スタッフブログ

2017年1月11日
『妊婦と歯科治療について』

 

新しい年が始まりましたね!
皆さん本年もよろしくお願いします。

今回の勉強会では『妊婦と歯科治療について』を調べました。
 
まず歯科治療が可能な時期ですが原則的に一般的な歯科治療を行ってはいけない
時期はありません。
特に中期であればほとんど問題なく行えます。
しかし初期、または後期は過敏な時期となるので応急処置がメインとなります。

また妊娠中に歯科治療で心配されるのがお薬や麻酔またはX線などが赤ちゃんに
影響がでないかなどがあると思います。
その事などについてご説明させて頂きます。

①X線写真撮影
・・・ほとんど影響はありません。私たちが日頃浴びる放射線量はにほんで2.3mSVです。
この放射線量で部分的なフィルムで150枚以上、全体的な撮影で100枚撮影できる事になります。
また防護エプロンも使用させて頂いていますので問題はありません。
 

②麻酔
・・・林歯科で使用している歯科用局所麻酔剤のリドカンは胎盤を通過しますが、
無痛分娩にも用いられるもので安全です。


③お薬
・・・抗生物質の第一選択肢はペニシリン系、セファロスポリン系で胎盤通過率
は20?40パーセントです。
鎮痛剤は非ピリン系のアセトアミノフェン(カロナールなど)が比較的安全なた
め処方させて頂いてます。


④女性ホルモンと歯周病
・・・妊娠すると女性ホルモンが増加し炎症反応を増加させます。その為少量の
歯垢でも炎症反応が起こりやすくさせます。
それが慢性になると死肉浸出液中の炎症物質が増え、妊婦の子宮を収縮させると
いわれ、早産や低体重出産を引き起こすといわれます。
積極的にお掃除も行いましょう。
 
 
妊娠期間は長期に及びます。
妊娠中は唾液の減少や悪阻などの影響でリスクは高くなります。
痛みを我慢する事でストレスにもなり良くありませんので我慢せず歯科治療を行って下さい。
林歯科では妊婦歯科検診も行っていますので一度チェックさせて下さいね。

またお一人の身体ではないので治療を行なうで上まだ心配なこともあると思います。
こちらもきちんと説明させて頂きますが、いつでと質問などもしてくださいね。

resize0626.jpg

                                                          Koreeda

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1380

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。