スタッフブログ

2015年3月16日
『知覚過敏症』について調べました

 

みなさんは虫歯でもないのに歯がしみて痛いという症状になったことはありませんか??
その症状の多くは知覚過敏によるものと思われます。

知覚過敏とは、擦過刺激、冷温熱刺激などにより引き起こされる一過性の歯の痛みで、特にう蝕や歯髄の炎症などの病変がない場合にみられます。

原因例
①加齢による歯茎部の露出
②歯周病の予防と治療による刺激
③磨耗、咬耗、酸蝕歯
④食生活
⑤ホワイトニング
⑥修復治療
⑦その他亀裂や破裂などが考えられます。

②については、私たち歯科衛生士にとても関係のあることで、歯茎の下のセメント質をお掃除する時に、とても配慮が必要となります。

セメント質は、エナメル質よりも弱いので、過度な機械的刺激で容易に削除され、象牙質が露出してしまうからです。

林歯科では研磨ペーストは柔らかめのペーストを選び露出した歯根面へは当てないなどの配慮をしています。
またもしも傷ついたとしても、表面を滑沢にしてくれる『リナメル』などのトリートメントも使用しているので心配はありません。


また知覚過敏症への家でのセルフケア用も何種類かあるのでその方に合ったものを選んでいきます!

セルフケア用品で林歯科医院で使用しているいくつかをご紹介します!

・Systemaセンシティブ
歯の神経に通じる管を封鎖することで神経の刺激を抑制する

・MIペースト
リカルデント配合の歯質再石灰化ペーストで、酸性に傾いたphを中性に戻す機能がある

・シュミテクト
歯の神経にイオンバリアを形成し、神経の興奮を抑制する

知覚過敏症はとても個人差があるものです。
わからないことがありましたら、何時でもご相談にのらせていただきますので気軽にお声掛けして下さいね!

resize0527.jpg

 

是枝
 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1117

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。