スタッフブログ

2018年7月16日
乳幼児期の姿勢について

  「乳幼児期の姿勢について」

今回は乳幼児のお子さんがいるお母さん、お父さんに知ってもらいたい姿勢についての内容です。


頭部、顎位を正しく支える身体発育は

定頸→寝返り→よつばい→坐位→つかまり立ち→独歩

と順序良く道筋を立てた発育発達が望まれます。


発達発育が追い付いていない状態でお座りやタッチを急ぐと背骨のS字カーブが十分に発達せず、重たい頭部を正しく支えられる体になりません。


まだ自分で座ることが出来ない段階で子供椅子に無理に座らせることによって、座骨で座ることが望ましいのに仙骨で座ってしまい体幹がなくなり身体を支えることが出来なくなります。


月齢で坐位を始める時期や、独歩を始める時期などはありますが、個人差があるのでおおよその時期が来ているのにまだ坐位を始めない....からと言って焦り無理に座らせず子供が自ら座りだすのを待ちましょう。


じっとしていることが出来ない子になることもあります。

子供が手をはなしていても一人で座っておけるグッズがありますが頻繁に使用しないほうが良いです。


椅子に座らせる際は背もたれにもたれかからず、足は地面にしっかりとついている状態が望ましいです。


ご飯を食べている状態の姿勢はどうでしょうか?
まずは普段の食事での姿勢から気を付けて見てみて下さい。

特に成長が目まぐるしい乳幼児期では周りと比べてしまい
順序が決まっていてもどんどん先に進みたくなりますが、発達発育には個人差があります。
周囲は気にせずお子さんの成長を見守ってあげてくださいね!

 

 

Karitani

resize1260.jpg 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt429/mt-tb.cgi/2846

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。