めてうがいで終わります。


⑤仕上げ
→ 保湿剤やジェルを塗布します。発声をしてもらって、声がクリアに出ているかも確認します。(喉に痰が絡んでいるとクリアな声がでません)


痰は取らないと危険なので、最後に必ず発声確認は行なってください!

 
 

resize0924.jpg

  MIYAKE  (^^)

2020年3月 2日
③摂食嚥下のプロセス

 

次は ③摂食嚥下のプロセス です。
《嚥下運動を理解して、無理のない、誤嚥させない口腔ケアが重要である》

口腔機能が低下した高齢者の食べ方の症状には


・食べ物が口に残る
・口からよくこぼすようになった
・食事の時間が長くかかるようになった
・パサパサした物が飲み込みにくくなった
・水やお茶がむせる
・濃い味付けを好む
  などがあります。

普段の食事のときに、私たちは舌を使って食材を口の中で分けて食べています。

口腔機能が低下した高齢者の方は舌をうまく動かせなくなっているので、口の中で食べ物を分けることが難しくなっています。


また唾液も減少しているのでスムーズに嚥下ができません。

噛まないと"食べ物を飲み込める唾液"は分泌されないので、まずは義歯をつくるなどして、噛めるような口の中にすることも大切です。


頬を膨らます体操(空気がもれないかチェック)や、舌体操などもして、口唇閉鎖の強化と舌による食物の送り込みをスムーズにさせるための体操を行います。


その他にも、ROM訓練(関節可動域訓練)、筋機能訓練、呼吸訓練、発音・構音訓練などの訓練もあります。

口腔ケアだけでなく、飲み込めるようにすることも大切です。嚥下をうまく行えるように訓練をしていきます。 

 

resize0924.jpg

  MIYAKE  (^^)

2020年3月 1日
④ミールラウンドのポイント

最後に ④ミールラウンドのポイント です!
《患者様の口腔状態にあった食事形態で、安全に美味しく食べているかが重要である》

ミールラウンドとは、施設や在宅で、実際に患者様が食べているところを見せてもらい、その食事形態が合っているかどうかを判断することです。食事形態だけでなく、食べている姿勢や口の動きなども見ていきます。

ミールラウンドのポイント


・食べこぼしがないか
・口に入れる食べ物の量は適切か
・咀嚼して食べているか
・ムセがないか
・しっかり嚥下できているか
・食べる時間は20分以内か
・食事形態は適しているか
・誤嚥しやすい姿勢ではないか

誤嚥しにくい姿勢とは、


・椅子に深く腰掛け、少し前かがみになるようにクッションなどを置く
・テーブルは腕が楽における高さで。高すぎないものが良い。
・身体とテーブルの距離はこぶし1つ程度
・椅子はかかとが床につく高さで。

ミールラウンドをして誤嚥を防ぎ、口の中の管理をしていきます。


今回このセミナーに参加して、訪問歯科における歯科衛生士の役割というのはとても重要だということを改めて感じました。

これから超高齢化社会になっていく日本にとって、必ず求められてくる課題です。

林歯科でも少しずつ訪問歯科への診療が増えてきているので、今回学んだことをしっかり頭に入れて日々精進していきたいと思います!

スタッフ同士で機能訓練やマッサージなども練習し向上していきたいです(^^)

 

 

resize0924.jpg

  MIYAKE  (^^)

2020年2月23日
歯科治療の偶発症

歯科治療の偶発症


歯科治療を受ける時には、麻酔を使うことがよくあります。
その時に、気分が悪くなったりする場合の事を説明します。


 
1)神経性ショック


緊張と痛みにより、顔面蒼白、冷や汗、徐脈、血圧低下、意識消失などが起こるます。大抵の場合、横になり、ゆっくりしていれば回復します。


 2)過換気症候群


40歳以下の女性に多く、きっかけは神経性ショックと似ており、極度の不安や緊張、恐怖などで過換気を発症します。過呼吸以外に、口唇周囲・手足のしびれ、手足の硬直、けいれん、また、頻脈、不整脈、胸が苦しい、腹痛などです。怖いのは症状の増悪に伴って恐怖感が増して、このまま死ぬのではと思い、過呼吸がひどくなる事です。対処は、ゆっくりと呼吸することです。


 3)麻酔中毒


麻酔薬が血管内に入るなどして、血中濃度が高くなる場合があります。症状は、興奮、多弁、めまい、頭痛、耳鳴り、顔面紅潮、などです。酸素投与と安静、また鎮静薬の投与です。


 
4)アレルギー

アレルギーは急激な速度で重篤なものから、ゆっくりと症状が出現する場合があります。顔面から胸部にかけて紅斑、蕁麻疹、血管浮腫、吐気、嘔吐、頭痛、胸痛、呼吸困難などです。エピペンという注射、場合によってはAEDの装着、救急車の要請です。


他にも、高血圧など持病のコントロールできてない時、風邪などで発熱時、体調不良の時は、治療の内容によっては別の日に治療をした方がいいかもしれないです。

 

makihira2.jpg

           MAKIHIRA

 
初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。