スタッフブログ

2020年5月31日
免疫と歯科の関係

今回は免疫について勉強しました。

今、世界で流行している新型コロナウイルス、さらに歯周炎や、う蝕、歯髄炎のような口腔の疾患も、感染症であるかぎり、その発症のプロセスには免疫が必ずかかわっています。

免疫とは、体内に入ってきた病原体を追い出すためのしくみです。
私たちの身体のなかでは、免疫にかかわる多くの細胞たちが協力しながら病原体を追い出しています。

鼻水や咳、汗、涙などにより病原体を洗い流したり、殺菌、抗菌物質を分泌して身体を守るしくみを自然免疫といいます。

しかし、病原体のなかにはこのような防御に打ち勝って体内に入り込むものもでてきます。病原体が体内に入ってきた時には、抗体を産生して攻撃します。これを獲得免疫といいます。

TVや雑誌などで、免疫力を高めて病気にかからない強い身体をつくるといったテーマでさまざまな情報が提供されていますが、実際にできるのでしょうか。


たしかに体内に免疫機構がなければ病原体を攻撃することはできませんから、免疫機構がある方が病気にかかりにくいことは明らかです。しかし、体内に侵入しようとする全ての病原体を侵入前に排除することは不可能です。


つまり、病気とは免疫にかかわる細胞や物質による個々の反応の過程や結果であり、免疫力が高ければ病気にかからない、○○を食べれば免疫力アップして病気を防げるといった単純なしくみではないのです。


しかし、免疫は身体の機能の一部ですから、ストレスを減らす、十分な栄養と休養をとる、規則正しい生活をするといった心身の健康を維持すること自体が、その人のもつ免疫機構を最大限に機能させることにつながるといえるでしょう。

次に、免疫と歯科の関係です。


体内に入ってきた病原体を食べた細胞が、サイトカインという物質を使って免疫にかかわる細胞たちを呼び寄せ、病原体を排除する働きが始まります。
しかし、このサイトカインという物質によって歯肉の発赤、腫脹をはじめとする炎症が起こることから、炎症性サイトカインともよばれます
さらにサイトカインは、破骨細胞の前駆細胞を破骨細胞へと分化させる作用をもちます。こうして生まれた破骨細胞は骨吸収を促します。

 

つまり、身体を守るために起こる免疫の作用によって使われるサイトカインが、逆に歯肉に炎症を起こさせたり、歯を支える骨を吸収するという働きまで起こしてしまうのです。

今回の勉強会で、身体を守る免疫という作用が、口腔内にとって、良くも悪くも働くという事を知りました。

                   

 resize0920.jpg

       Miura 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/3168

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。