神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > Q&A > Q、診ていただくことは可能でしょうか?    女性 170309

Q&A

Q、診ていただくことは可能でしょうか?    女性 170309


Q,長い間同じ医院に通い、現在治療中です。ぜひご意見をお聞かせください。
H22年に右下7番にクラウンをかぶせ、左上5、6、7番にブリッジをしました。
7番は貼り付けた状態です。
その後右下にフィステルができましたが、先生はこれはあっていいものですと言
われました。
H27年にクラウンが外れ、中心に穴があいてセメントが外れたためだということ
で、クラウンを作り直し治療に通っていると、今度はブリッジが外れました。
5番の芯が折れているけど大丈夫だからと、接着しました。
今年1月に、ブリッジ7番の裏を舌でさわると、なんだか隙間があいているよう
で、診てもらうと、セメントが少し取れてるということで、横からセメントをつ
めました。
この回の終わりの日に、前からあるフィステルの形が少し変わったような気がす
ると言うと、腫れてるねー。とクラウンは外さず一部に穴をあけて根の掃除をし
ました。
穴をあける前は痛みはなかったのですが、次の予約日まで痛みがあり、大きくなっ
ていて、もう一度根の掃除をしました。その後痛みと腫れもひどくなって顔もむ
くんだので、予約前に行くと、レーザーで焼き "1週間ほどで、またフィステル
が、もとあった場所より下にできました。
痛みもあり、大きくパンパンになって、次の予約日に行くと、クラウンをはずし
て根の治療をし、次回の予約日を待っているところです。
痛みはなくなりましたが、フィステルはそのままです。
右をさけ、左で噛んでいましたが、左上がすごく痛くなり、頬骨あたりが痛いの
で、接着だけでもっている7番に負担がかかるのではと思うのです。
昨日今日と鼻に圧迫感もあります。先生の治療を信じて通っていましたが、今不
安を感じています。大丈夫でしょうか?
今の状態で林先生に診ていただくことは可能でしょうか?長い文章ですみません。
ご意見よろしくお願いします。

 

A,メールでのお問い合わせありがとうございます。
  林歯科医院の林です。

整理して考えると、右下7番と、左上7番に炎症があり、その炎症を抑えたあとに、
右下のクラウンと左上のブリッジをやり直す必要がありそうですね。
現在は炎症が広がっているようですので、とりあえず炎症を抑える抗生物質が必
要だと思います。

もちろんこれまでの経過を把握されている今の先生に診てもらうことが一番良い
と思いますが、不安に思われているようでしたら、どのような状況でも転医する
ことは可能です。

炎症は、歯の根の中を消毒して治すことができれば一番良いですが、場合によっ
ては抜歯になることも有り得ます。

ちなみに、あっていいフィステルは、ないと思います。


参考になりましたでしょうか。


初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。