林歯科医院

電話受付時間
9:00~17:30
(休診:土・日・祝)

Q、歯ぎしりで歯がすり減って、知覚過敏が酷いです。   20代 男性 190824


Q、長年の歯ぎしりで歯がすり減って、知覚過敏が酷いです。

マウスピースはずっと使ってますが、フルーツや酸味のあるものが全く食べれないほど、痛いです。

普通の食事ができる何か良い治療方法はないでしょうか?


A,メールでのお問い合わせありがとうございます。
  林歯科医院の林です。

実際に診察しないと言い切れませんが、おそらく痛い歯は被せ物を作ることになると思います。

その場合、かなり歯が磨り減っていれば、歯の中の神経をとる必要があるかもしれません。

神経をとって、被せずに、プラスチックを詰めて終われる場合もあります。

磨り減り方が軽度の場合は、詰めるだけでいい場合もあります。

治療終了後は、改めてマウスピースを作る必要があると思います。

参考になりましたでしょうか?

-----------------------------------------------
お返事をいただきました

早速のお返事ありがとうございます。

近所のかかりつけ歯科で以前そのように聞いたところ
積極的には勧められない、たまに塗布剤を使用することと、マウスピースで様子見と言われました。

大阪の通ってる大学の近くの歯科も歯切れの悪い感じで、誤魔化されたようです。

この反応は、なぜでしょう?
同業者として想像出来る範囲で感じられる事を教えて下さい。


A,おそらく誤魔化しているのではないと思います。
歯の神経を取ると、その歯は弱くなり寿命はちじまります。
私は実際に診ることなくお返事しました。
歯の磨り減り方を見ていません。

見た目がおかしいようでしたら、先日のお答えのとおりですが、そうでもなければそちらのかかりつけの先生のお答えは、歯を守りたいというお気持ちでの答えだと思います。

できるだけ神経はとりたくありません。

塗布剤を使用して痛みを緩和し、マウスピースで噛む力を緩和して、様子をみるのも一つの方法です。


 

林歯科医院について

診療科目

診療時間

9:0013:00
14:0017:30
最終受付時間 午前 12:40まで 午後 17:10まで 電話受付時間 9:00~17:30 (休診:土・日・祝)