神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > 院長ブログ > 夫婦の関係は、大変難しいものです 『崎本正俊先生』と『たけしの家庭の医学』

兵庫区 歯医者 歯科医院 林歯科医院 ミラクルデンチャー 院長のブログ

2014年9月16日
夫婦の関係は、大変難しいものです 『崎本正俊先生』と『たけしの家庭の医学』

 

            
9月14日、サブタイトルが

『患者さんに喜ばれる自分になれる! 楽しく学んで笑顔になれる!
おなじ仕事をするなら感謝されたい!そんなワクワクできる、おもしろいセミナー』

というセミナーに参加してきました。

今年も、月に2回は色々なセミナーへ参加していますが、いつもはあまりこのブログでは報告していません。

しかし、今回はセミナーにはあまり関係のないのですが、お昼休みの食事をしながらの先生のお話が面白かったことと、
『たけしの家庭の医学』の内容が私の中でコラボッてしまったので、少し報告してみたいと思いました。

914-1.jpg   (講師の崎本正俊先生との2ショット)

講師の崎本正俊先生は、メンタルな分野の勉強をされており、今回はそのことを歯科に取り入れるという有意義な内容のセミナーだったのですが、さすがにメンタルの研究者だけあって、お昼休みの喫茶店での食事中も『夫婦間のお話』などで大変私たちを盛り上げてくれました。

そのお話を簡単にまとめると、

914-2.jpg

男という生き物は、基本的に常にお殿様でいたいので、男から見たいい妻とは、二人だけの時は夫に甘え、他人がいる時は夫を立て、夜は激しい。!というものであるらしい。

男の私にはとても納得のいく3項目ですが、これには、参加者の女性の方からは、『1と2は頑張れても、私には3番目は無理かも~』・・・と。やはり普通の日本人はそんなもんでしょう。

妻は子供を生んだら、生むという大きな仕事をきっかけにその瞬間、妻から母親になるが、男は何もしていないので、子供が生まれようが父親としての自覚は全くなく、何も変わらないが、ある日突然何かがきっかけとなり、父親になるタイミングが来る。

父親のことが嫌いな娘はなかなか彼ができない。男性が父親と重なり好きになれない。・・・まあそうかも。

母親が父親のせいで不幸な場合、娘は、母より幸せになったらだめだと無意識に思い、DVする男とばかり付き合い、いつまでたっても幸せになれない。・・・なあるほど!

買い物から帰って夫はダウン。妻は買ってきたものを片付ける元気はあるが、片付けが終わって、その後ダウン。逆にその頃、夫は元気になる。

夫は仕事から帰った瞬間が最もしんどい。しかしそのときに妻はしゃべりたい。

こういう時に、相手も自分と同じだと考えて接することでお互いに不満が生じる。

つまり、それぞれのコンディションをお互いが理解し、相手がしんどいときに、やさしく接することが大切! 

妻が、片付け終わって疲れた時に、コーヒーでも入れてあげなさい・・・。などなど。


セミナー終了後、講師の崎本正俊先生を囲んで、みんなで記念写真。お疲れ様でした。

914-3.jpg


さて、今回の内容をどのくらいの夫婦が実践してうまくいっているのか??

少し前の。『たけしの家庭の医学』と、コラボしてみると面白いと思いました。

まず、『たけしの家庭の医学』でのお話では、経済的に心配さえなければ離婚する妻は、63.8% しない妻は、12.8%

takesi1.jpg    なんと、恐ろしい。男は要注意!

生まれ変わっても今のご主人と結婚したい妻は、たったの4.2% 4人に3人は結婚したくないとのこと。

takesi2.jpg   なんと、悲しい。男は要反省!

ご主人に不満を持っている妻は、96%

takesi3.jpg   なんと、おぞましい。男は猛反省! 


なんという恐ろしいデーターでしょうか!
しかし、一見、男がかわいそうだと思ってしまうが、
よく考えると、幸せな女性がものすごく少ないとも考えられる。

やはりそのことが、この後に紹介される。

夫のストレスで、多くの妻が、 『夫源病』 という病気になっていて、自律神経が暴走し、ホルモンバランスが崩れ、更年期障害の症状のような、めまい耳鳴り、頭痛 が起こっているらしい。

takesi4.jpg   takesi5.jpg

夫が会話中に相手の言ったことを否定することと、一方通行の独りよがりな会話が大きな原因とのこと。

takesi6.jpg   

これを解決するためには、夫婦間の会話は『繰り返し会話術』という、言葉をお互いに繰り返し、自分が受け入れられたと感じることが効果的らしいです。

takesi7.jpg    takesi8.jpg

本当に夫婦の関係は、大変難しいものです。結局は思いやりが大切なのでしょうが、相手のことが理解できていないとそれもできません。

心理学と医学、両方が必要です。


 

では、私の場合はどうなのだろうか?

『不満を持っているか』は、聞いてみるときっと反省材料になるでしょうが、

最初の二つの質問は、恐ろしくて聞くことなんてできません!

でも、少なくとも、『夫源病』 にはなっていないと思うのです。いや、、、なっていないと信じよう!
そして、今日からは、『繰り返し会話術』を実践しなくては・・・・・


セミナーもテレビもとても参考になります。反省させられ、気がつかされ、さあ頑張ろう!と思う。しかしまた同じことを繰り返す。
これが人生なのでしょう。考えさせられます。

 
さて、来月の4日に、林歯科医院の衛生士のTさんの結婚披露宴があります。
今回のネタは当日のスピーチに使えそうですね。

『夫源病』 のあたりのくだりは、参加されている夫婦の方を、ちょっとはらはらさせるからカットするべきか・・・? いやいや、当の二人が主役なのですから、二人の幸せのためなら遠慮禁物。みんな犠牲になりましょう。

参加予定の方で、このブログを読まれた方は、ここだけの話にして、自分だけの楽しみにしておいてくださいよ。

 

さて、PS.ですが、
同じ日の『たけしの家庭の医学』の最後に、ダニ以外に部屋にたくさんいる、大きさ1mmくらいの『チャタテムシ』のことも説明していました。刺さないけど、死骸やフンがアレルゲンになるらしいです。そういえば、古い本とか読んでいたら読んでるページの上を歩いているものがたまにいますよね。きっとそれだと思います。今度見つけたら拡大して観察してみてください。

takesi9.jpg  こんなのが見えるはずです。

 

拡大するとなんと気持ち悪い!     小さいことに感謝しなくてはいけませんね。

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/923

コメント






初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
ミラクルフィット症例集
白い歯症例集
歯を削りたくない

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。