神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > スタッフブログ > 10月19日の日本歯周病学会に谷山・橋本が参加させていただきました

スタッフブログ

2014年11月16日
10月19日の日本歯周病学会に谷山・橋本が参加させていただきました

 

  


10月19日に日本歯周病学会が神戸で開催されました。

 

今回は谷山・橋本が参加させていただきました。

20141017.jpg


歯周病の治療として最先端の歯周外科治療の講演や歯科衛生士が行うメンテナンスの講演など、とても勉強になる講演ばかりでした。

その中で今回はメンテナンス時における炎症と力の話という講演を勉強会で発表させていただきました。

林歯科医院でも行っているメンテナンスの中で特に歯周ポケットの深い所に行うメンテナンスをSPTと言います。
これはSRPという歯茎の中の歯石や歯周病菌によって悪くなったセメント質を取る作業の後に行われるもので、歯周ポケットの安定を測ります。
そのSPTの時に大切なことがそこの歯茎の炎症と噛み合わせを診るということです。

まず歯茎の炎症はいくら歯茎の中の歯石を取ったからといって歯茎の上の部分に歯垢などの汚れが付いていると炎症は引きません。
そのため歯医者でのメンテナンスで歯石を取るのも大切なのですが、家での歯磨きも大切になるのです。

しかし歯磨きは自分でどこが磨けていないのか分かりにくいのでメンテナンスのときに歯磨き指導を受けることで苦手な部分も磨けるようになります。

次に噛み合わせは極端に噛み合わせが当たっている所は歯周病を悪くする要因になってしまうのです。
そのため極端に強く当たっている所は噛み合わせを調整することによって歯周病の悪化を防ぎます。

でも噛み合わせを調整しすぎるとかえって他の所に強く当たってしまう所が出てきてしまうので慎重に調整することがポイントとなります。

このように歯周病の方のメンテナンスもいろんな角度から診て行うということを学べた講演でした。

 

                              Hashimoto

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1072

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。