神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > スタッフブログ > 今回はお子さんの定期検診とフッ素について

スタッフブログ

2017年6月20日
今回はお子さんの定期検診とフッ素について

 
虫歯のない乳歯列期のうちに歯医者に来て、定期的に検診を受けることは、これから虫歯の出来にくい口の中の環境を作っていくのにとても大切です。

検診では、虫歯のチェックはもちろん歯磨きの仕方や、間食の指導もさせていただきます。

そして一番大切なのは、フッ素塗布です
お子様の年齢によりフッ素濃度も違ってきます。


3才までで、うまく唾の出せないお子様には500ppmのフッ素を塗布します。

 3~6才のお子様には、半年ごとに高濃度9000ppmのフッ素を塗布します。
 3ヶ月ごとに検診に来ていただいているお子様には、フッ化第一スズが主成分で予防効果の高いホームジェルと交互に塗布します。

高濃度のフッ素を、歯の発生期である6か月から5才までの間に過剰に摂取すると、永久歯に斑状歯が発症する恐れがあるので、半年に一度の塗布にしています。

またホームケアでは、ホームジェルと同じ濃度のチェックアップをおすすめしています。
ホームジェルは持続的に使用すると、歯が黒く変色する恐れがある。ことと、含まれているフッ化第一スズの味の人気が良くないということもあり、毎日続ける
ことの障害になり得るからです

その点、チェックアップは、続けやすいジェルだと言えます。

歯科医医ではなく家庭での薬用歯磨きのフッ化物の配合濃度の上限は、安全のために日本では1000ppmと決められていましたが、今年になって厚労省は国際基準と同じ、1500ppmを上限とした商品を医薬部外品として承認しました。
但し、飲み込む危険性を考え、6歳未満の子供への使用を控えるように求めています。

ちなみに、さっそく5月に、サンスターから『バトラーエフペーストα』
6月に、ライオンから『クリニカアドバンテージハミガキ』が発売されました。
どちらもフッ素の濃度は、1450ppmだということです。


保護者の方と一緒にお子様のお口の健康を守っていくことが大切です。!

resize0799.jpg

Miura

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1468

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。