スタッフブログ

2020年2月23日
歯科治療の偶発症

歯科治療の偶発症


歯科治療を受ける時には、麻酔を使うことがよくあります。
その時に、気分が悪くなったりする場合の事を説明します。


 
1)神経性ショック


緊張と痛みにより、顔面蒼白、冷や汗、徐脈、血圧低下、意識消失などが起こるます。大抵の場合、横になり、ゆっくりしていれば回復します。


 2)過換気症候群


40歳以下の女性に多く、きっかけは神経性ショックと似ており、極度の不安や緊張、恐怖などで過換気を発症します。過呼吸以外に、口唇周囲・手足のしびれ、手足の硬直、けいれん、また、頻脈、不整脈、胸が苦しい、腹痛などです。怖いのは症状の増悪に伴って恐怖感が増して、このまま死ぬのではと思い、過呼吸がひどくなる事です。対処は、ゆっくりと呼吸することです。


 3)麻酔中毒


麻酔薬が血管内に入るなどして、血中濃度が高くなる場合があります。症状は、興奮、多弁、めまい、頭痛、耳鳴り、顔面紅潮、などです。酸素投与と安静、また鎮静薬の投与です。


 
4)アレルギー

アレルギーは急激な速度で重篤なものから、ゆっくりと症状が出現する場合があります。顔面から胸部にかけて紅斑、蕁麻疹、血管浮腫、吐気、嘔吐、頭痛、胸痛、呼吸困難などです。エピペンという注射、場合によってはAEDの装着、救急車の要請です。


他にも、高血圧など持病のコントロールできてない時、風邪などで発熱時、体調不良の時は、治療の内容によっては別の日に治療をした方がいいかもしれないです。

 

makihira2.jpg

           MAKIHIRA

 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/3121

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。