兵庫区 歯医者 歯科医院 林歯科医院 ミラクルデンチャー 院長のブログ

2015年9月 8日
フェイスブックもごらんください

 

ここ半年間のセミナーについてのお話は、林歯科医院のフェイスブックの方に書き込んでいました。
よろしければご覧ください。

https://www.facebook.com/hayashi.dental
『いいね』を押してもらえるとうれしいです!!

 

4月19日 ・ 歯周病に対する抗菌療法・再生療法
0419.jpg

 

6月7日  ・大阪の中川先生のミラクルゲストハウスでのミラクルに関する、色々なテクニックセミナー

0607.jpg


6月14日・川邉先生の姿勢咬合セミナー

0614.jpg


6月21日・神戸の「デンタルファイン」という歯科技工所での新しいZ冠についてのセミナー

0621.jpg


6月21日・神戸臨床小児歯科研究会の「小児歯科の保存療法」というセミナー

06212.jpg


7月11日・かわべ先生の姿勢咬合セミナー第2回目

0711.jpg


7月20日・牛嶋先生のセミナーの最終回。

0720.jpg


8月9日  ・姿勢咬合セミナーの第3回目

0809.jpg


9月6日  ・兵庫県歯科医師会館での歯科医学大会

0906.jpg

 

 

2015年4月12日
顎関節症・肩こりに効果!タオルを使った引きちぎり健康法!

 

今日は、スタッフの是枝さん、シュメコーさんと3人で、先月に引き続き、牛嶋先生のセミナーで新大阪へ行ってきました。

              usijima6.jpg


子供の顎が正しく成長するためには、前の歯でしっかりと噛む必要があり、そのことを守れば受け口になる可能性はかなり低くなります。

usijima1.jpg  usijima3.jpg

 

そのためには、タオルを使った「ひきちぎり」という方法が効果的だそうです。
この図は牛嶋先生のホームページから引用させてもらいました。
http://www.ot-science.com/towel.html

usijima5.jpg


その他にも、「ひきちぎり」には以下のような多くの効果があるそうです

◇ 顎関節症が良くなる  
◇ 首のこりが軽くなる       
◇ 耳鳴りが治まる
◇ 頬のリフトアップ
◇ 唾液がよく出るようになる
◇ 表情が豊かになる
◇ 血行が良くなりメイクのノリが行くなる
◇ 目がパッチリ
◇ バストアップ     
◇ 二の腕が細くなる
◇ めまいが改善する ◇ 肩こりが軽くなる
◇ 腰痛改善
◇ 頭痛が治まる
◇ 小顔になる
◇ 副交感神経の活性化
◇ 腸の働きが良くなり便秘解消
◇ 前頭葉の血行アップ
◇ ウィンクができるようになる
◇ ヒップアップ
◇ 鼻筋が通る

 牛嶋先生のホームページから引用させてもらいました。
 

「顎関節症・肩こりに効果てきめん!タオルを使った引きちぎり美容・健康法!」

http://www.ot-science.com/towel.html

 

2015年3月22日
「顎成長不全の診断」というセミナーへ参加してきました。

 

現代人、特に最近の子供たちは、顎の成長に異常が見られることが多く、それが原因で、呼吸不全・顎関節症・歯列不正・咬合異常が起こっています。

usijima.jpg 

正常なものが壊れて治すのが、西洋医学なのですが、もともと正常でないものが壊れた場合、元にもどすだけだはなく、正常な状態にもっていく必要があり、とても複雑な状況になっています。

最近の子供たちには、この頻度が高くなっています。

キャメロンディアスさんの口元はとても健康そうに見えます。
「この健康そうに見える」というのがポイントです。

cameron.jpg 

回りの人たち、子供たちをよく観察してみてください。
みんながこのような口元なら、心配ありません。
もちろん口元だけではなく、目の輝きにも注目してください。

正常な顔のそれぞれの筋肉の発育は、明るい表情を生み出します。

逆に、暗い表情は筋肉の発育に問題があるかもしれません。もちろん機嫌の悪いときはだれでも暗いですよ。

正しい姿勢で、食べ物をよく噛んで、ストレスのない明るい表情で、いつもうまく筋肉をスムーズに動かしていれば、大丈夫なはずなのです。胎児や乳幼児の時の環境ももちろん大切ですが・・・・・

しかしこのことがうまくできずに、顎の成長に異常が起こると、呼吸不全・顎関節症・歯列不正・咬合異常という症状が現れ、それを治すのはとても大変です。かなりの知識と経験が必要になってきます。

このことを勉強することと、
このようにならないように、顎が正しく成長するためのアドバイスをすることは、私たち歯科関係者には、とても大切です。

ただ、すべての技術を高いレベルで自分で行うことは出来ないかもしれません。とても多くの時間と労力が必要です。

たとえば、歯科矯正にしても、歯並びだけではなく、顎の骨の関係も適切に矯正できるだけのテクニックが必要ですし、大人の場合の重度の睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対しては、マウスピースでは不可能で、オトガイ舌筋の上3層を切断することが必要なケースがあり、とても高度なテクニックが必要です。

しかし、自分にできないとしても、少なくとも患者さんに適切な情報を提供して、その技術のある歯科医院を紹介できるように連携をとっておかくことが、患者さんのためになると思っています。そのためにも自分にできるできないにかかわらず多くのセミナーへの参加は大切です。


今回の、顎成長不全に対するアプローチは、虫歯治療や歯周病治療よりも難しいこれからの課題と言えるかもしれません。


 

2015年3月 4日
ウォーキングブリーチよりも、確実に白くなります


最近、グラディアの希望者が増えてきました。

今回は、神経がなくなって茶色く変色した右上の前の歯を白くするために、歯の内側をくりぬいて薬剤で白くする、ウォーキングブリーチという方法で行ってもあまり白くならなかった歯に、歯の表面を全く削らずに、グラディアで白くしてみました。

nakatabefore.jpg  →  nakataafter.jpg

 

術前                                       術後

 

痛みもリスクもまないったくない、とても安全な治療で、みなさんに喜んでいただけるのでやりがいがあります。

 
                                                         

2015年1月28日
ラミネートベニアは歯を削りますが、歯を削らずに、白くできるグラディアはやはりすごいです


今回は、歯を全く削らずにきれいにしてほしいということで、大阪から来られた患者さんの左上の前の歯4本を、グラディアで白くしてみました。

歯を全く削らず、表面をナノシールで処理して、グラディアで30分くらいの施術でした。

resize150128.jpg  →  resize270128.jpg

 

術前                                       術後

 

右側のすでに被せてある茶色く変色している歯は、大阪の家の近くの歯医者さんで、今回白くなった色に合わせて、被せなおしてもらうとのことです。

 


                                                                 神戸市 林歯科医院

2014年12月30日
ホワイトニングよりも、グラディアという新しい方法でうまくいきそうです

 

神経を取ると歯の色が黒ずんでいきます。特に前の歯の場合はよく目立ち、なんとかしてほしという方がよく来院されます。

kurohen.jpg

その場合、ホワイトニングではうまくいかず、裏側から内側をくりぬき薬剤を作用させるウォーキングブリーチという方法がありますが、効果以上に、ダメージの方が大きくなり、これまではあまりやりたくない方法でした。

ところが、今年(H26)の10月に東京の未来歯科でのグラディアダイレクトセミナーで教わった内容がとても効果的で患者さんに、とても喜んでもらえることがわかりました。

mirai1.jpg  mirai2.jpg

グラディアダイレクトというのは、〈健保適用外〉の光重合型審美修復用コンポジットレジンで、透明性の異なるペーストの積層築盛で、自然な美しさを再現できる材料です。

http://www.gcdental.co.jp/sys/data/item/411/

それより、もっといいことは、歯を削らなくてもいいという所です。型を採る必要もありません。とても安全で、歯にやさしい方法です。

今まで二人の方に行った症例を報告したいと思います。

以下の30代の女性の方は、昔、左の前の歯の神経を取ったために色が黒くなり、長い間気にしていました。

この方の場合はたまたま歯並びが悪く、その歯が中に入っていたため、グラディアダイレクトを厚く詰めることで、歯の形もよくなりました。

yasu2.jpg     術後

術前の写真があるととてもよくわかるところですが、撮り忘れたため、他の患者さんの写真を引用してみました。形は違いますが色に関してはよく似ています。

kurohen2.jpg     術前


術後の、斜め下と下から撮影した写真を参考にしてください。詰めた材料の厚みと、歯の裏側が黒く変色していることがわかると思います。

yasu3.jpg  yasu4.jpg


右の前の歯はもともといがんでいますが、普通の笑顔のときはまっすぐに見えるので問題ありません。

yasu5.jpg

それよりも本人の歯を削りたくないという要望に応えられたことが大きなポイントです。

2本とも削って被せると簡単にきれいにできますが、歯の寿命は間違いなく縮まります。若い女性にとってはこの方法は間違いなく正解だと思います。


費用も被せる方法の30%くらいですから、歯にやさしいし、財布にもやさしいというウィンウィンですね。

 

二人目の患者さんも30台の女性の方です。左の一番前の歯が黒いことを気にして来院されました。
この方は、ホワイトコートを希望されて来院されましたが、上の方のグラディアダイレクトの写真とこの後に紹介しているホワイトコートの写真を較べて、グラディアダイレクトをすることになりました。
今度は術前の写真を忘れずに撮影させていただきました。

今回は、歯並びは問題ないのですが、このことで逆に難しくなります。
詰めた分だけ厚みがでて唇に違和感が生じないかどうかです。

しかし、きわめて少ない量で、色を出すことができました。厚みもとても薄くでき、本人にもとても喜んでもらうことができました。    このケースもまったく歯を削っていません。

hujimoto1.jpg    hujimoto2.jpg

               術前                                術後

ご本人様からも、とてもすばらしい方法なので、他の方にも教えてあげてほしいということで、快くHPに乗せる承諾をもらいました。

 

ホワイトコートは、以下のような色調で、自然ではありませんが、多くの方に喜んでもらっていました。これまでは他に方法がなかったので、やむおえません。
このホワイトコートは、3ヶ月くらいで部分的にはがれてきますが、運がよければ1年以上はがれずに維持できています。歯は全く削りません。

coat1.jpg  coat2.jpg

               術前                                術後

見た目は、やはり グラディアダイレクトには及びません。

今回のグラディアダイレクトは、歯の表面の処理方法や接着方法がホワイトコートよりも優れているので、数年は問題なく維持できると思っています。

おそらくこれからは、見た目の自然さから、ホワイトコートを選ぶ患者さんは減り、グラディアダイレクトに変わっていくと思います。

 

 

 

2014年12月11日
歯周病にとても効果のある『ペリオウェーブ』を導入しました

 
今日は、ペリオウェーブの販売会社、ウェイブレングスの楠本社長に、ペリオウェーブの勉強会をして頂きました。

 

waveseminar.jpg  waveseminar2.jpg

 

ペリオウェーブは、レーザーの性質とメチレンブルーの性質を利用して
歯肉や歯の中の神経に感染した細菌を即座に死滅させることができる、画期的な機器です。

 

pwave1.jpg  pwavegel.jpg

 

特に歯周病に対して活用していく予定です。

詳しい内容の動画は以下の歯周病のページに掲載しています。

https://www.hayashi-dental.info/treatment/perio/post_117.html

 

Periowave.jpg

 

これまでの治療にプラスアルファして、より良い結果をだしていきたいと思います。

エピオス、プロデンティス、3DSに続く、NEWアイテムです。

pwavekit.jpg 

ペリオウェーブの詳しい内容は、以下をご覧ください。
写真も以下サイトのものを使用しています。

http://www.a-pdt.jp/


 

2014年10月 5日
10月4日は、衛生士の谷山さんの披露宴でした。

  
昨日、10月4日は、衛生士の谷山さんの披露宴でした。

私としましては、10年ぶりの披露宴で、久々に楽しませていただきました。

takuya1.jpg

 

10年の間に披露宴もすごく変化しましたねえ。びっくりしました。

昔は披露宴の余興は歌程度で、新郎新婦の生い立ちなどは単純なアナログのスライドとかでしたが、
披露宴もIT化のおかげで、
二人の生い立ちや、みんなからの祝福のメッセージもうまく編集された歌やナレーション入りの動画が多用され、
キャンドルサービスもミニ鏡開きに変わり、

最後の挨拶の前には、当日の結婚式からの様子がすべて編集されたムービーが流され、
私たちの当日の姿まで見ることができ、退屈のないあっという間の楽しい祝宴でした。

食事も美味しかったし・・・・

 

只今、披露宴ラッシュの秋山先生に最近の披露宴事情を聞くと、
それぞれかなり違っていて、色んな創意工夫がされているらしいです。


新郎新婦の挨拶も気持ちのこもったスピーチは、私も大変感動させられました。
問題があったとすれば、それは私のスピーチぐらいでしょうか?


久々のスピーチですっかり油断していました。


前回のブログの内容はだいたい覚えていたので、それを中心にまとめてしゃべればいけるだろうと思っていました。

司会の女性の方からも時間無制限ですと言われたもので、調子にのってだらだらとしゃべってしまい、
途中で、回りの空気を見て、これはいかんと気がつき適当に終わらせたところ、大切なことをたくさん言い忘れてしまいました。

谷山さんごめんなさい。前から依頼されていたのにちゃんとまとめておくべきで
した。 反省!!!! 少々、凹みました。


『褒めるのわすれてごめんなさい』と彼女に言ったところ

『いつも先生は褒めてくれているからいいですよ』なんて、なんと優しいお言葉!
また何かでフォローするから。

まずは、明日の台風を弱めて、ハワイ行きの飛行機が飛ぶように、念を送っておくからね・・・・

takuya2.jpg

何事も油断は禁物です。大切なことは、何度も何度も練習して仕上げておかなければいけません。

スタッフの皆様、
次回の主賓のスピーチは3分で完璧に決めますので、ご心配なく。

問題は、またその次だよね。僕はすぐ油断するから・・・

 

2014年9月16日
夫婦の関係は、大変難しいものです 『崎本正俊先生』と『たけしの家庭の医学』

 

            
9月14日、サブタイトルが

『患者さんに喜ばれる自分になれる! 楽しく学んで笑顔になれる!
おなじ仕事をするなら感謝されたい!そんなワクワクできる、おもしろいセミナー』

というセミナーに参加してきました。

今年も、月に2回は色々なセミナーへ参加していますが、いつもはあまりこのブログでは報告していません。

しかし、今回はセミナーにはあまり関係のないのですが、お昼休みの食事をしながらの先生のお話が面白かったことと、
『たけしの家庭の医学』の内容が私の中でコラボッてしまったので、少し報告してみたいと思いました。

914-1.jpg   (講師の崎本正俊先生との2ショット)

講師の崎本正俊先生は、メンタルな分野の勉強をされており、今回はそのことを歯科に取り入れるという有意義な内容のセミナーだったのですが、さすがにメンタルの研究者だけあって、お昼休みの喫茶店での食事中も『夫婦間のお話』などで大変私たちを盛り上げてくれました。

そのお話を簡単にまとめると、

914-2.jpg

男という生き物は、基本的に常にお殿様でいたいので、男から見たいい妻とは、二人だけの時は夫に甘え、他人がいる時は夫を立て、夜は激しい。!というものであるらしい。

男の私にはとても納得のいく3項目ですが、これには、参加者の女性の方からは、『1と2は頑張れても、私には3番目は無理かも~』・・・と。やはり普通の日本人はそんなもんでしょう。

妻は子供を生んだら、生むという大きな仕事をきっかけにその瞬間、妻から母親になるが、男は何もしていないので、子供が生まれようが父親としての自覚は全くなく、何も変わらないが、ある日突然何かがきっかけとなり、父親になるタイミングが来る。

父親のことが嫌いな娘はなかなか彼ができない。男性が父親と重なり好きになれない。・・・まあそうかも。

母親が父親のせいで不幸な場合、娘は、母より幸せになったらだめだと無意識に思い、DVする男とばかり付き合い、いつまでたっても幸せになれない。・・・なあるほど!

買い物から帰って夫はダウン。妻は買ってきたものを片付ける元気はあるが、片付けが終わって、その後ダウン。逆にその頃、夫は元気になる。

夫は仕事から帰った瞬間が最もしんどい。しかしそのときに妻はしゃべりたい。

こういう時に、相手も自分と同じだと考えて接することでお互いに不満が生じる。

つまり、それぞれのコンディションをお互いが理解し、相手がしんどいときに、やさしく接することが大切! 

妻が、片付け終わって疲れた時に、コーヒーでも入れてあげなさい・・・。などなど。


セミナー終了後、講師の崎本正俊先生を囲んで、みんなで記念写真。お疲れ様でした。

914-3.jpg


さて、今回の内容をどのくらいの夫婦が実践してうまくいっているのか??

少し前の。『たけしの家庭の医学』と、コラボしてみると面白いと思いました。

まず、『たけしの家庭の医学』でのお話では、経済的に心配さえなければ離婚する妻は、63.8% しない妻は、12.8%

takesi1.jpg    なんと、恐ろしい。男は要注意!

生まれ変わっても今のご主人と結婚したい妻は、たったの4.2% 4人に3人は結婚したくないとのこと。

takesi2.jpg   なんと、悲しい。男は要反省!

ご主人に不満を持っている妻は、96%

takesi3.jpg   なんと、おぞましい。男は猛反省! 


なんという恐ろしいデーターでしょうか!
しかし、一見、男がかわいそうだと思ってしまうが、
よく考えると、幸せな女性がものすごく少ないとも考えられる。

やはりそのことが、この後に紹介される。

夫のストレスで、多くの妻が、 『夫源病』 という病気になっていて、自律神経が暴走し、ホルモンバランスが崩れ、更年期障害の症状のような、めまい耳鳴り、頭痛 が起こっているらしい。

takesi4.jpg   takesi5.jpg

夫が会話中に相手の言ったことを否定することと、一方通行の独りよがりな会話が大きな原因とのこと。

takesi6.jpg   

これを解決するためには、夫婦間の会話は『繰り返し会話術』という、言葉をお互いに繰り返し、自分が受け入れられたと感じることが効果的らしいです。

takesi7.jpg    takesi8.jpg

本当に夫婦の関係は、大変難しいものです。結局は思いやりが大切なのでしょうが、相手のことが理解できていないとそれもできません。

心理学と医学、両方が必要です。


 

では、私の場合はどうなのだろうか?

『不満を持っているか』は、聞いてみるときっと反省材料になるでしょうが、

最初の二つの質問は、恐ろしくて聞くことなんてできません!

でも、少なくとも、『夫源病』 にはなっていないと思うのです。いや、、、なっていないと信じよう!
そして、今日からは、『繰り返し会話術』を実践しなくては・・・・・


セミナーもテレビもとても参考になります。反省させられ、気がつかされ、さあ頑張ろう!と思う。しかしまた同じことを繰り返す。
これが人生なのでしょう。考えさせられます。

 
さて、来月の4日に、林歯科医院の衛生士のTさんの結婚披露宴があります。
今回のネタは当日のスピーチに使えそうですね。

『夫源病』 のあたりのくだりは、参加されている夫婦の方を、ちょっとはらはらさせるからカットするべきか・・・? いやいや、当の二人が主役なのですから、二人の幸せのためなら遠慮禁物。みんな犠牲になりましょう。

参加予定の方で、このブログを読まれた方は、ここだけの話にして、自分だけの楽しみにしておいてくださいよ。

 

さて、PS.ですが、
同じ日の『たけしの家庭の医学』の最後に、ダニ以外に部屋にたくさんいる、大きさ1mmくらいの『チャタテムシ』のことも説明していました。刺さないけど、死骸やフンがアレルゲンになるらしいです。そういえば、古い本とか読んでいたら読んでるページの上を歩いているものがたまにいますよね。きっとそれだと思います。今度見つけたら拡大して観察してみてください。

takesi9.jpg  こんなのが見えるはずです。

 

拡大するとなんと気持ち悪い!     小さいことに感謝しなくてはいけませんね。

 

 

2014年9月 5日
リバウンド報告。お付き合いのお願い。

 
2012年10月14日に書いたブログ『標準体重まであとわずか。8kg減量しましたよ!』
のことを覚えていますでしょうか?
https://www.hayashi-dental.info/blog/cat37/20121014185519.php

2012年6月からダイエットをスタートし、
あのあと、半年経過後の12月で10kg減量。

しかし、2009年5月22日に書いたブログ、 『長生きするのは、やや小太り』というのも思い出す。
https://www.hayashi-dental.info/blog/cat37/20090522141627.php

さすがにちょっとやりすぎかと思い、そこでペースダウン。
少しは美味しい物を食べる量を増やしてもいいだろうと、強い意志が少し崩れる。

『美味しい物をたくさん食べたい』という誘惑はとても強い。
一度ペースダウンすると、さらに少しずつ油断し始める。
するとそのペースダウンが日に日に加速。


回りのみんなが言う。ダイエットは必ずリバウンドする・・・・・と。

やはりそうなのか?

1kgリバウンド・・・・これくらいならまあいいだろう。
2kgリバウンド・・・・これくらいならまあいいだろう。
ペースがゆっくりということもあり、ブレーキがかからない。

そしてついに、5kgリバウンド。でもまだBMIは25未満で標準の範囲内。
でも少し汗のにおいも昔の臭いに戻ってきたかも?
あと2kgで肥満気味へカムバック!

1年3ヶ月、毎日測定している体重のグラフは以下。
君は、『マメだねえ』という声も聞こえるような・・・・

weight.jpg

見事にリバウンドを表している。
しかしなんとかここで抑えたい。最低限このまま横ばいでもまあいい。

また半年くらいして報告しますね。
おそらく、興味のある人は、ほとんどいないでしょうけど、こうでもしないとブレーキがかからないと思うのです。

こんなことに興味を持っていただける感謝すべきわずかな奇特な方々、
末永いお付き合いよろしくお願いいたします。


 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。