神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > Q&A > Q,口臭を抑えれるようなブリッジのやり方などあるのでしょうか?   30代 女性 171213

Q&A

Q,口臭を抑えれるようなブリッジのやり方などあるのでしょうか?   30代 女性 171213


Q,はじめまして。
私は元々虫歯が出来やすく23才頃に前歯にブリッジを入れたのですが、その頃から口臭が気になり普段の生活でも近くに人がいると堂々と話すことができません。

ブリッジについて調べたりしましたが、臭いやすいと言うことも知ってます。

今のブリッジがそろそろ10年たつので新しいものに入れ替えたいのですが高いお金を払って新しいものに替えてもまた口臭を気にしながら生活しないといけないと思うと本当に嫌になります。

林歯科医院はテレビで予防歯科の特集をしていて調べていたところ見つけました。

口臭検査や口腔内の検査もしたいし、何より口臭をなるべく抑えれるようなブリッジのやり方などあるのでしょうか?

 

A,メールでのお問い合わせありがとうございます。
  林歯科医院の林です。


ブリッジを入れると隙間が増えるので、歯間ブラシなどを使うことになります。
おそらくきっちりと手入れされていることと思いますので、それを前提にお話しさせていただきます。。

きっちり手入れしても口臭があるとすれば、ブリッジを被せている歯とのつなぎ目に隙間ができて、そこから中が悪くなっているか、その周りの歯肉の炎症が考えられます。

歯肉炎なら、それなりの治療か、丁寧な手入れが必要です。

虫歯のせいなら、悪い部分をとって、詰める。或いはブリッジをはずして、悪い部分をとって、被せなおすことになります。
今回は、10年もたつのではずしたほうがいいのかもしれません。

「口臭をなるべく抑えれるようなブリッジのやり方」ということですが、丁寧に治療するしかないと思います。適合が悪いと、そこに汚れがたまります。

ただ、前の歯の場合、白い部分にプラスチックを使うと、プラスチックは水分を吸収すると言われているので、年月がたつと、再び吸い込んだ水分の匂いがするようになるかもしれません。

プラスチックのお皿が、だんだんと茶色くなるのは、汚れた水分を吸収するせいで、歯も同じことです。せとものの食器が変色しないのは、吸水しないからです。

ただ、プラスチックも、だんだんいいものになってきているので、昔ほどではないかもしれません。そこを気にされる場合は、食器と同じように歯に被せる時にセラミックやジルコニアを使うことになります。

そして、口臭検査や口腔内の細菌検査をすることで、変化を確認するといいと思います。


参考になりましたでしょうか?

 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。