林歯科医院

電話受付時間
9:00~17:30
(休診:土・日・祝)

インプラントが怖いと思われている方へ・・・・

当医院では、規格化された安全なインプラントを行ないます

最近、インプラントの危険性がマスコミで取り上げられ、インプラントを怖がる患者さんが急増しています。

実際に、インプラントの手術は簡単ではなく、どんなベテランの先生でも、失敗する可能性は否定できません。

ただ、失敗といっても、骨とのひっつきが悪くて脱落するという場合は、もちろんいいことではありませんが、やり直しが可能で、うまくフォローできるならば大きな問題にはなりません。

問題は、骨を削る時のドリルが血管や神経にあたり、後遺症を残すような取り返しのつかない失敗です。

どういう事かと言うと、ドリルを入れる角度や深さを間違えて、血管や神経にあたることがあるのです。
このことが、マスコミで取り上げられ、大きな問題になったのです。

 

インプラントを支える骨の量が多い場合は、取り返しのつかない失敗はまずありません。

インプラントを入れる位置が多少ずれても、骨の量が多ければ、ドリルを入れる角度や深さに余裕があり、血管や神経にあたらないからです。5mm位の余裕があれば初心者でも大丈夫だと思います。

もちろん、CTを撮って立体的な位置関係を分析した上でのことです。
ただし、日本人の場合は、骨の深さと幅の両方が5mmの余裕があることは、残念ながらあまりありません。


つまり骨の余裕がない場合ほど、失敗する可能性が上がということになります。


では何故、インプラントを入れる角度や深さを間違えることがあるかというと、いくらCTで分析して角度と深さを決めても、実際の手術の時に、今までの方法ですと、

予定の角度と深さに入れることが難しいからです。
まっすぐに入れても、硬い骨によって方向が変わることもあります。

 

たとえて言うなら、ボールペンで完全にまっすぐな線を引く時のことを考えてみてください。


ボールペンで完全にまっすぐな2cmくらいの縦と横の線をフリーハンドで引けますか? 

100回の内1回は1mmくらいはずれることって十分考えられますよね。
1mmずれたら失敗するのがインプラントだと考えればわかりやすいと思います。


では、この時に定規を使えばどうでしょうか?

狂いのないまっすぐな定規を完全に固定すれば誰でもまっすぐに狂いのない直線を引けます。


狂いのないまっすぐな定規をインプラントに応用したのが、サージカルステントです。

guided.jpg    flapless.jpg

 

しかし、サージカルステントにあそびがあれば話になりません。
(定規が強い力でずれて線がいがむ=硬い骨によってサージカルステントが動かされ、ドリルの方向が変わる)


多くのインプラントメーカーがサージカルステントを取り入れていますが、そのサージカルステントを唯一完全に固定できるシステムを取り入れているのが、ノーベルバイオケアー社ガイデッドサージェリーです。


さらにこの方法には、もう一つ大きなメリットがあります。

手術の前から骨の形がわかっていて、ドリルの方向も決まっているので、正しい方向に入れるために、歯肉を大きく切り開いて直接骨の形を見て確認する必要がないので、歯肉の切開量が少なく、手術時間もかなり短縮され術後の炎症も軽減されます。


このような理由で、精密なサージカルステントは費用がかかりますが、安全なインプラントを行なうためにはこれ以外にはないと考え、林歯科医院では、このシステムを取り入れています。


ガイデッドサージェリーは、綱渡りのようなひやひやしながら行う経験に左右される従来の方法よりも規格化された確実な方法です。


安心してご相談ください。


もしもお近くの医院でインプラントをお考えの方も、担当の先生にインプラントの安全性については詳しくお尋ねください。


PS.但し、ガイデッドサージェリーは、重大な事故は起こりませんが、他のどのようなインプラントの方法と同じように、骨の状態が軟らかくて、骨とインプラントがしっかりとひっつかず、うまくいかない場合もあることはご理解ください。

 

nobelguid_02.jpg

 

林歯科医院について

診療科目

診療時間

9:0013:00
14:0017:30
最終受付時間 午前 12:40まで 午後 17:10まで 電話受付時間 9:00~17:30 (休診:土・日・祝)