スタッフブログ

2015年2月13日
薬物性の味覚障害について

 

 
まず味覚障害とは甘味、苦味、塩味、うま味などの味がわからなくなる状態のことをいいます。

その中で何らかの薬を服用していて現れる味覚障害のことを薬物性味覚障害と呼び、高齢者に多くみられます。

初期症状の多くは原因薬の服用後2~6週間で現れます。
しかし、いろいろな薬を服用している高齢者では味覚障害の症状が現れるまでの時間や経過もさまざまなので発見することが難しいこともあります。


味覚障害発症のメカニズムは大きくわけて3通りあると考えられていますが、薬物性の味覚障害はその中でも2通りが関係するとされています。

1つ目は味覚障害には舌の味蕾と呼ばれる味を感じる細胞と関係あり、唾が少なく味細胞に味物質が届かず味を感じにくくなります。

2つ目は味細胞の新生に必要とされる亜鉛が少なくなることで味覚障害を起こしやすくなります。

そのため唾を多く出したり亜鉛を摂取することで味覚障害の改善に繋がります。

林歯科医院では定期的なお掃除のあとに唾が少ない方には唾液腺マッサージを行ったり、味覚障害のある方には亜鉛を多く含む食料などの食事指導などもさせていただきます。

 

                    Hashimoto

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/1100

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。