林歯科医院

電話受付時間
9:00~17:30
(休診:土・日・祝)

シェードテイキング (色合わせ)  


シェードテイキング (色合わせ)     


白い歯を被せるときに、となりの歯と同じ色に、或いはより美しく見えるようにするために、シェードテイキングという行程はとても重要です。

当院では基本的には VITA のシェードガイドという、色見本を使用しています。

vita1.png           
歯科においては明るい色から暗い色まで、系統に番号を付けて以下のようにアルファベットと数字で表します。

B1-A1-B2-D2-A2-C1-C2-D3-A3-D4-B3-A3.5-B4-C3-A4-C4 

    明     →      暗


さらに自然な色を出すためには、明度 彩度 色相 を細かく分析する必要があります。
   

明度  「明るさ」「暗さ」を表す。
 対象の色の質感は"透明感"を指す。
★ 補綴物が浮いて見える場合は明度が違うことが多い

彩度   色の濃淡を表す。
Ex)色の濃さは黄色とオレンジを比較した場合、黄色は彩度が低い、オレンジは彩度が高いと表現する。
★ シェードテイキングでは数字が大きいほど彩度が高く(色が濃い)、小さいほど彩度が低い(色が薄い)

色相   色の種類を表す。
色の三原色 赤・緑・青のように色の系統を指す。

歯科の分野での色相では、以下のような系統があります。

A系(reddish brown)ピンクオレンジ ・・・・日本人に1番多い
B系(reddish yellow)イエロー    ・・・・白人に多い
C系(gray shades) グレー
D系(reddish gray) 赤灰色

 

日本人の歯は黄色やオレンジ系統の人が多いのは、エナメル質が薄く象牙質の色が透けるからです。
白人はエナメル質が分厚いので中の象牙質が透けて見えないので白っぽく見えます。

若い人は乳褐色、歳を重ねるにつれ、明度などは下がっていきます。

★人間の目は彩度や色相よりも明度を見極める力が6万倍優れているので、被せ物の色を合わせる最大のポイントは「明度」をうまく合わせることです。

このポイントをうまく誘導してくれるのが、「vita 3d masterシェードガイド」というとても有能なシェードガイドです。セラミックの色を合わせるときにとても役に立ちます。

vita3.jpg

vita4.JPG

(写真:SAYAKA のHPより引用)

セラミックのシェードを合わすポイント 

・ デンチン色を見る
・ トランスのクリア感を見る
・ マメロンがあるかないか見る(あれば色を見る)
・ 白帯や模様などを再現するか確認する
・ 一本前の歯に色を合わせる(前が補綴なら一本前の天然歯に。なければ反対側に)
・ ハロー(光による弊害)を入れないように写真を撮る
・ 歯が濡れた状態で撮る(乾燥していない来院すぐが理想)

mameron.JPG


セラミックを再現する時、技工士さんは何十種類もあるセラミックの粉を高熱で処理することで歯の形に固めていき、シェイドテイキングの数値や写真を参考にしながら色のついた粉やステインでキャラクタライズ(歯の特徴を出して)いきます。

赤、青、緑、紫、オレンジ、ピンク、黄色、グレー、クリーム色、茶色など。
透明感を出す時は、青や紫。
キャラクタライズには茶色や赤、オレンジ、白、黄色などを多く使う。

★見える色は出来る限り技工士さんに伝えましょう
(男性より女性の方が見える細胞が多いらしい...)


 写真撮影がとても大切!!
光をより多く取り込んで撮る!(オレンジライトは色が変わるので避ける)
難しいケースは座った状態でも撮る(光の屈折率が変わると見え方が変わるため)
歯は見えるアングルで見えてくるものが変わることを認識する。

伝えるための写真で、出来上がりの歯の色のクオリティーが大きく変わります。 

 

 技工士  シュメコー百合子でした!

 

 

林歯科医院について

診療科目

診療時間

9:0013:00
14:0017:30
最終受付時間 午前 12:40まで 午後 17:10まで 電話受付時間 9:00~17:30 (休診:土・日・祝)