スタッフブログ

2018年10月29日
「口腔粘膜疾患」

 
今回の勉強会では「口腔粘膜疾患」について調べました。

口腔粘膜とは舌、頬、歯肉、口唇、口蓋などを覆っている軟組織のことです。この粘膜に発生する病変を総称して口腔粘膜疾患とよびます。

○臨床で良く見る疾患

・アフタ性潰瘍

境界明瞭な円形ないし楕円形の有痛の潰瘍で、表面には白い膜があり、周囲には紅斑がみられます。
治療法としては副腎皮質ステロイドホルモン剤やレーザー照射などとなります。

・白板症

粘膜に白斑を生じる角化病変で前がん病変の1つとされています。
細胞レベルの判断が必要となり、生活上の注意としては喫煙を初めとする刺激物の排除をしてください。

・カンジダ症

常在する真菌のカンジダによる感染症で、体調不良や体力低下など免疫低下時に発症することがあります。治療法としては抗真菌薬の投与となります。

・扁平苔癬

角化病変で、免疫機構の関与、金属アレルギーの関与などが考えられます。頻度は低いものの、癌化することがあります。
治療法としては、副腎皮質ステロイドホルモン剤の投与となります。

○鑑別診断が必要な粘膜疾患

・エプーリス

歯間乳頭部を中心に生じることが多い、限局性の腫瘤のことです。
対処法としては、基本的に外科的切除を行います。妊娠性エプーリスは経過観察を行います。

・悪性癌

舌癌は最も多く、リンパ節や他の臓器に転移しやすいものです。初期はアフタのようなものもあるので10日を過ぎても治らなければ注意してください。
歯肉癌は歯肉に限局することなく、骨に浸潤している事が多いです。

病巣部の歯牙は腫瘤の影響で動揺したり、不衛生になりやすいですが、組織の刺激で進行してしまうことがあるので注意してください。
頬粘膜癌は軟組織どこにでも発生する可能性があります。良く頬を噛んでしまうと言う方も注意してください。

口腔内の不衛生や、虫歯の放置、慢性的な刺激からも口腔粘膜疾患のリスクを高めます。
また口腔癌は20代の若い方でも発症することがあり、日本では口腔癌が他国に比べ多いとも言われています

早期発見がとても大切になるので歯科での定期的な検診をおすすめします。
私たちもお口の中全体をしっかりと見ていき、小さなことも見逃さないよう常に注意していきます。

resize0635.jpg

                                                     Koreeda 

2018年9月 9日
*診断予測のためのセファロ形態分析??というセミナーに行ってきました!*

  

セミナーの内容も踏まえ、セファロ グラムの基礎をお話しします。

 ●セファログラム(頭部エックス線規格写真)
 一般の歯科医院にはない、矯正歯科用の特別なレントゲンで、顔の骨格を調べるためのものです。
特に、横を向いたときのセファロは、矯正治療を始める際に必須となる資料です。
場合によっては、正面のセファロも撮ります。
 頭部固定装置のイヤーロッドを外耳孔に入れ、フランクフルト平面を地面に水平にして撮影します。
 側方撮影は規格性があり、治療前後の評価がしやすいです。正面は頭の角度が変わると変わってしまうので評価がしにくいと言われています。

 ●なぜセファロ分析が必要なの?

 不正咬合の原因を知るためです。

 硬組織における不正咬合の原因は2つ

      歯、骨格

 歯の原因を知る場合→模型
 骨格の原因を知る場合→セファロだけなのです!!
 治療難易度: 骨格>歯
 
 ●セファロトレース

 X 線写真に写し紙(トレース用紙)を貼り、外形線をなぞり形態の分析を行います!
 分析ソフトもあるそうです
 
 トレーはどこからしていくのか?!  →どこからでもいいそうです^ ^
 実習では下顎骨からトレースしていきました!
 
 臼歯は第一大臼歯をトレース 最後方歯から順に 第一大臼歯を探し、下顎前歯は最前方歯をトレースします!
 
*覚えておきたいライン

 下顎中切歯歯軸
 下顎下縁平面
 下顎枝後縁平面

*覚えておきたい点

 Me(menton、メントン):オトガイの断面像の最 下縁点。
 B(pointB、B点):下顎歯槽の彎曲の最深点。

 その他の点
 Pog(pogonion、ポゴニオン):下顎骨オトガイ 隆起の最突出点。
 Go(gonion、ゴニオン):下顎枝後縁平面と下顎 下縁平面のなす角の二等分線が下顎角骨縁と交わる点。
 
 上顎骨のトレース

  上顎も同様に第一大臼歯、前歯をトレースしていきます!

*覚えておきたいライン

 上顎中切歯歯軸
 咬合平面 上下第一大臼歯口頭頂の中点と上下顎
 中切歯切端の中点を結んだ平面
 
*覚えておきたい点

 A(point A、A点):上顎歯槽基底の最深点
 ANS(anterior nasal spine、前鼻棘):前鼻棘の最先端点
 PNS(posterior nasal spine、後鼻棘):後鼻棘の最先端点
 U1:上顎中切歯切縁
 
 軟組織のトレース

 前頭部から鼻骨をトレースしていきます!
 分かりにくいため軟組織の鼻背と平行に近いので参考にします

*覚えておきたい点

 N(nasion、ナジオン):鼻骨前頭縫合の最前点
 Or(orbitale,オルビターレ):左右の眼窩骨縁最下点の中点
側頭部 大後頭孔部のトレース
 わかりやすい下垂体窩からトレースし、斜台から大 後頭孔前縁に続く
 大後頭孔前縁の点が Ba(basion、バジオン)
 大後頭孔前縁から後頭骨底部に続く バジオンの上方に骨外耳道がある

*覚えておきたいライン

 フランクフルト平面
 S-N平面

*覚えておきたい点

 S(sella turcica、セラ):下垂体窩
 Po(porion、ポリオン):骨外耳道の上縁の中点。
 その他の点
 Ar(articulare、アーティキュラーレ):下顎関節突起後縁と外頭蓋底の交点
 Ba(basion、バジオン):大後頭孔の前縁部
 
 点や取れたら角度測定をしていきます!!
 
 SNA 角
  SN 平面と N と A を結んだ直線 の角度 脳頭蓋低に対する上顎歯槽基底 部の前後的位置関係をあらわす。
  大→上顎過成長
 小→上顎劣成長
 
  SNB 角
  SN 平面と N と B を結んだ直 線のなす角度 脳頭蓋低に対する下顎歯槽基 底部の前後的位置関係をあらわす。
 大→下顎の過成長
 小→下顎の劣成長
 
  ANB 角
  N と A、N と B を結んだ直 線のなす角度 上下顎の相対的な前後的位置 関係を評価する。
 上顎前突傾 向で大きくなる。 反対咬合ではマイナスの場合も。
 
 U1 to SN
  SN 平面に対する上顎前歯 の歯軸傾斜角
 大→上顎前歯が唇側傾斜
 
 L1 to MP
 下顎下縁平面と下顎中切歯 長軸のなす角の余角
 大→下顎前歯が唇側傾斜
 
 MP to FH(FMA)
 下顎下縁平面と FH 平面とのなす角度 下顎下縁の傾斜度を判定する

 L1 to FH (FMIA)
  下顎中切歯歯軸とFH平面とのなす角 下顎前歯が前方 に傾斜すると小さくなってくる
 大きいと舌側傾斜

 IMPA
 下顎中切歯 と 下顎下縁平面 とのなす角度
 大→下顎中切歯の唇側傾斜
 
  I.I インターインサイザルアングル
 前歯の傾斜軸がなす角度
  小→下顎前歯が前に突出している
 角度の小さな人は抜歯して前歯を内側に入れる方向の方が良い
 
 occlusal plane
 咬合平面とフランクフルト平面の角度
 咬合平面の傾斜度を判断
 
 Go Gonial angle
 下顎下縁平面と下顎後縁 平面とのなす角 下顎角の大きさを判定す る
  大→下顎枝の垂直的劣成長 骨格性下顎前突、開口
 小→過蓋咬合
  
 
 FMA、Go、O.P
 これらの角度が大きい人は長顔
 小さい人は短顔 平均の人は中間
 治療難易度  長顔>中間>短顔
 
  上突*下突*中間*
 SNA 大→上顎前突
 SNB 大→下顎前突
 ANB 大→上顎前突 小→下顎前突
  
 顎顔面に対する歯の方向
 U1toSN
 L1toMP
 
   歯の前突感
 I,I インターインサイザルアングル
 出ていれば角度は小さくなる
 
 ●角度測定の平均値

 SNA   80.5~82.5
 SNB   76.0~79.0
 ANB   3.0~4.5
 U1toSN  102.0~105.0
 L1toMP   93.5~96.5
 FMA         28.5~32.0
 I.I             120.0~125.0
 O.P          11.5~14.0
 Go            120~130
 
  これらを参考にしながら分析していきます!
 『この点が正しい。このラインが正しい』というのは実際はわからないそうです。

 大切なのは自分がいつも同じルールでトレースを行えているか、だそうです。

 覚える点やライン、角度がたくさんあるので、忘れてしまわないように定期的に復習しようと思います^ ^

resize1139.jpg

Kajimoto

 

2018年7月16日
乳幼児期の姿勢について

  「乳幼児期の姿勢について」

今回は乳幼児のお子さんがいるお母さん、お父さんに知ってもらいたい姿勢についての内容です。


頭部、顎位を正しく支える身体発育は

定頸→寝返り→よつばい→坐位→つかまり立ち→独歩

と順序良く道筋を立てた発育発達が望まれます。


発達発育が追い付いていない状態でお座りやタッチを急ぐと背骨のS字カーブが十分に発達せず、重たい頭部を正しく支えられる体になりません。


まだ自分で座ることが出来ない段階で子供椅子に無理に座らせることによって、座骨で座ることが望ましいのに仙骨で座ってしまい体幹がなくなり身体を支えることが出来なくなります。


月齢で坐位を始める時期や、独歩を始める時期などはありますが、個人差があるのでおおよその時期が来ているのにまだ坐位を始めない....からと言って焦り無理に座らせず子供が自ら座りだすのを待ちましょう。


じっとしていることが出来ない子になることもあります。

子供が手をはなしていても一人で座っておけるグッズがありますが頻繁に使用しないほうが良いです。


椅子に座らせる際は背もたれにもたれかからず、足は地面にしっかりとついている状態が望ましいです。


ご飯を食べている状態の姿勢はどうでしょうか?
まずは普段の食事での姿勢から気を付けて見てみて下さい。

特に成長が目まぐるしい乳幼児期では周りと比べてしまい
順序が決まっていてもどんどん先に進みたくなりますが、発達発育には個人差があります。
周囲は気にせずお子さんの成長を見守ってあげてくださいね!

 

 

Karitani

resize1260.jpg 

2018年6月 3日
日常の姿勢のゆがみで歯列は変形していきます

 

今回は姿勢(体勢)についてまとめました。

みなさんは姿勢が悪いと実感したとこはありますか?

姿勢が悪いと肩こりや腰痛、頭痛、猫背だと内臓を圧迫するので胃腸などの臓器に負担がかかりやすい等のお話を聞いたことがあるかもしれません。
今回は小児歯科の観点から姿勢(立ち方、座り方、寝方)について書かせて頂きます。

そもそも正しい立ち方とは…?

・横から見たときに耳→肩→膝関節→くるぶしが一直線になること
・正面から見たときに肩、骨盤、耳、目の高さが左右水平であること
・眉間→鼻→顎→おへそ→かかとが一直線であること
・背面から見たときに肩、骨盤が左右水平であ  ること

この4つのことが当てはまれば正しい立ち方といえます。

しかし、最近の子供はゲームにスマホなど、テレビを見るときの姿勢が猫背になりがちです。

猫背は骨盤が後ろに傾くことで骨盤が下がり重心は後ろになります。
重心が後ろにあるのでバランスを取ろうと背中が丸まり、頭や肩が前にでます。
猫背になると胸が広がりにくいため呼吸が浅くなり、無意識に沢山の空気を吸おうとするため口呼吸の慢性化に繋がります。
また、首が前に出て顎が下がり、口が開きやすくなります。
それが歯列不正、不正咬合の原因になる可能性があります。

姿勢が歯並びに影響するなんてびっくりされる方もいらっしゃると思います。
“正しい姿勢”この基本的なことを小さい頃から正しておくことがとても大切です。
どのように意識していくかというと、まず上から糸で引っ張られているように意識し、首を伸ばす。
そして、背筋を伸ばしお尻にきゅっと力を入れてお腹を軽く引っ込める。
最後に胸を軽く張って目線は遠くにすることです。

正しい座り方も立ち方同様に大切です。

背もたれにもたれて浅く座ったり、背筋が曲がった座り方を続けていると、腹筋や背筋を使わなくなり、骨盤が後ろに傾く癖がつき姿勢不良の原因になってしまいます。

正しい座り方のポイント

・横から見たときに耳→肩→骨盤が一直線になること
・座ったときに太ももと床が水平であること
・膝を直角に曲げて、足は少し開いて足の裏がしっかり床に付いてること
・背もたれにもたれないこと

最初は、常に正しい姿勢をするのはしんどいと思いますが、ふとした瞬間でも思い出したら正しい姿勢にすることを心掛けてみてください。

そして、最後に寝る姿勢です。

正しい寝る姿勢は


・首、肩、背中、骨盤がマットに付いてること
・両足の開く角度は45度程度が理想
腰が反り、浮いていたり両足の開く角度に左右差があれば骨盤が歪んでいる証拠です。

日常の姿勢のゆがみや筋肉疲労をリセットしてくれるのが寝ている時間です。
眠っている間の姿勢も歯並びに大きな影響力を持ちます。
骨は持続的な力が加わると5gほどの弱い力でも骨に添加と吸収を起こさせ、歯槽骨の形態を変え歯の位置を移動させます。
うつぶせ寝や横向き寝などで奥歯にかかる側方力はおよそ、30~200gです。
つまり8時間睡眠とすると、1日の1/3時間ものあいだ歯が動き始める力の数十倍もの力が加わっていることになり、歯列は変形していきます。

さらに、口呼吸の子供はどうしても仰向けで寝ることが難しいです。
なぜなら、口呼吸のまま仰向きで寝ると舌が喉の方へ下がるので、いびきをかいたり息苦しくなります。
そのためうつぶせ寝や横向き寝になってしまうのです。

寝ている間は同一姿勢だと血行不良を起こすので、それを避けるためにも個人差があるものの寝返りを10?30回程度行います。
寝ている間にも姿勢が変化するのは当たり前のことですが、まずはできる限り仰向けで寝ることを心掛けましょう。

対策としては、睡眠姿勢を固定しないように布団にくるまって寝ないこと、枕を下顎に当ててたり、枕と顔の間に手を入れたりしないこと。などを注意しなければなりません。

基本的なことですが、まずは普段の姿勢から見直していきましょう。

子供の頃の習慣は大人になって変えるのは難しいです。できるだけ早い段階で正しい姿勢を身につけて頂きたいです。
姿勢についても指導をしていますので、お気軽にお声掛けくださいね。

Nomura

resize0908.jpg 

2018年6月 2日
歯も生えていない赤ちゃんも、0歳から気を付けとかないといけないということをご存じですか?


皆様こんにちは!!
暑くなってきましたね!!

さて、私は今回赤ちゃんをテーマに勉強会をしました。

歯も生えていない赤ちゃんも、0歳から気を付けとかないといけないということをご存じですか?

1.離乳食の開始(5-6か月ごろ) 「ごっくん期」 →唇を閉じる動作を身につける

この時期に大切なことは”姿勢”です。
5-6か月ごろの乳児はお座りがまだ完全ではないので、姿勢を少し後ろに傾けて安定させます。
動きがまだ不十分なので、重力を使って食物を送り込む手助けをします。


2.7-8か月ごろ 「もぐもぐ期」 →舌で押しつぶす動きを身につける

離乳食が始まった子どもに適しているスプーンをご存知ですか?
ネットなどではすぷーんが深いものが主流で売られているようです。。。

歯科の目線で理想的なのは平らなスプーンです。
この時期はは口唇閉鎖力が弱く、上唇の使い方も上手ではないので、ホールが深いと、そこの部分にあるものが捕食しにくいのです。下の図のようにスプーンにあるものを全部取り込んでもらおうとこじあける受動的な食べ方になると、上唇の機能が育ちません。乳児のお口ぽかんは
ここから始まっているのではないでしょうか。上唇をしっかり使って捕食し、口唇を閉鎖したまま咀嚼することを学ばせなければなりません。


3.9-11か月ごろ 「かみかみ期」 →噛む動きを身につける

舌は左右の運動ができるようになり、非対称な動きができるようになります。
歯肉食べ(歯ぐき食べ)が行われます。


4.12-18か月ごろ 「ぱくぱく期」 →自食機能を身につける

手づかみ食べをするようになると、食べ物をこねたり、ちぎったりするので手と口がべとべとになり、養育者としては困った状況になります。
しかし手づかみで覚えることはたくさんあります。
 「食べ物との口の距離がわかる」「食べ物の温度を知る」「硬さを知り、力加減がわかる」など、とても重要な役割を果たしています。
お母さんは大変だと思いますが、とても大切な時期です(>_<)

このように、歯が生えていなくても気をつけるポイントはたくさんあります。
またなにかわからないことがあれば、気軽にスタッフにお声掛けください(*^。^*)シュメコーでした!!

resize1156.jpg

 
 

2018年5月16日
鼻呼吸ができないことによる悪影響と、どうして口呼吸が起きてしまうのか


こんにちは!お久しぶりです。
勤務医の杉本です。

今日は先日の院内勉強会で発表した、鼻呼吸ができないことによる悪影響と、どうして口呼吸が起きてしまうのか、について書かせてもらいます。


鼻呼吸ができなくても口呼吸できるんだからそんな大したことじゃないでしょ。
って思ってらっしゃる方も多いかもしれません。

しかし、鼻呼吸ができないことには以下のような悪影響があると伝えている研究があります。

○食事
早食い・遅食い、偏食、味の違いがわからない

○睡眠
いびき、無呼吸、おねしょ、夢遊、陥没胸や鳩胸

○行動
自閉行動、攻撃的行動、情緒不安定、ADHD(注意欠陥多動性障害)

○学習
学習障害、集中できない

○その他
唇がいつもカサカサ、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息、慢性扁桃炎

どうですか?
鼻呼吸できないことがこれだけの悪影響がある可能性があります。びっくりしますよね?


ではなぜ、鼻呼吸から口呼吸に移行してしまうのか。
多くの方は鼻が詰まるからとおっしゃいます。
確かにそれも1つの理由です。

しかし
詳細はとても説明が難しいので省きますが、鼻が詰まることが口呼吸のすべての原因ではありません。

一番大事なのは、口と喉の間を舌と上顎(軟口蓋)というものでしっかり閉鎖できることです。

もし鼻づまりがある方は
舌を上顎に吸い上げてみてから鼻で息をしてみてください。とても固いシェイクを頑張って吸うような感覚です。
息の通りが格段に良くなるのが実感できると思います。私も左の鼻が少し通りにくいのですが、これをすると明らかに呼吸が楽になりました。

この閉鎖がしっかりできていると、多少鼻が通りにくくなっても鼻呼吸が維持できると言われています。
そのためには、舌が柔軟である必要があります。

食習慣の変化などにより舌の運動性が低下してしまった現代の子供達は、舌をしっかりトレーニングすることで舌を柔軟にしなければいけません。

林歯科医院では、この舌のトレーニングも含めた口周りの筋肉のトレーニング、それによる歯並びの改善に力を入れています。
お子さんの歯並びや健康を真剣に考えていらっしゃるお父さんお母さん、一度ご相談ください。早めに始めるのが大切ですよ!

杉本でした☆

 

 

 

2018年3月 7日
納豆についてしらべてきました

 
今回は林歯科医院のスタッフがお昼ご飯によく食べている納豆についてしらべてきました!前回のきのこに引き続き菌活です^_^

まずは納豆の栄養素です!

納豆の主な栄養素

たんぱく質、ビタミンK、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビオチン
カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維、大豆レシチン、大豆サポニン、イソフラボン、納豆キナーゼ、ポリアミン

大豆レシチン、大豆サポニン、納豆キナーゼ、ポリアミンとは??

1. 大豆レシチン…細胞膜を作るための成分。肌、内臓、脳、神経などのあらゆる細胞に働きかけ、細胞の機能を正常に保ち元気な細胞を維持してくれる。『若返りの栄養素』と呼ばれることも!血液サラサラ効果があり、コレステロールな血中中性脂肪を溶かし動脈硬化や血管疾患の改善や予防をする働きも。また、ホルモンの流れをスムーズにして糖尿病や女性特有の病気の改善にも効果があるとわかってきている。
2. 大豆サポニン…強い抗酸化作用をもち、肝機能向上に効果がある。コレステロール値を下げて血流を促進するのに有効とされている。また腸内で吸収されたブドウ糖と脂肪が結合して蓄積しないようにする働きもあるため肥満予防も期待される!
3. 納豆キナーゼ…納豆菌が作り出すたんぱく質を分解する酵素のひとつ。血管にできる血栓を溶かしやすくする働きがあり、脳梗塞や心筋梗塞などを予防する効果が期待できる。ただし、熱に弱い性質をもつため、納豆キナーゼを目的に納豆を食べる場合は注意が必要!
4. ポリアミン…ウイルス、人間の細胞、植物など様々な生物に存在している成分。ポリアミンが不足すると細胞の老化が著しくなると考えられている。ポリアミンは細胞が分裂、増殖をするためには必須である成分。新陳代謝を活発にする効果があり、血管内の炎症を抑制し、動脈硬化を予防する効果もある。ポリアミンは体内で作りだされる成分でもあるが、20歳頃をピークにポリアミンを合成する酵素の活性が低下するため、加齢に伴い減少する。(=老化が加速する。)しかし、ポリアミンは分子量が小さいため、腸へ届きやすく、食べ物で摂取しやすいという利点もある。

素敵な成分ポリアミン

ポリアミンは納豆の他にも醤油、味噌、チーズ、しいたけ、マッシュルーム、鶏肉などにも多く含まれています!!
また、母乳にも含まれている成分で、出産後約10日から2週間後の母乳には特に含有量が多くなるそうです。乳児の成長促進や記憶などに関与していると考えられているそう。

たくさんの栄養素があり、驚きました!!身体に良さそうだな、とは思っていましたが、調べると知らないことが多く、勉強になりました^_^
そして身近な納豆ですが、あまり知られていないこともまとめてみました。


納豆の豆知識

1. 混ぜる回数で旨味が変わる。よく混ぜることでねばりが増すが、その正体はグルタミン酸!栄養素は変わらない。
2. 納豆には良質なたんぱく質が豊富。アミノ酸スコアが満点近い!
アミノ酸スコアとは、体内で作ることが出来ないアミノ酸9種類をバランスよく含まれているか、という点数。
3. 納豆とご飯の組み合わせはすごい。エネルギー源である糖質(お米)を効率的にエネルギーへと変えるには納豆に多く含まれるビタミンB1B2を一緒に摂取することが良い。
4. 添加物が入っていない。大豆と納豆菌と水でできているため安心。
5. 食物繊維が1パックで1日の摂取目標の20%を達成できる。(成人男性1日19グラム以上、成人女性1日17グラム以上)1パックあたり50グラム3.3グラムほどの食物繊維。
6. 不溶性食物繊維(胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみ、便通を促す。便秘に効果的)、水溶性食物繊維(胃腸内をゆっくりと移動し、お腹がすきにくい。糖質の吸収をゆるやかにしてくれる食物繊維)の両方が含まれている。
7. 一度に吸収できるカルシウムは限られているので、一度にたくさん食べるよりも、継続して食べていくことが大切。
8. 大豆イソフラボンは取りすぎ注意。1日の限度が70ミリグラム。納豆1パックに37ミリグラムの大豆イソフラボンが含まれているため、同日に豆腐や味噌汁などの食品で大豆イソフラボンを摂取すると考えると1日1パックがおすすめ。
9. 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする。適正な量の摂取で肌の調子が良くなる!また、年齢とともに女性ホルモンが減少し、脂肪燃焼効果が低下。痩せにくくなるので大豆イソフラボンをとることでダイエット効果も。
10. 納豆キナーゼの効果は食後の5時間から8時間後程度。寝ている間が血栓などの不安があるので血液のめぐりを整えるなら晩御飯に納豆を食べるのがおすすめ。
11. 納豆の栄養素がピークになるのは賞味期限ぎりぎりあたりらしい。
12. 発酵は進み続けるので食べられない時は冷凍保存が良い。ただし2週間以上冷凍すると劣化するので注意。食べる時は自然解凍で良い。
13. 納豆菌は乳酸菌の増殖を助ける働きをするので一緒に食べると効果大。キムチ納豆が個人的におすすめ。乳酸菌が多く含まれる食材にはヨーグルト、チーズ、ぬか漬けなど。


納豆の食べ方ですが、私はご飯と納豆、豆腐とキムチ納豆くらいのレパートリーのみでした。。
今回の勉強会で、林歯科医院のみなさんに味噌汁に納豆、パンに納豆とチーズとマヨネーズ!など、美味しい食べ方を色々と教えてもらいました^_^!

ほかにも美味しい食べ方があるか探してみようと思います!
 

resize0899.jpg

 

TANI

 

2018年3月 2日
科学的根拠(エビデンス)とは?

テレビ、本、インターネットなどで健康、医療などの情報を簡単に入手できる世の中…

しかしすべての情報が「正しい」「効果がある」とも言い切れないのが現状です!!

嘘の情報に惑わされず、患者さんに正しい情報を伝えていかなければ!
と、思い今回は予防に関するエビデンスについてしらべました(^◇^)


まず、科学的根拠(エビデンス)とは?

薬や治療方法など、医療の全般について、それがよいと判断できる証拠のことです。

エビデンス は研究者の手による研究論文という形にまとめられ、学会が刊行している学術雑誌に投稿されます。

発行される論文の数は膨大!

しかし、必ずしも論文を一本一本読まなくても「診療ガイドライン」を活用するのも一つです。

臨床ガイドライン

あるテーマに沿って論文をまとめたものです。

日本では日本医療機能評価機構の「医療技術評価総合研究サービス事業(通称 Minds)」が有名です。
各項目ごとにエビデンスレベルと、推奨度が書かれています。

世界中の論文を要約した、世界のエビデンスを集積したものとして、コクランライブラリーというものもあります。ただし全て英語です。


齲蝕予防の臨床ガイドライン

●食事指導に齲蝕予防効果のエビデンスはあるの?

→CTFガイドラインでは多量の砂糖摂取は齲蝕の発生に大きな影響は与えない。
齲蝕を発生させるような食品摂取をへらすことによる明確な齲蝕予防のエビデンスは得られていません。

●フッ化物配合歯磨剤において、濃度による齲蝕予防効果の違いはあるのか

→SIGNガイドラインでは、フッ化物配合歯磨剤は濃度依存的に齲蝕予防効果を高めることが示されている。
フッ化物濃度が500未満の歯磨剤では齲蝕予防効果のエビデンスが乏しく、逆に1000ppmを超える歯磨剤ではフッ素濃度が500ppmの上昇ごとに6パーセントの齲蝕予防効果が得られることが報告されています。

●ブラッシングは一日に何回するべきか

→SIGNガイドラインより)フッ化物配合歯磨剤を使用した上で、一日最低2回以上のブラッシングを推奨している。
齲蝕予防においては口腔内のフッ化物濃度を高く維持することが効果的!
朝と夜など1日2回はフッ化物配合歯磨剤を用いたブラッシングをおすすめするべきです。
1日のブラッシング回数は1回と2回では齲蝕予防効果の差は大きいものの、2回と3回の差は比較的小さいそうです。

●フッ化物を使用しないブラッシングや、フロスでもの予防効果はあるのか

→GTFガイドラインより)フッ化物配合歯磨剤を使用しないブラッシングには齲蝕予防効果はない。
なぜなら、齲蝕が小窩裂溝や隣接面などの歯ブラシが届かない部位から発生するためです。
フッ化物配合歯磨剤を用いて、歯ブラシの届きにくい齲蝕好発部位にフッ化物を伝達することで齲蝕予防ができます。
フロスについては適切に使用すれば齲蝕予防効果が得られるように思えますが、実際に患者さんがフロスを正しく日常生活で使用し続けるのは困難なため、臨床疫学試験データでは齲蝕予防効果が乏しいのが現状だそうです。


参考文献
デンタルハイジーン2017年11月号
齲蝕予防の臨床ガイドラインQ&A

resize1139.jpg

Kajimoto

 

 

2018年2月16日
前々回の味覚障害の勉強会でのお話が少し間違っていました


こんにちは。
まだまだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

今回は舌の場所によって味の感じ方は違うのかということを調べました!

私も聞いたことがあったのと前々回の味覚障害の勉強会でも舌の場所によって感じ方は違うというお話が少し出ましたがそれは全くの間違いだったことがわかりました。

80年、90年代にアメリカの心理学者が間違った情報を伝え今もそれが信じられてる所があるみたいです。今は どの味も舌の全領域で感じることが出来ると言われています。

基本味と呼ばれる5つの味覚があるので紹介します。

〇塩味(えんみ)
   人間にとって塩分は身体に必要なミネラル補給
   胃酸のもとで食べ物を消化、殺菌する働きがあります。
   摂りすぎると高血圧、脳卒中、動脈硬化を引き起こしやすくなります。

〇甘味(かんみ)
  人間のエネルギーのもとになります。
  お米やパンなどの炭水化物に含まれるブドウ糖
  果物やハチミツに含まれる果糖
  日常で使われる砂糖はこのブドウ糖+果糖=ショ糖と呼ばれるもので出来ています。

〇酸味(さんみ)
   酸味は新陳代謝の促進、腐敗のシグナルとして発達し、疲労回復の効果があるクエン酸(レモン、梅干し)やクエン酸を助ける働きのあるリンゴ酸(リンゴ)があります。

〇苦味(にがみ)
    老化防止、毒物の警告の意味がある苦味ですが、良薬は口に苦しと言われていることもあり健康には苦味が必要です。冬のだるさは老廃物が原因でもあり、春野菜(菜の花、ふきのとう)で改善していきましょう!

〇旨味(うまみ)

    昔から使われる昆布だしで研究を進め、1908年に日本人がグルタミン酸を発見し、塩味でも他のものでもない旨味と名付けました。
    外国人には認識されにくい旨味ですが、近年では日本食が発達しているのもあり「umami」と認識されつつあるようです。

最後に風邪や病気にかかると味を感じにくくなります。美味しい食事を楽しむためにも口腔内ケアと日々の手洗いうがいなど健康に気をつけましょう!
インフルエンザが流行していますがお気をつけくださいね!

resize1133.jpg

                               MORI

2018年1月23日
歯科矯正について

皆さんこんにちは! 寒さが厳しくなってきましたね!

さて、私は今回、ドクター雑誌に載っていた歯科矯正について勉強会をさせて頂きました。

矯正治療は専門性が高くとても難しい治療です。

審美的にキレイに並べることだけの治療では、顎関節症や、噛みにくい、口の中が狭くなって呼吸がしにくいなどの弊害が稀に起こります。

そのためにシュミレーションができるようなマウスピースを装着し、まず様子を見て口がちゃんと開くか、顎の開閉時の雑音がないか、痛みはでないかなどの機能回復を確認して、問題がなければ矯正治療に取り掛かるといった仕組みが大切だということを学びました。

当院はとても知識が深い矯正専門医の先生と連携を取り、治療にも取り組んでおります。

この間も見学に行かせて頂き、沢山勉強になるお話を聞くことができました!

yamanouti1.jpg  yamanouti2.jpg

当医院のスタッフが矯正治療をしてもらうことになりました。

morikyousei.jpg

気になることがありましたら、お気軽にお声かけください!

Shumichael でした(o^^o)

resize1156.jpg

 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。