神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > スタッフブログ > こどものむし歯の主犯はミュータンスレンサ球菌

スタッフブログ

2018年12月26日
こどものむし歯の主犯はミュータンスレンサ球菌

こどものむし歯~細菌編~


こどものむし歯の主犯はミュータンスレンサ球菌

今日はこのミュータンスレンサ球菌についてお話しします。

特徴その① 糖から酸を産生する

ミュータンス菌は口腔レンサ球菌の一種です。
口腔に常在するレンサ球菌に共通する性質は糖を取り込んで乳酸などの有機酸を産生する事です。
 
     虫歯とは酸により歯が溶かされることです。

しかし微生物が有機酸を産生すること自体は悪いことではありません!!
酸が口腔環境のpHを低下させることにより歯周病菌をはじめとする多くの腐敗菌の増殖が抑えられるのです。
 
特徴その② 不溶性グルカンを合成する

先ほど、有機酸の産生自体は悪いことではないと述べましたが、
ミュータンスレンサ球菌が虫歯菌と言われる理由は、この菌が砂糖(スクロース)から粘着性のある「不溶性グルカン」というものを形成する能力があることです。
不溶性で粘着性のあるグルカンにより有機酸が唾液中に拡散せず、グルカンの中に閉じ込められるため、局所的に極端なpHの低下がおこります。

この現象が歯の表面でおこる初期虫歯を発症するのです!!


むし歯のしくみとスクロース(ショ糖)のかかわり

スクロースは砂糖の主成分です!
グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)という2つの糖が合わさったもの

①まず、砂糖(スクロース)が摂取されると
 ミュータンス菌が産み出す酵素によりグルコースとフルクトースに分解されます。

②そして酵素がグルコースを繋げていき、グルカンを作り出します。
グルカンが形成されると歯面に強く付着します

その周りに細菌が集まり、酸を産生します

こうして虫歯が産まれるのです。


虫歯をつくらないためにも砂糖の摂取量には気をつけてくださいね(  ∩^∀^)

特にダラダラ食べには要注意です!!

resize1139.jpg

Kajimoto

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/2893

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。