林歯科医院

電話受付時間
9:00~17:30
(休診:土・日・祝)

ミラクルフィットは、なぜ歯に引っ掛ける部分がないのに、しっかりと止めることができるのか。

 それともう一つは、普通の入れ歯やノンクラスプデンチャーは、歯に引っ掛ける部分の弾力を利用して、真上からまっすぐはめるので、この時も歯を揺さ振る力がかかりますが、ミラクルフィットは、斜めからや、横から、内側からなど、歯を押し広げずに入るような方向からはめるので、さらに歯に優しいわけです。

 
ではなぜ歯に引っ掛ける部分がないのに、しっかりと止めることができるのか。
 
その理由は、入れ歯を入れる方向の工夫と、適合がいいからです。
 
入れ歯は普通、型を取った模型の上で作りますが、その模型自体にほんの僅かな誤差があります。
そして作った入れ歯自体にも歯科技工士さんの作成過程で必ず新たな誤差が生じます。
 
普通はその誤差は口の中で削ることで調整していきます。
入れ歯が痛いのも、入れ歯ががたついたり、物が挟まったりするのもその誤差が原因です。
調整するために口の中で入れ歯を削ると、実際にはさらに緩くなっていくのですが、金具やウィングという引っ掛ける装置で締めることで入れ歯を止めることができます。
 
その代わりに、その止める力が支える歯への負担になっていくのです。
 
ミラクルフィットは、作成するときに生じた誤差は、入れ歯を削って合わせるというよりも、最終的に口の中で内面をリモデリング(特殊な材料を盛り足して歯茎の形に精密に適合させます)させて完成させることで、誤差がほとんどなくなるのです。
 
この作業は技工士さんにはできません。
 
ここが他の入れ歯と異なる大きなポイントです。
 
内面の適合を特殊なテクニックでピッタリと合わせるために、口の中で完成させるというのに高い技術が必要になるのです。
そして、この技術のおかげで、歯と歯肉と入れ歯がきつく接触することにより、全体を一体化させることで、入れ歯が動かなくなり、支える歯の先への負担を減少させることができます。
 
このことが先ほどの「ゴジラ」の話に結びつくのです。
 
また、一体化することで、入れ歯と歯や歯肉の隙間も少なくなり、食べ物が詰まりにくくなるのも大きな利点です。
 
今までは入れ歯を作るのは技工士さんの仕事で、ドクターはその出来上がったものを、少し削ってはめるだけでよかったのですが、ミラクルフィットは、はめるだけではなく、
 
最終的な作成は完全にドクターの仕事になるのです。
 
そして設計についてもとても複雑で、斜めからや、横から、内側からなどのはめる順序も、口の中での完成させる時点で、変更することもあるのです。
 
つまり臨機応変な判断が必要な入れ歯なのです。
 

林歯科医院について

診療科目

診療時間

9:0013:00
14:0017:30
最終受付時間 午前 12:40まで 午後 17:10まで 電話受付時間 9:00~17:30 (休診:土・日・祝)