神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > スタッフブログ > 歯ぎしりはノンレム睡眠の真ん中あたりで起こることが多いそうです

スタッフブログ

2016年9月30日
歯ぎしりはノンレム睡眠の真ん中あたりで起こることが多いそうです

みなさんこんにちは!
勤務医の杉本です。

今回は、勉強会で睡眠についてのお話をしました。

睡眠といっても種類があるのはご存知ですか?
聞いたことある方も多いかもしれませんが、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠というものがあります。

ノンレム睡眠とレム睡眠を約90分間隔で繰り返しているのが睡眠です。

ノンレム睡眠は、体は起きているが脳は眠っている状態で、浅い睡眠にあたります。
その中にも段階があり、最も深いノンレム睡眠では体もほとんど動かない状態になります。

歯科に関係するところでいうと、歯ぎしりはノンレム睡眠の真ん中あたりで起こることが多いそうです。

レム睡眠は体は眠っているが脳は起きている状態で、深い睡眠です。

レムとは急速眼球運動(rapid eye movements:REM)のことで、体は眠っているレム睡眠中でも眼球が動いているそうです。不思議ですね。

レム睡眠は睡眠全体の約20%程度で、加齢とともに割合が減っていきます。
また、歯ぎしりをしている方や睡眠時無呼吸症候群の方もレム睡眠が減少するそうです。

昼寝を少ししただけでも頭がすっきりしますよね?それは、ノンレム睡眠によって脳が休息するからです。
集中が切れて作業効率が下がってしまったときは少し寝てみるのもいいかもしれませんね(^^)

普段睡眠の段階を意識することなんてないと思いますが、何かのお役に立てばと思います。

急に寒くなってきましたが、みなさんしっかり暖かくしていい睡眠をとりましょう!

resize0645.jpg

                        杉本でした!

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1344

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。