神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > Q&A > Q、下の歯が前に出た格好になりまして(受け口)「これは仕方がない」という説明を受けました。  50代 女性 150606

Q&A

Q、下の歯が前に出た格好になりまして(受け口)「これは仕方がない」という説明を受けました。  50代 女性 150606

 

Q、はじめまして。

部分入れ歯に関する質問です。
使用していた部分入れ歯を支えていた歯が折れてしまったので、1月から近くの歯科医に通って、先日やっと保険適用の入れ歯が出来上がってきました。

上の前歯2本を含む5本の入れ歯になります。
元々の歯並びは、前歯2本が大きく少し前に出ていたのですが、出来上がった入れ歯は、
下の歯が前に出た格好になりまして(受け口)先生からは「これは仕方がない」という説明を受けました。

前歯がない状態で数か月過ごすと、骨格が変わってしまうものでしょうか?
このままの状態で過ごしていると、余計に受け口になってしまわないかという不安もあります。

また、前回よりも本数が多くなり、上顎を覆う部分が大きくなっていますので、慣れるまで時間がかかるとは思うのですが、
発音がしづらく声楽をしている関係上、声の響きまで変わってしまったようで、困惑しております。

少しでも現状より良くなる可能性はありますでしょうか?

ご多忙な先生にこのような不躾な質問で恐縮ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

A,メールでのお問い合わせありがとうございます。
  林歯科医院の林です。


普通、歯の並べ方は、前へ出したり中へ入れたり、自由な位置に並べることができます。

普通、入れ歯を作るときは、型をとって、噛みあわせをとって、その次に、完成する前に、仮合わせをして、見た目や噛み合わせを確認してから、その位置で固めて完成させます。

もしも、思ったより歯の位置がおかしければ、仮合わせのときに修正することができます。

今回は、すでに完成してますが、歯を削り取って、前の位置につけなおすことはできるかもしれません。

本当につけなおすことができないのか、一度、かかりつけの先生に相談されてはいかがでしょうか。


参考になりましたでしょうか。

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。