神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > スタッフブログ > 痛み止めを飲むと胃の調子が悪くなる原因

スタッフブログ

2020年5月30日
痛み止めを飲むと胃の調子が悪くなる原因

 私は今回の勉強会で「痛み止めを飲むと胃の調子が悪くなってしまう原因」について調べました。

歯が痛くなったり、頭やお腹が痛くなった時に痛み止めを飲んで胃が痛くなったことはありませんか?

「胃」の食物を溶かす強力な胃酸は強い酸性で、タンパク質を分解する酵素ペプシンが含まれています。

強力な胃酸が「胃」自身を溶かさないのは、胃の表面から分泌される粘液が胃の粘膜を保護しているからです。

肉類や魚介類から摂取されるアラキドン酸から作られる「プロスタグランジン」という物質も胃の粘膜を保護してくれる役割を持っています。
ですが、その「プロスタグランジン」は歯の痛みや腹痛、頭痛の痛みの原因でもあるのです。

痛みの病原体などが全身へ拡大しないように炎症反応を起こし、痛み・熱・腫れなどの症状が出ます。
痛みは知覚神経という陣形を通って脳に伝わり「痛い」という感覚が生じるのです。

なぜ痛み止めを服用すると胃が荒れるかというと、

痛み止めを服用すると、胃粘膜保護に働いている「プロスタグランジン」が作られなくなり胃が荒れる原因となるのです。

もう1つの原因は空腹時に痛み止めを服用すると、胃が食べ物と勘違いして胃酸を分泌させ胃が荒れるので、痛み止めを飲む時は何かを口にしてから飲むようにしましょう。

ほとんどの痛み止めがこうして胃粘膜保護の「プロスタグランジン」の働きを抑制させてしまいますが、カロナール(アセトアミノフェン)という痛み止めはその働きを抑制するのではなく、脳の神経に作用し熱を下げたり、痛みを抑えたりする働きがあるので胃に優しいと言われています。

痛み止めの種類は様々です。身体に合わない方もいらっしゃるかと思うので、医者や薬剤師さんと相談し痛み止めを服用するようにしてください。

 

 resize1133.jpg

                               MORI

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/3167

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。