兵庫区 歯医者 歯科医院 林歯科医院 ミラクルデンチャー 院長のブログ

2012年4月 1日
6人最後の日

 
今日は、誕生日Weekということで、モザイクの三田屋のお肉を食べに行って、
そのまま、つい『ヒューゴの不思議な発明』という映画を見てきました。
昨年の11月以来の久々の映画鑑賞。
監督は偶然にも11月に見た
『ジョージ・ハリスン/ヴィングリ・イン・ザ・マテリアル・ワールド』と同じ
マーティン・スコセッシ氏

hyugo.jpg 

この映画の中で、心に残った場面は、
少年ヒューゴは、機械人形を直していくのですが、
「この人形の全ての部品は全て目的を持ち、必要とされている」
「この地球が大きな人形としたら、全ての人間は地球の部品であり、全ての人間が何か目的を持って生まれてくる」
という場面でした。

人は目的を失うと、壊れてしまう。
自分の「役目」って何だろうかと考えさせられた感動的な、見てよかったと思える映画でした。


さて、金曜日の勉強会の後、私の誕生会ということで、
スタッフがケーキを用意してくれていました。「みんなありがとう!」
(誕生会につきましては、スタッフのブログをご覧下さい。)


saigono6.jpg

さて、私のケーキに書いてあった「6人最後の日」という言葉。
実は、月曜日から、新しい勤務医の「小酒(こさか)」先生が林歯科医院の一員になり
総勢7名になるので、今日の私の誕生日が6人最後の日ということなのです。
23年間、歯の治療は私ひとりで行ってきたのですが、月曜日から2人になり
私1人でするのも今日で終わりという、複雑な気持ちを朝のミーティングで
私が言った言葉が、ケーキに書いてあったのです。・・・・

なんと、おちゃめなスタッフたち。。。。。。

私も、50歳を越えた頃から、若い歯科医師を育てるという事が使命のような気
がしてきました。しかしなかなか環境が整わなかったのですが、
やっとその時が来たっていう感じです。


さあ、明日から、林歯科医院は新たな展開が始まります。

皆様、これからもよろしくお願いいたします。

 

2012年3月 4日
ステップアップセミナー


3月3日の土曜日は、
歯科衛生士対象のセミナーで有名な、浦野直子先生に、おいでいただき、
林歯科医院の3名の歯科衛生士、谷口、谷山、平崎に対して
林歯科医院のスタッフルームにてマネキンを用いたインスツルメンテーションテクニックの実習をしていただきました。

manekin.jpg

朝の9時から1時半まで、ほとんど休むことなく浦野先生の丁寧な説明を聞いて
みんなとても楽しく真剣に勉強することができました。

setumei.jpg

歯の根元の深い所の歯石を取るのは私でも大変難しいことなのです。、
歯にこびりついた歯石は、普段は歯科衛生士が色々な器具でお掃除していくのですが、
どのようにすればさらに効率的にできるか、
どのようにすればさらに的確にできるかを、
経験豊富なベテランの衛生士さんにアドバイスをもらい、多くの方法を身につけていくことはとても大切なことです。

jisshuu.jpg

今回の実習のおかげで、
患者さんに対してこれまで以上に喜んでいただける施術が出来るようになっていくと思います。

今後も、色々な先生のやり方を取り入れていき、
色々なケースに対してより良い治療を目指していきたいと思います。

 

urano.jpg 

浦野直子先生(ピュアネス)と記念撮影。。

先生、長時間ありがとうございました。

 

院長の感想・・・・ 浦野先生は、親切で的確でわかりやすく、とても素敵な先生でした!   感謝。

 

 

2012年2月14日
歯軋りや、くいしばりが、肩こりや顎関節症、腰痛や眼精疲労の原因となり、歯周病も悪化します

  

またまた今回も、スタッフのブログからの引用・・・・谷山、谷口の勉強会報告です。

-----------------------------


今回の勉強会は全身疾患を知り衛生士に求められる対応とは?
を題材に話し合いました。

歯科医療、口腔ケアに携わる私たちが全身疾患についての理解を深めておく必要があり、かかっている病気のことを知ったうえで接するのと、知らないでどの患者さんにも同じように対応するのでは、歯科処置や衛生指導の効果がぜんぜん違うことが理解できました。
また歯科処置での不十分な感染予防策で、どのようなリスクがあるのかを医療従事者が常に意識していくことが大切だと改めて理解できた勉強会でした。


 谷山        ak.jpg

----------------------------------


今回の勉強会では『臨床で気になった症例』ということで日頃皆さんのお口を見たときの変化について取り上げました。

まずここで大切だと思った点は(力の加わり方)でした。特に歯ぎしりはさまざまな障害を生みます。

毎日無意識に行っているものなので、時間をかけゆっくりと進行していき、その変化に気づきにくいものです。


そこで日頃お掃除させて頂いている私たち歯科衛生士がお口の変化にいち早く気付き、先生に伝え、改善していくことが必要だと改めて感じました。


谷口       emii.jpg


----------------------------------

院長より

先日の「みんなの家庭の医学」という番組で
上の歯と下の歯を接触させるクセ(Tooth Contacting Habit)=TCHは肩こりや顎関節症の原因になるだけでなく、
他にも様々な影響を及ぼすことが説明されていました。

つまり、歯軋りや、くいしばりが、肩こりや顎関節症、腰痛や眼精疲労の原因となり、歯周病も悪化します。

歯軋りや、くいしばりを防ぐためには、「上下の歯が触れたら離す」という条件反射が無意識にできることが必要です。

そのためには、部屋の目に付くところに、「上下の歯が触れたら離す」ということを書いた、たくさんの張り紙をすることが効果的です。

つまり、「上下の歯が触れたら離す」ということを認識する機会を増やすことが重要なのです。

さあ、THCの心当たりがある方は、さっそく目の前のパソコンの画面のそばに
「上下の歯が触れたら離す」という張り紙をしましょう!

 

2012年1月20日
電動歯ブラシについて

今回は、スタッフのブログからの引用・・・・ 平崎の勉強会報告です。 

-----------------------------

 今回の勉強会は電動歯ブラシを再確認しましたニコニコ


最近電動歯ブラシが普及しており使用してる方も多いと思いますニコニコ


しかし、一方では誤って使用していたり、電動歯ブラシ使っているから大丈夫と過信している方も少なくありませんしょぼん



皆さんに確認してもらいたいのが電動歯ブラシの衛生状態です音符


電動歯ブラシはブラシヘッドのみの交換となるため本体は長期にわたり唾液などが付着します。

把持部上部や底部が不衛生になりやすいですあせる

よく水洗洗いし、乾燥させるなどして清潔な状態を保ちましょうにひひ音符

dendou.jpg


今回の勉強会で電動歯ブラシで見落としがちな基礎知識や使用方法を確認できたので今後のTBIで生かしていきたいです(^^)音符


平崎

 

----------------------------------

院長より

電動歯ブラシのブラシ植毛部には、二つのタイプがあり、ほとんどが「ストレートタイプ」ですが、
例外的にブラウンのような「カップタイプ」がある。

どちらを使うにしても、それぞれ当て方に注意しないと有効に使用できません。

また、植毛部の交換の費用が高いので、ついつい長期間使いがちで、交換時期が
遅れて、電動ブラシの効果が低下してしまう。

その他にも色々と、今回の勉強会で、改めて電動ブラシについての認識が高まり
ました。

 

2011年12月30日
「老房」で忘年会

今年の忘年会は、三ノ宮の『ラオファン』で行いました。
今年もまたスタッフが一人増えて、7人での中華料理。

 raofan1.jpg

いつも、1年間を振り返って、みんなで話をするのですが、人数が増えてくると、みんなへの私のメッセージを即座に伝えるのは一苦労。そこで今年は、1年間の感謝の気持ちを込めて、みんなにお手紙を書いて、それをみんなの前で読む事にしました。

そして、私の手紙に一番感動してくれた岡に、スタッフブログに書いてもらう事にしました。

以下、スタッフブログより--------------------

 今日は今年度最終日でしたニコニコ

午前診療を終え、
昼から大掃除を行いピカピカにキラキラキラキラ

大掃除の後は、みんなで三ノ宮へ行き「老房」というお店でキラキラ中華料理キラキラのコースを頂きましたドキドキドキドキ

色んな種類の料理が順番に出て来てボリューム満点でしたニコニコひらめき電球
特に大きくてプリプリの海老が美味しかったですラブラブラブラブ


そして忘年会も終わりに近づいた所で...
なななんとあせるあせる

院長よりスタッフにサプライズが...!!!!
私達スタッフだけでなく奥さんにもサプライズがありました!!!!

それは...
一人一人に手紙を書いて下さいましたドキドキ

あまりの感動と嬉しさで涙が出る場面もありました音符音符(笑)
院長ありがとうございましたニコニコキラキラ


来年は、頑張る事の楽しさを見つけながら、さらに大きな目標に向かい、前進していく林歯科医院を全員で協力し合い、つくりあげていきたいと思いましたニコニコひらめき電球


raofan2.jpg 

 

2011年12月26日
「大阪歯科衛生士講習会」で学んだ事

 今回は、スタッフのブログからの引用・・・・ 受付助手の岡からのセミナー報告です。 

-----------------------------

 今日26日の勉強会では、12月9日に長瀬と一緒に参加した「大阪歯科衛生士講習会」で学んだ事について発表しました。


その内容とは、
①インプラントの基礎知識②審美補綴物のメンテナンスについてです。


インプラントと審美補綴物、両方に関して言える事は治療後のメンテナンスがとても重要であることです。
無理のないよう、定期的に歯の清掃を行い、 歯ブラシの当て方を再確認する必要があります。

そして歯の全体を診ることにより、何か不具合が起きていないか、噛み合わせに問題はないか、隙間から虫歯になっていないかなど早期発見に気付く事が出来ます。

補綴物が綺麗に入って満足し、歯磨き不足になる患者さんが多くいらっしゃいます。しかし、満足するだけではなく、その歯をいかに健康で長く維持することが重要であるかお互いに常に心掛けることが大切であるということを学びました。

話は変わりますが…
勉強会の後に…

サプライズケーキがありましたニコニコ音符

そうなんです。昨日は私の誕生日でしたキラキラ

院長始めスタッフみなさんにお祝いをして頂きましたドキドキ
本当にありがとうございました!!!!

とても嬉しく幸せでしたニコニコ音符

okacake.jpg

----------------------------------

院長より

彼女の誕生日は、なんと12月25日。クリスマスが誕生日なので、小さいときからクリスマスが優先され、誕生日は省略されてきたようです。・・・・かわいそう!

今年から林歯科では、クリスマス会を省略して、誕生会が優先です。

 

2011年12月25日
第1回D1歯科甲子園グランプリの1回目覆面調査結果

yosenkekka.png

 

第1回D1歯科甲子園グランプリの1回目覆面調査の暫定順位が発表されていたよ
うです。

http;//dental-1.jp/result.html    (サイトをダウンロードした画像です)

なんと50点満点中、49点といういい評価をいただきました。

このグランプリは、患者さんのふりをした調査員が、予約の電話応対の段階から
こちらのスタッフの評価をしていくことから始まり、
来院された時の、受付の応対、待合室の整理整頓、診療室への案内、スタッフの診療についての説明
そして、院長の私が明るく応対したかどうかまで細かく採点され、50点満点で評価されます。
その日のすべての調査が終わった時点で、覆面調査だったことが明かされ、
後日、結果が公表されるという仕組みです。


実際のところ、日本中の意識の高い多くの歯科医院が参加しているので
入賞などはとても難しいと思っています。

ただ、私は、このグランプリに参加することで、少しでもスタッフ全員が患者さ
んに快く対応することへの意識が高まればそれでいいと思って参加しました。


ところが、先月11月に行われた、1回目覆面調査の結果の発表を見ると、・・・

http;//dental-1.jp/result.html   

なんと12位!

 

あと1点で、1位だったという、とても嬉しい評価をいただきました。
いつものように、普通に応対した結果なのでとても嬉しいです。


ほとんどがスタッフに対する評価なので
正直言って、林歯科医院のスタッフがこんなに優秀だったことに感動しました。
このことだけでも、この企画に参加してよかったと思います。


あと2回、覆面調査がありますが、これからはいつものように気楽に応対して
すべての患者さんに、明るく接していきたいと思います。

 

 

   

 

2011年12月18日
GC友の会の『大阪歯科衛生士講演会』に参加してきました

今回も、スタッフのブログからの引用・・・・ 受付助手の長瀬からのセミナー報告です。 

-----------------------------

12月4日に大阪歯科衛生士講演会に参加してきました。

 seminar1205.jpg


4人の現役歯科衛生士さんが歯周病治療やホワイトニング、インプラントや審美補綴物のメンテナンスについて体験を交えながらお話をして下さいました。


金曜日のお昼のミーティングでは、その内容から歯周病治療とホワイトニングを勉強会のテーマに取り上げ、学んだ事についてスタッフで話し合いましたキラキラ


まず歯周病ですが
初期のうちは免疫力が低下した時に歯肉に炎症が出る事があるので、歯肉の病気と思われがちですが歯を支える大事な骨を溶かしてしまう病気です。

気付かない間に進行してしまうので、早い段階での予防の大切さを改めて感じました。


またホワイトニングについても、単に歯を白くするだけでなく
白さを保つ為に意識が高まる事で清潔な口腔内を保つ事ができます。


今回の講演会で基本的な内容や、歯科衛生士さんの患者様への熱い想いを聞くことができ、とても良い時間を過ごす事ができましたニコニコひらめき電球


長瀬

----------------------------------

院長より

今回は、4つの内容の盛りだくさんのセミナーに、岡と2人で行ってもらいました。
受付助手が、診療内容を勉強することで患者さんを理解できることは大切です。
また衛生士や私も細かいところの再確認ができてよかったです。

残りのネタは次回、岡が報告してくれる予定です。

長瀬さん、ご苦労様でした。

 

2011年12月13日
『口腔機能向上セミナー』を受講してきました。・・・セミナー報告

今回は、スタッフのブログからの引用・・・・ 歯科衛生士の谷口、受付の岡からのセミナー報告です。 

-----------------------------

歯科衛生士の谷口

 emi11.jpg

先月の27日、ジーシー 大阪支店セミナールームで
『口腔機能向上セミナー』を受講してきました。 
 


静岡県の米山歯科クリニックの、杉山 総子 先生のお話で、

まず『食べる、話す』時の基本を学び、普段何気なくしていることですが、
舌や頬の筋肉、または歯などを使わなければならないことを知りました。

麻痺などで舌や頬が動かない、
歯が抜け噛み合わせが揃わないなど一つでも欠けると
上手く食べられない、または話せなくなります。

そのなかで私たちができることは、失った歯を回復させたり、
自分自身でお掃除できなくなった方へのケア、
または動きにくくなった機能へのリハビリ用マッサージなどたくさんあることに
気づきました。


皆さんも一度食べること、話すことができる幸せを考えてみてください。

これからも色々なケースで、みなさんのお役にたてるように勉強していきます。

----------------------------------

院長より

今回の報告で面白かったのは、紙コップの口をつける反対側に三角の切れ込みを入れるだけで、頭を上に向けることなくコップの中の水を飲めるということでした。

ちょっとした工夫でお年寄りの方の日常の助けになる事があり、健康な私達には見落としがちなことに意識を向ける事ができました。

今後しだいに介護に歯科医療がかかわっていくことが多くなると思われます。そういう意味でも今回のセミナーは大変有意義だったと思います。

谷口さん、ご苦労様でした。

-----------------------------

アシスタントの岡

今日は兵庫県保険医協会歯科部会による、初級歯科助手講座に参加してきました。

歯に関する基礎知識を始め診療・治療の流れを学びました。
また、院内感染対策の基礎知識、患者接遇とコミュニケーションについても学びました。

コミュニケーションとは…形のないものを形にして伝えること。
コミュニケーションを図る際、表情が果たす役割がとても重要であることが改めて実感しました。

今受付の勉強をさせて頂いていますが、今日学んだコミュニケーション能力を生かしながら皆様に応対していきたいと思います。

なんと、講座の最後に修了証書を頂きました。
嬉しかったです音符音符

----------------------------------

院長より 

林歯科医院では、経験の浅いスタッフも、そのレベルに応じた講習会に参加してもらっています。

勉強する楽しさや、知識が増える喜びを感じることがとても大切だと思っています。

スタッフのセミナーの報告を聞くのは、私にとっては幸せを感じるひと時です。 

  oka2.jpg

2011年12月 6日
『歯科甲子園D−1グランプリ』という大会にエントリーしてみました

患者様満足度ナンバー1を決める
『歯科甲子園D−1グランプリ』という大会にエントリーしてみました。

d1.png

 

「居酒屋甲子園」などのような、歯科医院版です。

日本の中でも、とても前向きな歯科医院が集まっているようです。

参加することで、私を初め、スタッフ全員が、
患者さんに対する接遇についての意識が高まるのはとてもいいことなので
順位などにはこだわらず、チャレンジしてみました。


これからも色々なことを経験して、より良い医院にしていきたいと思っています。

     http://dental-1.jp/

でもやっぱり、結果は楽しみですね。!・・・・・・

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。