神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > Q&A > Q、親知らずは、抜かない選択はないのでしょうか?   60代 女性 150829

Q&A

Q、親知らずは、抜かない選択はないのでしょうか?   60代 女性 150829


Q、右上にある親知らずと横の歯の間に食べ物が(特に菜や肉など)挟まって取れにくくなったり、そのまま噛むと歯茎が押されたり歯が両側に押されて痛んで挟まったものを取らないと食べ続けられないようになってきました。

歯医者で診てもらい、バイアスピリンオルメテックなどの服用も告げると、安心の為提携病院を紹介するので抜歯の出来る日を連絡するようにいわれました。

親知らずの間の内側が虫歯の状態のようですがはっきりしません。抜かない選択はないのかと考えたりして判断できないので迷っております。

ドッグベストセメントを調べていて先生のメール相談を知りメールさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

 

A,メールでのお問い合わせありがとうございます。
  林歯科医院の林です。


親知らずを抜かない方がいい可能性は低いと思います。
抜いたほうが、その前の歯の治療もやりやすいかもしれません。

もちろん、実際に見てみないと何とも言えない部分はあります。
抜くとすれば、バイアスピリンの服用については注意が必要です。

抜かなくても、親知らずの手入れがうまくできて、相手側の親知らずとうまく噛
みあっていて、噛みあわせに問題がなければ、おいておけるかもしれません。

どちらにしても、歯と歯の間にものが詰まるととても痛いものです。
抜かなくても、隣の歯の治療に問題がなければ、先に治療をすることもできます。


参考になりましたか。

--------------------------------------------------------------------------------------------

お返事をいただきました


とても参考になりました。
ありがとうございました
歯を数えてみると下は7本で上は8本でした。

悪くなるまで全く気付かないほどしっかり噛めていたので先生のご指摘をいただくまで下の歯との噛み合わせについて 考えたりした事が有りませんでした。下の歯がないことに今更ながらに気付いた自分に呆れております。

やはり横の歯も治療の必要がある可能性がありそうでひどくなっていないか心配になってきました。。
すぐに抜歯してもらったほうが良いような気もしてまいりました。
 

 

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。