スタッフブログ

2015年9月 3日
骨粗しょう症のお薬と顎骨壊死

 

こんにちは。勤務医の秋山です。

今回の勉強会では骨粗しょう症の薬と顎骨壊死についてみんなで勉強しました。

骨粗しょう症や癌の骨転移により、骨がもろくなり、骨折しやすくなりますよね。

それを予防するために、ビスフォスフォネート製剤というお薬を飲まれている方も多いではないでしょうか。

このビスフォスフォネート製剤を飲んでいる方で、抜歯などの歯科治療がきっかけとなり、顎の骨が腐るという顎骨壊死を起こすことがあるんです。

 ここまで読んで、心配になった方もいるかもしれませんが、顎骨壊死が起こるかどうかの可能性はどちらかというと低いので、抜歯しても問題ないことも多いのです。

その起こる可能性はビスフォスフォネート製剤を長く飲まれれば、飲まれるほど上がりますし、ビスフォスフォネート製剤に加えステロイド製剤を飲んでいる方や喫煙されている方、糖尿病の方ではリスクは上がります。

 確実に顎骨壊死を予防するには、やはりビスフォスフォネート製剤を飲まれる前に歯科医院で口腔内検診を受けることが一番ですね。

抜かないといけない歯があれば薬を飲むまでに抜いたほうがいいですし、口腔内清掃により、口腔内の細菌が減って、顎骨壊死が起こるリスク自体を下げることができます。

 また、たとえ顎骨壊死が起きても、早期発見であれば、抗生剤や消毒でもよくなることが多いのです。そのためにも定期的に来院することが大切ですね。


resize0374.jpg                 秋山

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1201

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。