神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > スタッフブログ > ハローこどもファミリー歯科見学レポ ③

スタッフブログ

2017年12月28日
ハローこどもファミリー歯科見学レポ ③

 

今まで小児歯科と言えば『子供たちが泣き叫び、押させつけ、無理矢理治療を行う所』という概念がありました。

実際、泣く子どもにタオルを巻きつけたり、手足を押さえてドクターが手を噛まれ血が出ても治療を行うというのを聞いたこともあります。
ところがそわ先生の小児歯科は全く違う空間でした。
治療台にも率先して自ら座り、子どもとスタッフやドクターとの会話が多くあり「笑顔な小児歯科」と感じました。

歯科の治療はどうしても後追い治療になりがちです。虫歯になってからそれを治す...
うちの歯科ではそうならないように予防歯科に力を入れておりますが、小児歯科ならではの成長を利用し、舌の癖、呼吸、歯の並びなどを矯正するMRCというシステムを活用しており、そのトレーニング法などがとても面白かったです。

口呼吸から鼻呼吸に変えるために、舌癖を治すことはもちろん、座り方や姿勢などのトレーニングも積極的に行っておりました。
子どもが歯医者は嫌なところ!ではなく楽しくきれいにするところだと感じてもらえる工夫が沢山ありました。そのように子どもさんが通いやすい歯科医院作りをしていきたいと思いました。
 

resize0995.jpg

     Shumeker

 


院内はあらゆる所に子どもが喜ぶような工夫がされており、大人の私たちでもワクワクしてしまいました。

今までいくつもの診療所をみてきましたが、こんな歯科医院は初めてです。
もっと前から知っていれば、自分の子ども達を通わせたいと思える歯科医院です。

診療を見学させていただいて一番印象に残っているのは、マウスピース型の矯正装置をつけた患者を対象とした舌や口唇の筋肉のトレーニングです。
成長途中の子どもの骨は大人の骨と違ってまだ柔らかく、口のまわりの筋肉のバランスで歯並びやかみ合わせがかわってきます。

例えば、頬杖をつくと顎の骨が変形する、指しゃぶりをすると前歯が出る、うつ伏せで寝ると顎の成長の妨げになる・・など、普段の何気ないクセや生活習慣が大きな影響をおよぼす可能性があるのです。

舌の位置も理想的なスポットがあります。
それをお子さんに説明しながら一緒に実践していくというとても興味深いトレーニングでした。
是非私もしっかり勉強して林歯科に通っているお子さんたちとトレーニングしていきたいと思います。

resize0920.jpg

       Miura 

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1546

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。