神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > 治療内容 > レーザー治療 > ダイオード(半導体)レーザーを導入しました

ダイオード(半導体)レーザーを導入しました

(2011.7.31のブログと同じ内容です。歯周病治療のサイトにも同じ内容を掲載しています。 )

これまでも、林歯科医院では、CO2レーザーを用いて、色々な治療を行ってきましたが、 23年の6月から、ダイオード(半導体)レーザーという別のレーザーを 導入しました。

この新しいレーザーは、歯に詰めたり被せたりする時に、麻酔をしなくても痛みを感じる事なく歯ぐきの形をきれいに整えたり、わずかな出血でもすぐに止めることができるのため、さらに丁寧で効率的な治療ができるようになり、林歯科医院では毎日の治療にはもうなくてはならないレーザーということで、高価なのですが、すぐにもう1台注文して、現在2台がフル回転しています。

nvlaser1.jpg    nvlaser2.jpg

 

このダイオード(半導体)レーザーは歯の治療だけでなく、歯周病治療にもとても使いやすく効果的です。

歯周病治療に使用する術式は「LAPT」と呼ばれていて、この新しいテクニックを行うことで、皆様のご自分の歯をさらに大切にいつまでも使えるようになることが期待されています。

 
レーザーを用いた新しい歯周病の治療法               
LAPT(Laser Assisted Perio Treatment)

         lapttitle.jpg  

 


laptlaser.jpg  

LAPTとは、アメリカ西海岸で生まれた技術であり、
数ある種類のレーザーの中でも最新のダイオード(半導体)レーザーを使用することで、
歯周病の原因である歯周病細菌を除去し、同時に炎症を起こしている組織も除去
することで、歯ぐきの再生や回復を促す治療法です。


STEP1  細菌の除去


レーザー光を歯周ポケットに照射し、歯周ポケット内に存在する歯周病菌を除去
します。     同時に、歯に付着している硬い歯石をやわらかくします。

lapt1.jpg  

 

STEP2  歯石の除去及び炎症を起こしている歯ぐきの除去


スケーラーによる歯石の除去後に、炎症を起こしている歯ぐきにレーザー光を照
射して、炎症組織の再生や回復を促して活性化させます。
これにより、歯周病細菌によって歯ぐきの組織が破壊され、深くなった歯周ポケッ
トを改善します。

lapt2.jpg              lapt3.jpg


ダイオード(半導体)レーザーの特徴

痛みを軽減させる作用があるため、ほとんど麻酔の必要がありません。
止血効果があるため、治療時の歯ぐきからの出血がとても少ない。
炎症を起こしている組織に特異的に作用するので、健康な組織を傷つけることが少ない。
歯周病が進行した場合、歯周外科手術が必要になるが、LAPT治療後は手術を回避できる可能性が高い。

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。