スタッフブログ

2019年3月30日
妊婦期に現れる身体、口腔内の変化

  

妊婦期に現れる身体、口腔内の変化について調べました。
 
女性は妊娠するとホルモンバランスが崩れ、身体や精神面でも変化が見られるようになります。
妊娠の特徴的な口腔症状の一つに妊娠性歯肉炎がありますが、それが重症化すると炎症性のサイトカインが生成されますが、このサイトカインにはプロスタグランディンという子宮収縮物質の産生を促進する性質があります。
 
これにより胎盤の早期剥離を起こしてしまったり、炎症の程度によっては歯周病原菌がそのまま血流をかいして胎盤へ移行し、胎児の発育不良や低体重児出産などを引き起こす可能性もあります。
そのためしっかりとケアをしていく必要があります。
 
◎妊娠時の口腔内の変化
 
  ・炎症症状のが過剰に起こる傾向
  ・唾液の粘稠性が増し分泌量が減る
  ・口腔内pHの低下や抗菌作用、自浄作用の低下
  ・不快感による清掃不良、食生活の偏り
 
   などにより、炎症や虫歯のリスクが上がります。
 
昔は赤ちゃんの成長で母体のカルシウムがとられるのと同時に歯からもカルシウムが失われ、弱ってくると言われていましたが、一度形成された歯から血中にカルシウムごと出て行く事はありません。失われる最大の原因は口腔細菌が関与してきます。
 
◎つわり期の歯磨きのポイント!
 
    ・1日のうちでつわりが軽く、体調の良い時間帯を、選ぶ。
    ・ブクブクうがいを十分に行う
    ・歯磨剤を使わない
    ・歯ブラシのヘッドの小さいものを選び、顔を下にして磨く
    ・キシリトールガムを噛む
 
つわりの症状が酷い方は一度試してみて下さい。
 
 
いずれにせよ、産まれてくる赤ちゃんの為にお口の中の環境を整えておくことが大切です。
出来れば妊娠前から定期的にお掃除などをしておき、お母さんも赤ちゃんも安心して過ごせるようにしましょうね。
 

 

resize0635.jpg

                               Koreeda 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/2953

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。