林歯科医院

電話受付時間
9:00~17:30
(休診:土・日・祝)

治療方針・理念

わかりやすく丁寧な説明

患者様とのコミュニケーション

まずスタッフと共にアットホームな雰囲気で問題点をお聞きします。

そして、なぜ今のような状況になったのかを一緒に考えることが大切です。

診療に対する情報を提供します。

実際に見たほうがよくわかる場合は「口腔内カメラ」を用い、ご自分の歯を実際に見て頂き、治療説明を行っております。

患者さんへの充分な説明

これにより、現在の歯や歯肉の状態及び治療の必要性を把握して頂き、本当に理解、納得して頂いてから安心して治療を受けて頂くことが出来ます。

相談の基での治療

治療が必要になった場合は、保険でできるいくつかの方法を提示します。そして必要あれば最先端の技術も提示します。よく考えたうえで、ごいっしょに治療方法を決定していきます。

椅子に座らされて、何も意見を求められずに治療が終わり、自分のお口の中の状態がわからない、ということはありません。

自分がしてほしい治療を!

「自分が治療される側だったらどうだろう?」という気持ちで患者様に接することを基本の姿勢としています。

こんな歯科医院を目指します

林歯科医院アットホームな雰囲気の医院(張り紙や手作りのものはスタッフの趣味です)

●できるだけ痛くなく、リラックスできて、予約時間を守る医院

●歯医者の苦手なお子様から大人の方まで不安や緊張感を与えない医院

●院長、スタッフと患者様との距離が近い医院

●虫歯や入れ歯の治療はもちろん、歯石除去・歯のクリーニングやホワイトニングにも安心して気軽に足を向けたくなる医院

●継続して予防のために来院してくださる医院。(多くの方が何年も通われています)

これまでのような、「痛い」「怖い」「行きたくない」というイメージの歯科医院ではなく、笑顔と笑い声が絶えない、患者様が喜んで、楽しく、行きたくなる歯科医院を目指しています。

頻繁に講習会や学会に出席

 講習会や学会に参加すると、時々以下のようなサーティフィケートがもらえることがあります。

日本口腔インプラント学会での発表(北海道)
かにくい猿を用いたインプラントの実験について発表しました。

国際インプラント学会での発表 (サンディエゴ)
インプラントの表面構造の電子顕微鏡での分析結果について発表しました。

ITIインプラントセミナー参加 
ITIインプラントセミナー参加。1986年

歯科鍼灸教育会セミナー受講 
顎関節症に用いる針治療を学びました。

ホワイトニングセミナー受講
ホワイトニングは常に進化しています。

ムーシールドセミナー受講 
子供の受口を簡単に治すことができます。

顎咬合学会参加
今は噛み合わせは姿勢に関係することがわかってきました。

歯周病学会参加
結局予防が一番大切です。

ジンマーインプラントプログラムセミナー
インプラテックス社のセミナーです。

国際インプラント学会参加(大阪)
国際インプラント学会が大阪で行われました。この時に、ロマリンダ大学のドクタージェームスのホテルの部屋で留学のお願いをしたのですが、残念ながら実現できませんでした。懐かしい思い出です。

SJCD歯科補綴 アドバンスコース受講
1年間のコースで、120万円の受講料が必要でした。

ノーベルバイオケアーインプラント
セミナー受講

最も信頼できると言われているインプラントです。

ボーンフィットインプラントセミナー受講
今は、これとほぼ同じ形のものが日本でも生産されるようになってきました。

スリーミックスアドバンスコース受講
色々な部分で治療に取り入れています。

マグネットデンチャーセミナー受講
磁石でひっつける入れ歯です。

エンドドンティックスセミナー受講
歯の根の治療についてのセミナーです

歯科用CO2レーザーセミナー受講
CO2レーザーについてのセミナーです

プラトンインプラント
オステオプレッシャーセミナー受講

骨が少ない所にインプラントを入れる方法のセミナーです。

日本歯科医師会学術研修認定書
日本歯科医師会主催のセミナーに規定回数参加すると認定されます

医療安全に関する研修会
①偶発症に対する緊急時の対応及び感染症対策 ②医療事故について

NV半導体レーザー認定
歯周病に効果的なレーザーです

医療安全管理対策研究会
iryoanzen.jpg

Ken'sホワイトニングセミナー
monstar.jpg

プラズマレーザー研究会 
plasma.jpg

アソアライナー (マウスピース矯正治療)

asoaligner.jpg

 拡大

 レシプロック根管治療

reciproc.jpg

 

MRC マイオブレイス

myobraces.jpg

 

                             RECIPROC2

 reciproc2.jpg

 

 

長年の経験から思うこと

当医院は、1988年に開業し、これまで20年以上歯科治療にたずさわってきました。

長年治療をしていると色々な発見があります。

極端な例を挙げると、20年前に被せた物がいまだに悪くならずに無事に残っている人。

それとは逆に10年前は自分の歯が全部残っていたのに、今は残念ながらほとんどの歯がなくなり入れ歯になってしまった人。
そして80歳になった今でも、時々歯石を取りに来院され、ほとんどの歯が残っている人。
歯槽膿漏でかなり弱っている歯でも、連結したり噛み合わせのバランスの調整で予想以上にもった人。
一生懸命歯を磨いているのに、歯槽膿漏が進んでいく人。

...いったい何が違うのでしょうか??

被せる物や施術法の違いや噛み合わせ。治療が完了した後の予防や定期健診の意義。

歯ブラシの使い方の違い。その人の免疫力の違いや食生活や喫煙の有無など、

...いくつかのポイントがあります。

それと、噛みあわせに姿勢が大きく影響していることもわかってきました。

以前は噛みあわせの異常の場合には、噛みあわせの調整を中心に行ってきましたが、最近は歯をさわる前にまず姿勢の調整を行っています。

顎関節症のような複雑な症状でも歯をさわらなくても不思議なくらい簡単に治ってしまうこともあるのです。

林歯科医院では、日頃より長年の経験に、このような新しい考え方も取り入れ、すぐに歯を削るだけではなく、体とのバランスにも関心を持ち、いくつかの治療方法の中から患者様と相談の元で的確な方針をたて、治療後の経過を予測し、患者さん一人一人に、ていねいな説明を行い、できる限りリラックスできる安全で適切な処置を行なうことを目指しています。

林歯科医院について

診療科目

診療時間

9:0013:00
14:0017:30
最終受付時間 午前 12:40まで 午後 17:10まで 電話受付時間 9:00~17:30 (休診:土・日・祝)