小児歯科

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法の料金


3歳~5歳のお子さんの歯並び、気になっていませんか?
そして、歯並びが様々な癖で変化するって知っていますか?

あなたのお子様は、上の歯よりも下の歯が前に並んでいませんか?

この原因は、舌で下の歯を前へ押している可能性があります。

あなたのお子様は、前の上と下の歯の間が開いていませんか?

この原因は、ベロを突き出してものを飲み込んでいる可能性があります。

あなたのお子様は、前の歯がでこぼこしていませんか?

この原因は、前の歯で噛む力が弱いので、顎の発育が遅い可能性があります。

歯医者さんに行っても、「矯正するのはまだ早いので、もう少しこのまま様子をみましょう」と、言われたかもしれません。
今までは、それが歯医者さんの答えでした。

歯並びが悪いのは、生活習慣が原因だということが、あいまいだったことと、乳歯の段階で治すのは効率が悪いと考えられていたからです。

先ほどの子供たちは生活習慣が原因で、歯の回りの筋肉の動きのバランスが悪くなっているのです。
バランスの悪い筋肉が、おかしな位置に歯を動かすのです。

そして多くの子供たちは大切な鼻呼吸がうまくできなくて、口で呼吸するようになります。ろうそくの炎も消すことができず、風船も膨らませることができません。

だから、小さいうちに生活習慣を直してしまえば、筋肉のバランスががよくなり、歯は正しい位置に戻ろうとします。風船も膨らませるようになります。

さらに、うまくいけば歯科矯正をする必要がなくなります。

それなのに、大きくなるまで何もしないで放置しておくと、歯並びがさらにひどくなり、バランスが悪い筋肉を治すことはさらに難しくなります。

その時に歯科矯正を行っても、歯は綺麗になっても、筋肉のバランスは悪いままで、呼吸も口呼吸のままです。

 

お子さんをよく観察してみてください

・気づいたら口がぽかんと開いていませんか?また、口で呼吸をしていませんか?
・頬杖をよくついていませんか?
・うつ伏せ寝をよくしていませんか?
・ベロを突き出してものを飲み込んでいませんか?

他にもさまざまな癖があり、これらが歯並びや噛み合わせを悪くしてしまうのです。
問題なのは、噛み合わせだけではなく、大切な呼吸に影響し、アトピーなどの様々な疾患や、表情そのものまでを変えてしまうのです。

歯並びは口周りの筋肉のバランスで成り立っています。
このバランスのとれた状況をバクシネーターメカニズムといいます。

逆に、バクシネーターメカニズムが崩れると、歯は異常な位置に動き出します。

例えば、舌の力が強い場合は、 舌が歯を前に押し出そうとします。
この時に唇の力が強ければ、舌が歯を前に押す力とバランスがとれて歯は動きません。
しかし唇の力が弱い場合は、舌が歯を前に押す力を唇が押さえられないので歯が前へ動き出すわけです。

同じような理屈で、ほっぺたの筋肉の力が強いのに、舌の力が弱いと、奥の歯が中へ入って口の中が狭くなります。
信じられないと思いますが、舌やほっぺたの力は思っている以上に強いのです

バクシネーターメカニズムを保つためにバランスをとる手助けとなるのが、「プレオルソ」矯正装置です。

プレオルソとは、マウスピース型の矯正装置です。 (3歳~8歳の顎や顔の成長期に有効な装置です)

口周りの筋肉の訓練(口腔周囲機能訓練)を行いつつ、体の健康において実用的な歯並と咬み合わせを目指す治療方法です。悪い条件が少なく、効果が最大に出た場合は、数十万円もの費用がかかる歯科矯正をする必要もなくなります。

つまり、このマウスピースを入れると、舌を突き出すことや、舌で下の歯を前へ押すことができなくなり、舌を自動的に正しい位置に誘導します。さらに、唇や頬の筋肉を鍛えることで顔の筋肉を正しく発育させます


このようなことから、プレオルソの大きな利点は、成長が旺盛な3歳~8歳の成長期にする治療なので、歯並びだけでなく、平べったい顔つきも改善されて表情も明るくなることもまでも期待できるという所です。
さらに、大切な呼吸に影響し、アトピーなどの様々な疾患にも有効であることです。

preortho.jpg

 

プレオルソは3タイプあり、ほとんどの症例に適用可能です。
柔らかい素材でできており、子供も不快感を持ちにくいです。
既製品であるため型取りの必要がなく、熱可塑性(熱によって柔らかくなる)のため、調整も非常に容易です。


使用方法

・おうちにいる間、最低1時間使用してください
・寝るときは必ず唇にテープを貼って使用してください
・口のトレーニングの指導をさせていただきますので、保護者の方の協力が必要です。

費用  先着数10名様のみ

・プレオルソ矯正法の装置はしばらくの間1年間20,000円(9月から40,000円)で行います。(装置の破損・紛失及び、動かす方向が変化し、別の装置が必要な場合、10,000円の追加が必要です)
受け口は、多くのケースで3ヶ月で改善しています。オープンバイトは期間がかかります。

今回は、基本的には1装置を使って1年間で実用的な位置まで歯が動いた場合、又は筋肉の正しいバランスの改善(口呼吸の改善など)ができたら終了が基本ですが、効果を実感できて、さらに動かしたい場合は、ご希望でさらに装置を購入していただき、もう1~3年今回のみ特別料金で延長させていただきます。

2年目以降・・・プレオルソ装置40,000円(1年間使用)

注意事項

診断時や途中のレントゲンや写真代などは小額ですが、別途必要です。
プレオルソは3歳~8歳の顎や顔の成長期にする治療なので、「完全な成長予測はできないので不確実性がある」のが欠点です。

つまり、プレオルソには限界があり10人に1~2人は、本格的な矯正が必要になる可能性があります。
また、口の中が狭くて、歯列を広げる必要がある場合には別料金が必要です(先着20名様のみ1万円)


ご理解いただきたい内容

10人に1~2人は、本格的な矯正が必要になる可能性がありますが、歯並びの改善が不完全な場合でも口呼吸の改善(筋肉の正しいバランスの改善)ができただけでもお子様の体が健康になるという大きなメリットであることをご理解ください。鼻呼吸になるとアトピーなどの様々な疾患にも有効です。

筋肉の正しいバランスの改善により、本格的な矯正の期間が短くなり、機能的に正しい位置に動かせます。

また、矯正後の後戻りも起こりにくくなります。


これまでの新しい技術の導入時の料金設定

27年前、新しいタイプのインプラントを導入したときに、最初の一人のみ無料で行いました。
その方のインプラントは26年経過した今も問題なく経過しています。
新しいタイプのインプラントは、現在約40万円いただいています。

7年前にミラクルフィットを導入した時は、半年間、6万円で行いました。
現在は、15~20万円の値段です。

このように、新しい技術の導入時は、いつも最初だけ安い料金を設定します。

今回、子供達の口呼吸による歯列不正や口の周りの筋肉の発育不全が引き起こす将来の重度の歯列不正を早期に解決或いは予防するためにプレオルソという筋機能改善に取り組むのにあたって、同じように数名のみ低料金で取り組ませていただきます。おそらく数ヶ月でこの料金設定はなくなると思います。

おそらく多かれ少なかれ料金以上の結果が期待できると思います。
 

  この下にスクロールできない場合はこちら

 

 

永久歯の矯正治療よりも 「プレオルソ」子供歯並び矯正法をお薦めする理由

 

プレオルソ治療は顎の骨の成長中にする治療なので、「完全な成長予測はできないので歯の微妙な傾きなどは不確実性がある」のが欠点です。

しかし、歯並びだけではなく、上下の顎の骨を正しい成長に導くので、顔の形まで健康な表情に変えてしまいます
また、呼吸も鼻でできるようになるので、正しい呼吸法でたくさんの酸素を取り込めるようになるので体自信も健康になります。

高い確率で成長予測はできますが、10人中1~2人ぐらい、予測と外れた成長をすることがあり、この場合の微妙な修正は、引き続き永久歯の矯正治療も行うことになります。
ただし、筋肉のバランスは取れるようになっているので、永久歯の矯正治療期間は短くなり、矯正後の後戻りも起こりにくくなります。

永久歯がはえ揃ってから、治療開始すると、不確実性は無くなるので、予定通りに治療が進むので、歯の傾きなどの精密な修正はできますが、成長が終わりかけているので、歯が並ぶことによる見た目の改善しかできません。
顔の形は、あまり変わらず、呼吸も元のままです。

また、4本歯を抜くことで、口の中が狭くなり、逆に酸素を取り込量が少なくなり、問題が起こることがまれにあります。
(ただし、乳歯矯正治療を行っても元々顎が小さくて4本歯を抜くことがやむを得ないことももちろんあります)

このようなことから、子供達の体の健康な発育を考えると、まずは、乳歯混合歯列矯正治療(プレオルソ)を行う必要があると思っています。良好な結果が得られない場合のみ、本格的な矯正を行えばいいのです。

 

 永久歯の矯正治療と異なる点は・・・まとめ

「プレオルソ」 子供歯並び矯正法とは、
「マウスピース型矯正装置」だけを使い、この装置を利用した口腔周囲筋機能訓練(口の周りの筋肉のトレーニング=MFT)を行いながら「歯並び」や「噛み合わせ」だけではなく、「正しい舌の使い方」「正しい発音」「口呼吸を鼻呼吸に改善」などの機能的な治療を行い、『子供を健康に導くことを目的』とした、第1期(混合歯列期に行う小児矯正治療)の治療法です。

 ただし、体が健康に維持できる機能的に問題のない大まかな位置に並ぶこともあり、その場合、細かな調整を希望される場合は、部分的に別の装置が必要になることもあります。

 

 

子供たちに、どうして 3ヶ月に一度の「定期検診」が必要なのか?・・・その本質



一番大切な理由は

虫歯がない状況で、3歳くらいの小さい頃から定期的に歯医者に来ることで、歯医者は怖いところではなく歯磨きするところ、お口がさっぱりする楽しいところと記憶に刷り込まれます。そして気持ちのいい健康な状態を学んでいきます。

そうなると日頃の歯磨きもスムーズに行える習慣になり、万が一むし歯の治療になったとしても、歯医者さんに対する恐怖心も薄れているので、抵抗なく口を開けることができます。治療も問題なく行いやすくなっているはずです。ちろん、「万が一」にならないことを目指すのが第一の目標です。)

子供の頃の恐怖心で、とても多くの人が大人になっても歯医者に行けなくなっています。


歯医者さんは怖くないところだと刷り込むために3ヶ月に一度通うことで、その他にも以下のようないいことがあります。


よく言われている内容ですが

1、 3ヶ月というのは、虫歯ができても早期発見で治療が簡単なサイクルなのです。
虫歯になってから大体3ヶ月以内であれば軽い治療ですみます。

乳歯や生えたての永久歯は柔らかく、大人より虫歯になりやすいので、こまめなケアが必要になります。
(歯は唾液中のカルシウムやリン・フッ素などが、歯の表面のエナメル質に作用して、次第に硬くなっていきます。硬くなるのに3年かかります。) 

2、また、定期検診では虫歯だけでなく、歯並びや生え替わりのチェックや対処もできます。

それともう一つは、舌が正しい位置にあるかどうか、口で呼吸していないかなどをチェックして、正しい歯並びにするために、小さい頃からの正しい舌や唇の動かし方の訓練を定期検診のたびにすることができます。

本格的な歯科矯正治療をしなくてもいいようにアドバイスすることができます。

3、むし歯は食生活の影響を非常に受けることがわかっているため、おやつのコントロールがうまくできないと次々にむし歯になってしまいます。

おやつの食べ方、食事法を定期的に確認・改善し、チェックしてお口の環境をむし歯にならないように継続していかなくてはいけません。

この継続することの難しさを忘れないように歯科衛生士さんとお母さんが一緒になって定期的に確認していきます。
 

 この下にスクロールできない場合はこちら

 

 

 

子供の治療で大切なことは無理やり虫歯を治すことではありません

 

子供の治療で大切なことは、無理やり虫歯を治すのではなく、数年後に健康な永久歯列を作ることです

診察台に乗るのを嫌がって泣き出すお子さんに対して、脅したり無理に押さえつけたりすれば、ますます歯医者さんが嫌いになってしまいます。

その結果、多くの方が子供のころのトラウマで大人になっても歯医者に行くことができなくなっています。

つまりそれぞれのお子様にできる範囲の治療を選んで行うことが必要です。

悪い部分を取り去ることは大切ですが、嫌がって泣き出すお子さんに対しては、無理に取り去らずに虫歯の進行を止めて、できるようになるまで待つことも治療の一つです。そのことによって虫歯が進んでしまうこともあるかもしれませんが、神経が死んでからでも処置はできます。

さらにその時は痛くない治療ができます。あわてることで、恐怖心を与えてしまうことは絶対にしてはいけないのです。

つまりその時の治療のことよりも、数年後に永久歯になった時にすべて健康な歯がそろい、正しい噛み合せになり、しかも健康な体を作るというゴールを目指すという長期的な計画が必要です。

つまり、そのために、目先の医学的に正しい治療よりも、いつまでも楽しく通うことができる治療を選ぶことを優先する判断が大切です。

これが正しい子供に対する治療だと思います。


必要最小限な治療のみ行います。虫歯はレーザーで審査します。

できるだけ歯を削りたくはありません。

diagnodent.jpg

黒く見えるからといって、必ず削る必要はありません。軽度の虫歯は、そのままじっとしているかもしれません。或いは、フッ素や唾液の力でそのまま硬くなるかもしれません。

虫歯は見ただけではわからないのです。ダイアグノデント(初期むし歯を発見できるレーザー装置)の使用により、歯表面の黒色を、初期むし歯かどうか判断できます。

 

乳歯の虫歯の特徴

子供の歯は、虫歯の進行がきわめて早いのが特徴です   子供の歯は、虫歯の進行がきわめて早いのが特徴です。             虫歯の早めの発見と、歯の予防が大変大切です。  
  また、本人の自覚症状が少ないために、気が付かないうちに神経にまで虫歯が進んでいることがあります。
そうなると治療に麻酔が必要になるような、子供がいやがる治療をしなくてはならなくなります。
このため、虫歯の早めの発見と、歯の予防が大変大切です。 

対策としては、・・・

予防には(虫歯を作らないために)
①正しいブラッシングの練習
②フッソ塗布
③シーラント 
早めの発見には(虫歯の進行がきわめて早いので)
④3ヶ月ごとの定期健診
                  (詳しい説明は次の項目で) 

じゃあいつ頃から注意すればいいのか?
乳歯の奥の歯が生えた時からのスタートが理想的です。  
             定期健診
・乳歯列期のお子様の定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいと
 されています。
 その度に、虫歯の有無のチェック・歯磨きのチェック・シーラントのチェック・
 フッ素塗布をします。

早めのシーラントがお勧めです。 幼若永久歯の虫歯の特徴
また、生え始めたばかりの6才臼歯(6才頃に、乳歯の1番奥の歯のさらに奥から生
えてくる永久歯)は、咬み合わせの面が虫歯になりやすいので(特に下の歯がなり
やすい)、早めのシーラントがお勧めです。

                                                    

歯科医院でできる子供の歯の予防

①ブラッシング(歯磨き)  
・歯の汚れている所を赤く染め出す染色液を歯に塗り、  
 普段目に見えない汚れの部位を覚えてもらって
 そこを重点的に磨いていきます。

 ・また、染め出す前にいつも通りの歯磨きや、仕上げ磨きを
 した後に、染色液を塗り、磨き残しの部位を覚えてもらう
 こともできます。  

        ・歯の汚れている所を赤く染め出す染色液を歯に塗り磨いていきます

②シーラント
・乳歯や、生えてきてすぐの永久歯の奥歯の溝(咬み合わせの面)は、
 ブラッシングを頑張っていても、虫歯になりやすい部位です。
 シーラントとはその溝を少し磨き、歯と同じ白い詰め物をし、
 虫歯になるのを防ぎます。 (歯は削りません)

・ただし、詰め物が欠けてしまうと小さな隙間ができて、逆に虫歯に
 なりやすくなってしまうので、定期的な検診が必要となります。

③フッ素塗布
・適量のフッ化物を歯に塗布することによって、歯の耐酸性を高め
 虫歯予防になります。
 綿で少し酸っぱい味のする薬を歯に塗るだけなので、小さなお子様にも
 痛みなく予防ができます。 

・しかし、フッ素を塗っても歯を磨かなければ虫歯になります。

・そしてフッ素は、3~4ヶ月に一度定期的に塗ることで効果が期待できます。  

フッ素を塗っても歯を磨かなければ虫歯になります   定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいとされています  

④定期健診
・乳歯列期、混合歯列期のお子様の定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいとされています。
 その度に、虫歯の有無のチェック・歯磨きのチェック・シーラントのチェック・フッ素塗布をします。

 

 本人に自覚症状がなくても、3~4ヶ月に一度は検診に来て、染色をして磨き残しがなければ、
 お子様もお母様も自信がもてます。  

 また、もしも虫歯ができてしまったとしても、早期に発見する事で痛みの少ないまま治療ができます。  
 そうすることで、歯医者嫌いになることも防げます。

 

乳歯列期と混合歯列期にご家庭でできる予防 ①ブラッシング ②フッ素塗布

①ブラッシング(歯磨き+仕上げ磨き)  
・赤ちゃんの歯が生え始めた頃は、歯ブラシを口に入れることから  
 はじめましょう。  
 歯ブラシを口に入れて咬んで遊んでいるだけでも、唾が出て、口の中を  
 虫歯になりにくい状態にしてくれます。                          ・お母さんの仕上げ磨きは、夜寝る前が一番効果的です

・仕上げにお母さんがガーゼで歯を拭いてあげましょう。           
 歯の数が増えてきたら、歯ブラシで仕上げ磨きをしてあげましょう。  

・仕上げ磨きは、お子さんをお母さんの膝の上に上向きに寝かせ、  
 一本ずつ磨きましょう。小さめの歯ブラシが磨きやすいです。

・毎食後に磨くのが理想ですが、いつでもどこでも出来ることでもないので
 食後に磨けない時は、水でうがいをしたり、お茶を飲みましょう。

・お母さんの仕上げ磨きは、夜寝る前が一番効果的です。
 寝ている間は口の中の唾の量が少なく、虫歯になりやすいからです。       フッ素入りの歯磨きで磨いたり・・・

②フッ素塗布
・最近では、子供用の歯磨き粉に“フッ素・キシリトール配合”と
 書かれているのをよく目にします。
 フッ素入りの歯磨きで磨いたり、磨いた後にフッ素入りのジェルを
 口に含んだりすると、さらに予防になるでしょう。

・キシリトール入りのガムやタブレットも効果的です。

 

妊婦さんの口の中の病気と妊婦さんの口腔ケア

妊娠すると、女性の口の中の環境は大きく変わります   妊婦さんの口の中の病気 

妊娠すると、女性の口の中の環境は大きく変わります。  
ホルモンの変化で、歯周病菌が増えたり、だ液(つば)の量が減ったり、免疫力が落ちる・・など、虫歯や歯ぐきの病気になりやすくなるのです。  

①歯肉炎・歯周炎  
  妊婦さんのお口の中には、歯肉炎や歯周炎が比較的  
  多く見られます。  
  その原因は、つわりや間食の増加によって歯磨きを  
  充分にできないなどの理由で、口の中が清潔に保てないこと、  
  もうひとつは、女性ホルモンの増加などの影響があると  
  考えられています。  

②虫歯
  歯肉炎・歯周炎の理由と同じように、つわりや間食の増加の
  ために歯磨きが不十分になりがちであったり、女性ホルモンの
  増加により、だ液の量が減ったり、性状がかわるため虫歯に
  なりやすいと考えられています。

③妊娠性エプーリス(歯ぐきのできもの)
   歯ぐきにできるできもので、妊娠3ヶ月以降に見られることがあります。
   強い赤みをおびた出血しやすいできもので、分娩とともに小さくなり
    ・やわらかめの歯ブラシを使う  
・歯ブラシを小さく動かして磨く     自然消失する場合もあります。

 

 妊婦さんの口腔ケア

・ヘッド(頭)の小さな歯ブラシを使う(子供用など)  
・やわらかめの歯ブラシを使う  
・歯ブラシを小さく動かして磨く  
・においの強い歯磨き粉は避ける  
などを心掛けましょう。  

でも、つわりがひどい時はあまり神経質にならず、食後にうがいをしたり  
お茶を飲んだりして、調子の良い時に磨くようにしましょう。

 

妊婦歯科健康診査が無料で受けることができるようになりました

必ず妊婦歯科健診受診券(妊婦健康診査補助券の最終ページ)と母子手帳・バーコードシールをお持ちください。

2009年(平成21年)5月より、妊婦歯科健康診査が市内の 
「指定医療機関(歯科医院)」で受けられるようになりました。 

母子健康手帳交付時に受診券がもらえます。 
林歯科医院でも健康診査が受けられます。 
安定期に入った早い時期(16~20週)に受けましょう。 


必ず妊婦歯科健診受診券(妊婦健康診査補助券の最終ページ)と 
母子手帳・バーコードシールをお持ちください。


受診の際は
・電話予約の上、受診して下さい
・レントゲン検査はありません
・費用の自己負担はありません
・当日は健診のみで治療は行いません


視診により次の健診をします
・歯のチェック(虫歯、咬み合わせなど)
・歯ぐきのチェック(歯肉の炎症、歯石の付着、歯周ポケットの有無)
健診に基づく歯科保健指導(歯ブラシの仕方)  
           視診により次の健診をします
			・歯のチェック(虫歯、咬み合わせなど)
			・歯ぐきのチェック(歯肉の炎症、歯石の付着、歯周ポケットの有無)
			健診に基づく歯科保健指導(歯ブラシの仕方)   

林歯科医院では、妊婦の歯ブラシ指導に力を入れています(妊婦歯科健康診査の場合は無料)

 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。