神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > スタッフブログ > 病状安定となった歯肉を維持するために行うSPT

スタッフブログ

2017年2月 5日
病状安定となった歯肉を維持するために行うSPT


今回は歯周治療を終えた後に病状安定となった歯肉を維持するために行うSPTについて調べました。

SPTとは、歯周治療や外科治療、修復・補綴治療を終えて病状安定となった歯肉の状態を維持するための治療で、プラーク除去や歯石取り、咬合調整が主体となります。
SPTを行なう目的としては、歯周病の再発・進行防止、歯の喪失を予防・減少させる、虫歯等の早期発見、歯の寿命を延命し、全身の健康に役立てることです。

歯周病は状態が良くなることはあっても完治はないという一面があるため、歯周治療を終えても再発の可能性を考慮し、病状の安定を維持することが大切になってきます。
そのため患者さん自身にもお家でのケアを頑張っていただく必要があります。

歯肉の上に付着するプラークを縁上プラークといいますが、縁上プラークは虫歯の原因菌が多いです。
この縁上プラークを歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシ等を用いて除去していただきます。
もちろん、難しいところや歯肉の下に付着するプラーク(縁下プラークは歯周病の原因菌が多い)、歯石等は私たち歯科衛生士がお手伝いし、除去していきます。

このように、患者さんが行なうセルフケアと歯科衛生士が行なうプロケアのバランスが非常に大事です。
どちらかのバランスが崩れてしまうと歯周病が再発してしまうかもしれません。

歯周治療が終わっても定期的に歯のメインテナンスにお越し下さい。
歯科衛生士が歯や歯肉の状態を細かくチェックして分かりやすく説明させていただきます。

resize0593.jpg

                                           Nomura

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1392

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。