神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > 治療内容 > 小児歯科 > 子供たちに、どうして 3ヶ月に一度の「定期検診」が必要なのか?・・・その本質

子供たちに、どうして 3ヶ月に一度の「定期検診」が必要なのか?・・・その本質



一番大切な理由は

虫歯がない状況で、3歳くらいの小さい頃から定期的に歯医者に来ることで、歯医者は怖いところではなく歯磨きするところ、お口がさっぱりする楽しいところと記憶に刷り込まれます。そして気持ちのいい健康な状態を学んでいきます。

そうなると日頃の歯磨きもスムーズに行える習慣になり、万が一むし歯の治療になったとしても、歯医者さんに対する恐怖心も薄れているので、抵抗なく口を開けることができます。治療も問題なく行いやすくなっているはずです。ちろん、「万が一」にならないことを目指すのが第一の目標です。)

子供の頃の恐怖心で、とても多くの人が大人になっても歯医者に行けなくなっています。


歯医者さんは怖くないところだと刷り込むために3ヶ月に一度通うことで、その他にも以下のようないいことがあります。


よく言われている内容ですが

1、 3ヶ月というのは、虫歯ができても早期発見で治療が簡単なサイクルなのです。
虫歯になってから大体3ヶ月以内であれば軽い治療ですみます。

乳歯や生えたての永久歯は柔らかく、大人より虫歯になりやすいので、こまめなケアが必要になります。
(歯は唾液中のカルシウムやリン・フッ素などが、歯の表面のエナメル質に作用して、次第に硬くなっていきます。硬くなるのに3年かかります。) 

2、また、定期検診では虫歯だけでなく、歯並びや生え替わりのチェックや対処もできます。

それともう一つは、舌が正しい位置にあるかどうか、口で呼吸していないかなどをチェックして、正しい歯並びにするために、小さい頃からの正しい舌や唇の動かし方の訓練を定期検診のたびにすることができます。

本格的な歯科矯正治療をしなくてもいいようにアドバイスすることができます。

3、むし歯は食生活の影響を非常に受けることがわかっているため、おやつのコントロールがうまくできないと次々にむし歯になってしまいます。

おやつの食べ方、食事法を定期的に確認・改善し、チェックしてお口の環境をむし歯にならないように継続していかなくてはいけません。

この継続することの難しさを忘れないように歯科衛生士さんとお母さんが一緒になって定期的に確認していきます。
 

 この下にスクロールできない場合はこちら

 

 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。