歯科医院でできる子供の歯の予防

①ブラッシング(歯磨き)  
・歯の汚れている所を赤く染め出す染色液を歯に塗り、  
 普段目に見えない汚れの部位を覚えてもらって
 そこを重点的に磨いていきます。

 ・また、染め出す前にいつも通りの歯磨きや、仕上げ磨きを
 した後に、染色液を塗り、磨き残しの部位を覚えてもらう
 こともできます。  

        ・歯の汚れている所を赤く染め出す染色液を歯に塗り磨いていきます

②シーラント
・乳歯や、生えてきてすぐの永久歯の奥歯の溝(咬み合わせの面)は、
 ブラッシングを頑張っていても、虫歯になりやすい部位です。
 シーラントとはその溝を少し磨き、歯と同じ白い詰め物をし、
 虫歯になるのを防ぎます。 (歯は削りません)

・ただし、詰め物が欠けてしまうと小さな隙間ができて、逆に虫歯に
 なりやすくなってしまうので、定期的な検診が必要となります。

③フッ素塗布
・適量のフッ化物を歯に塗布することによって、歯の耐酸性を高め
 虫歯予防になります。
 綿で少し酸っぱい味のする薬を歯に塗るだけなので、小さなお子様にも
 痛みなく予防ができます。 

・しかし、フッ素を塗っても歯を磨かなければ虫歯になります。

・そしてフッ素は、3~4ヶ月に一度定期的に塗ることで効果が期待できます。  

フッ素を塗っても歯を磨かなければ虫歯になります   定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいとされています  

④定期健診
・乳歯列期、混合歯列期のお子様の定期健診は、一般的に年間3~4回が望ましいとされています。
 その度に、虫歯の有無のチェック・歯磨きのチェック・シーラントのチェック・フッ素塗布をします。

 

 本人に自覚症状がなくても、3~4ヶ月に一度は検診に来て、染色をして磨き残しがなければ、
 お子様もお母様も自信がもてます。  

 また、もしも虫歯ができてしまったとしても、早期に発見する事で痛みの少ないまま治療ができます。  
 そうすることで、歯医者嫌いになることも防げます。

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。