小児歯科

乳歯の虫歯の特徴

子供の歯は、虫歯の進行がきわめて早いのが特徴です   子供の歯は、虫歯の進行がきわめて早いのが特徴です。             虫歯の早めの発見と、歯の予防が大変大切です。  
  また、本人の自覚症状が少ないために、気が付かないうちに神経にまで虫歯が進んでいることがあります。
そうなると治療に麻酔が必要になるような、子供がいやがる治療をしなくてはならなくなります。
このため、虫歯の早めの発見と、歯の予防が大変大切です。 

対策としては、・・・

予防には(虫歯を作らないために)
①正しいブラッシングの練習
②フッソ塗布
③シーラント 
早めの発見には(虫歯の進行がきわめて早いので)
④3ヶ月ごとの定期健診
                  (詳しい説明は次の項目で) 

じゃあいつ頃から注意すればいいのか?
乳歯の奥の歯が生えた時からのスタートが理想的です。  
             定期健診
・乳歯列期のお子様の定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいと
 されています。
 その度に、虫歯の有無のチェック・歯磨きのチェック・シーラントのチェック・
 フッ素塗布をします。

早めのシーラントがお勧めです。 幼若永久歯の虫歯の特徴
また、生え始めたばかりの6才臼歯(6才頃に、乳歯の1番奥の歯のさらに奥から生
えてくる永久歯)は、咬み合わせの面が虫歯になりやすいので(特に下の歯がなり
やすい)、早めのシーラントがお勧めです。

                                                    

歯科医院でできる子供の歯の予防

①ブラッシング(歯磨き)  
・歯の汚れている所を赤く染め出す染色液を歯に塗り、  
 普段目に見えない汚れの部位を覚えてもらって
 そこを重点的に磨いていきます。

 ・また、染め出す前にいつも通りの歯磨きや、仕上げ磨きを
 した後に、染色液を塗り、磨き残しの部位を覚えてもらう
 こともできます。  

        ・歯の汚れている所を赤く染め出す染色液を歯に塗り磨いていきます

②シーラント
・乳歯や、生えてきてすぐの永久歯の奥歯の溝(咬み合わせの面)は、
 ブラッシングを頑張っていても、虫歯になりやすい部位です。
 シーラントとはその溝を少し磨き、歯と同じ白い詰め物をし、
 虫歯になるのを防ぎます。 (歯は削りません)

・ただし、詰め物が欠けてしまうと小さな隙間ができて、逆に虫歯に
 なりやすくなってしまうので、定期的な検診が必要となります。

③フッ素塗布
・適量のフッ化物を歯に塗布することによって、歯の耐酸性を高め
 虫歯予防になります。
 綿で少し酸っぱい味のする薬を歯に塗るだけなので、小さなお子様にも
 痛みなく予防ができます。 

・しかし、フッ素を塗っても歯を磨かなければ虫歯になります。

・そしてフッ素は、3~4ヶ月に一度定期的に塗ることで効果が期待できます。  

フッ素を塗っても歯を磨かなければ虫歯になります   定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいとされています  

④定期健診
・乳歯列期、混合歯列期のお子様の定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいとされています。
 その度に、虫歯の有無のチェック・歯磨きのチェック・シーラントのチェック・フッ素塗布をします。

 

 本人に自覚症状がなくても、3~4ヶ月に一度は検診に来て、染色をして磨き残しがなければ、
 お子様もお母様も自信がもてます。  

 また、もしも虫歯ができてしまったとしても、早期に発見する事で痛みの少ないまま治療ができます。  
 そうすることで、歯医者嫌いになることも防げます。

 

乳歯列期と混合歯列期にご家庭でできる予防 ①ブラッシング ②フッ素塗布

①ブラッシング(歯磨き+仕上げ磨き)  
・赤ちゃんの歯が生え始めた頃は、歯ブラシを口に入れることから  
 はじめましょう。  
 歯ブラシを口に入れて咬んで遊んでいるだけでも、唾が出て、口の中を  
 虫歯になりにくい状態にしてくれます。                          ・お母さんの仕上げ磨きは、夜寝る前が一番効果的です

・仕上げにお母さんがガーゼで歯を拭いてあげましょう。           
 歯の数が増えてきたら、歯ブラシで仕上げ磨きをしてあげましょう。  

・仕上げ磨きは、お子さんをお母さんの膝の上に上向きに寝かせ、  
 一本ずつ磨きましょう。小さめの歯ブラシが磨きやすいです。

・毎食後に磨くのが理想ですが、いつでもどこでも出来ることでもないので
 食後に磨けない時は、水でうがいをしたり、お茶を飲みましょう。

・お母さんの仕上げ磨きは、夜寝る前が一番効果的です。
 寝ている間は口の中の唾の量が少なく、虫歯になりやすいからです。       フッ素入りの歯磨きで磨いたり・・・

②フッ素塗布
・最近では、子供用の歯磨き粉に“フッ素・キシリトール配合”と
 書かれているのをよく目にします。
 フッ素入りの歯磨きで磨いたり、磨いた後にフッ素入りのジェルを
 口に含んだりすると、さらに予防になるでしょう。

・キシリトール入りのガムやタブレットも効果的です。

 

妊婦さんの口の中の病気と妊婦さんの口腔ケア

妊娠すると、女性の口の中の環境は大きく変わります   妊婦さんの口の中の病気 

妊娠すると、女性の口の中の環境は大きく変わります。  
ホルモンの変化で、歯周病菌が増えたり、だ液(つば)の量が減ったり、免疫力が落ちる・・など、虫歯や歯ぐきの病気になりやすくなるのです。  

①歯肉炎・歯周炎  
  妊婦さんのお口の中には、歯肉炎や歯周炎が比較的  
  多く見られます。  
  その原因は、つわりや間食の増加によって歯磨きを  
  充分にできないなどの理由で、口の中が清潔に保てないこと、  
  もうひとつは、女性ホルモンの増加などの影響があると  
  考えられています。  

②虫歯
  歯肉炎・歯周炎の理由と同じように、つわりや間食の増加の
  ために歯磨きが不十分になりがちであったり、女性ホルモンの
  増加により、だ液の量が減ったり、性状がかわるため虫歯に
  なりやすいと考えられています。

③妊娠性エプーリス(歯ぐきのできもの)
   歯ぐきにできるできもので、妊娠3ヶ月以降に見られることがあります。
   強い赤みをおびた出血しやすいできもので、分娩とともに小さくなり
    ・やわらかめの歯ブラシを使う  
・歯ブラシを小さく動かして磨く     自然消失する場合もあります。

 

 妊婦さんの口腔ケア

・ヘッド(頭)の小さな歯ブラシを使う(子供用など)  
・やわらかめの歯ブラシを使う  
・歯ブラシを小さく動かして磨く  
・においの強い歯磨き粉は避ける  
などを心掛けましょう。  

でも、つわりがひどい時はあまり神経質にならず、食後にうがいをしたり  
お茶を飲んだりして、調子の良い時に磨くようにしましょう。

 

妊婦歯科健康診査が無料で受けることができるようになりました

必ず妊婦歯科健診受診券(妊婦健康診査補助券の最終ページ)と母子手帳・バーコードシールをお持ちください。

2009年(平成21年)5月より、妊婦歯科健康診査が市内の 
「指定医療機関(歯科医院)」で受けられるようになりました。 

母子健康手帳交付時に受診券がもらえます。 
林歯科医院でも健康診査が受けられます。 
安定期に入った早い時期(16~20週)に受けましょう。 


必ず妊婦歯科健診受診券(妊婦健康診査補助券の最終ページ)と 
母子手帳・バーコードシールをお持ちください。


受診の際は
・電話予約の上、受診して下さい
・レントゲン検査はありません
・費用の自己負担はありません
・当日は健診のみで治療は行いません


視診により次の健診をします
・歯のチェック(虫歯、咬み合わせなど)
・歯ぐきのチェック(歯肉の炎症、歯石の付着、歯周ポケットの有無)
健診に基づく歯科保健指導(歯ブラシの仕方)  
           視診により次の健診をします
			・歯のチェック(虫歯、咬み合わせなど)
			・歯ぐきのチェック(歯肉の炎症、歯石の付着、歯周ポケットの有無)
			健診に基づく歯科保健指導(歯ブラシの仕方)   

林歯科医院では、妊婦の歯ブラシ指導に力を入れています(妊婦歯科健康診査の場合は無料)

 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。