歯の着色について



まず着色ができるメカニズムですが、歯の表面に存在するカルシウムがペリクルと呼ばれるものを吸着させるところから始まると言われています。


ペリクルというのは歯ブラシで簡単に除去でき、その1時間後には再び歯の表面に付くといわれているものです。


そしてペリクルの上にカルシウムと硫黄と硫黄の結合体が橋渡しをして食材に含まれる色素物質を引き込んでいきます。
そのため硫黄成分を多く含む飲食物をたくさん摂取すると着色しやすいことになります。


代表的なものは知っている方が多い、お茶・赤ワイン・コーヒーなどがありますが


その他に大豆食品・そば・ココア・チョコがあります。
 


着色をとるためには弱い着色の場合は市販で売っている着色除去用の歯磨き粉でとることができます。
しかし市販の着色除去用の歯磨き粉は研磨剤が粗いものが多く、歯の表面をかえって傷付けてしまいます。


歯科医院で取り扱っている『ブリリアント』などの着色除去用の歯磨き粉はイオンの力で着色を浮かすので歯の表面を傷付けずに着色を落とすことができます。もちろん林歯科医院ににも置いています。


強い着色の場合は家での手入れにプラスして、歯医者で行われる専門的なおそうじでとることができます。


この専門的なおそうじも歯の表面を傷付けずに着色をとることが大切です。
着色をとっても歯の表面がザラザラしているとまた着色がつきやすくなり悪循環になります。


私たち歯科衛生士は、
こびりついて落ちにくい着色を落としたあとに、以前よりもさらに表面をスムースにするために『リナメル』のような特殊なジェルで歯の表面を再石灰化させることで着色が再びつくのを防ぎます。


着色が気になる方はおそうじ(PMTC)できれいになりますので、私たち歯科衛生士にお任せください。


決して家で歯の表面を必要以上にこすりすぎないでくださいね。


  Hashimoto

https://www.hayashi-dental.info/staff/hashimoto.html


 
初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。