スタッフブログ

2020年7月18日
全身状態の観察ポイント

近ごろ、全身状態になんらかの問題を持ちながらも歯科に訪れる患者さんが増えてきています。

 

今回は全身状態の観察ポイントについて調べました。

 

●観察ポイント●

その①『歩行 歩行速度 姿勢』

診療室に入ってきたときの歩き方、ユニットへの動作をチェックします。

身体の動かし方は、全身の運動機能、ADL(日常生活動作)がかかわってきます。

足どり、うつむき加減からは、患者さんの不安や緊張などをうかがうことが可能です。

 

その②『体型』

極端に太っている人は、メタボリックシンドロームの可能性を考えます。睡眠時無呼吸症候群と口呼吸との関連もあります。極端に痩せている人は栄養状態の問題や、※フレイルの可能性が考えられます。

※フレイル  :  高齢になることで、筋力や活動性、精神面が衰えてくる虚弱状態

 

その③『顔貌.顔色』

全身疾患や全身状態の異常が顔貌、顔色に影響を及ぼす場合があります。

それらの可能性を考えて患者さんに対応していくことが大切です。

・満月様顔貌

ステロイド薬の長期服用、自己免疫疾患など

・むくみ

腎機能障害、心不全、甲状腺機能低下症

・黄色

肝機能障害、胆嚢、膵臓の病気など

・発疹、疱疹

ウイルス性疾患、アレルギー性疾患など

・眼球突出

バセドウ病など

・アトピー

アレルギー性疾患など

・赤ら顔

高血圧症、発熱、多血症

・チアノーゼ

呼吸器疾患、先天性心疾患

・蒼白

貧血など

 

その④『全身疾患が疑われる口腔、顔面周囲』

・舌の乾燥や萎縮

シェーグレン症候群、鉄欠乏貧血、悪性貧血

・歯肉増殖

歯周疾患だけでなく、高血圧症の患者さんが服用する降圧剤(カルシウム拮抗剤)の副作用としてみられることがあります。

高血圧治療薬のうちカルシウム拮抗薬(商品名:ニフェジピン、アダラート、アムロジンなど)降圧剤以外にも抗てんかん薬のフェニトイン(商品名:アレビアチン、ヒダントールなど)などもあります。

・耳たぶの皺

顔面周囲の変化、特徴からも全身疾患の可能性を予測できるケースもある。耳たぶのシワは動脈硬化症疾患との関連が指摘されています→Frank兆候

・バチ状指

先天性心疾患にみられます。

・頸部の腫脹

甲状腺疾患にみられます。

・クモ状血管腫

胸や肩のクモ状血管腫の存在からはウイルス性肝炎や肝硬変を疑います。

 

われわれ歯科衛生士も、歯や歯周組織だけでなく、全身状態や全身疾患について把握し、口腔の状態と全身の状態とを関連づけながら、それぞれの状態に合わせた安全な口腔健康管理を進めていくことが大切です。

 

日頃から患者さんを細かく観察し、少しの変化にも気が付ける衛生士になれるよう頑張ります(^^)

 

 resize1139.jpg

Kajimoto 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/3177

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。