林歯科医院

電話受付時間
9:00~17:30
(休診:土・日・祝)

ダイオード(半導体)レーザー

林歯科医院では、CO2レーザーと併用し、ダイオード(半導体)レーザーという別のレーザーを導入しています。

この新しいレーザーは、歯に詰めたり被せたりする時に、麻酔をしなくても痛みを感じる事なく歯ぐきの形をきれいに整えたり、わずかな出血でもすぐに止めることができるのため、さらに丁寧で効率的な治療ができるようになります。

nvlaser1.jpg

このダイオード(半導体)レーザーは歯の治療だけでなく、歯周病治療にもとても使いやすく効果的です。

歯周病治療に使用する術式「LAPT」と呼ばれていて、この新しいテクニックを行うことで、皆様のご自分の歯をさらに大切にいつまでも使えるようになることが期待されています。

laptlaser.jpgLAPTとは、アメリカ西海岸で生まれた技術であり、数ある種類のレーザーの中でも最新のダイオード(半導体)レーザーを使用することで、歯周病の原因である歯周病細菌を除去し、同時に炎症を起こしている組織も除去することで、歯ぐきの再生や回復を促す治療法です。

STEP1 細菌の除去

lapt1.jpgレーザー光を歯周ポケットに照射し、歯周ポケット内に存在する歯周病菌を除去します。

同時に、歯に付着している硬い歯石をやわらかくします。


STEP2 歯石除去・炎症を起こした歯ぐきの除去

スケーラーによる歯石の除去後に、炎症を起こしている歯ぐきにレーザー光を照射して、炎症組織の再生や回復を促して活性化させます。

これにより、歯周病細菌によって歯ぐきの組織が破壊され、深くなった歯周ポケットを改善します。

lapt2.jpg

ダイオード(半導体)レーザーの特徴

痛みを軽減させる作用があるため、ほとんど麻酔の必要がありません。

止血効果があるため、治療時の歯ぐきからの出血がとても少ない。

炎症を起こしている組織に特異的に作用するので、健康な組織を傷つけることが少ない。

歯周病が進行した場合、歯周外科手術が必要になるが、LAPT治療後は手術を回避できる可能性が高い。

林歯科医院について

診療科目

診療時間

9:0013:00
14:0017:30
最終受付時間 午前 12:30まで 午後 17:00まで 電話受付時間 9:00~17:30 (休診:土・日・祝)