神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > Q&A > Q、部分入れ歯とインプラントについて。ミラクルデンチャーにも興味があります。   40代 女性 150120

Q&A

Q、部分入れ歯とインプラントについて。ミラクルデンチャーにも興味があります。   40代 女性 150120

 

Q、はじめてご相談いたします。

昨年末に前歯1本を抜歯し、現在保険適用入れ歯でしのいでいます。

現在治療院はインプラントがとても上手な先生で右奥歯を5年くらい前にインプラントしてもらい調子は良いです。
前歯もインプラントを薦められていますが

・骨造成が必要(差し歯の歯根が折れて周りの骨を溶かした)
・隣の前歯も差し歯でぐらついており(階段から落ちて差し歯にしたので根が短い)、インプラントするならこちらも抜歯して2本すべき

ということで、悩んでいます。
ゆっくり考えたいのですが、早くしないと今入れ歯にしている歯の歯骨が減っていってインプラントが難しくなっていくと言われています。

私としては、ミラクルデンチャーにも興味があります。
しばらく入れ歯で、いよいよ隣の歯がダメになった時にインプラントを考えるというのは一般的に難しいものでしょうか。
骨が溶けた歯は抜歯しても骨が溶けるのが進行して、将来的にインプラントの選択肢がなくなるのでしょうか。
インプラントって、そんなに何本も入れて大丈夫なのかも不安があるんです。

私は働いていて、19時前か土曜日しか通院できないので、先生のところにお伺いできないのが残念です。
ミラクルデンチャーを扱っている先生が神戸には少ないのですね。
先生のところは選択肢が多くて素晴らしいと思いご相談しました。
ご教示ください。

 

A,メールでのお問い合わせありがとうございます。
  林歯科医院の林です。

かかりつけの先生の言われていることは、間違いないと思います。
インプラントは早くするにこしたこはありません。
ただ、インプラントが難しくなっていく程度の判断が難しいところです。

いよいよ隣の歯がダメになった時には、骨も少し減っているでしょうが、骨造成をうまくすれば補えるかもしれませんし、難しくなるかもしれません。そこは何とも言えません。

インプラントを何本も入れた場合、年をとって自分で口の中の手入れができなくなったときにメンテナンスがきっちりとできるのかどうかということろだけが少し気になる点です。逆に入れ歯の方が楽なのかもしれません。

インプラントは、長期的にはまだまだ未知な部分があります。
当医院では、20年以上経過しているケースでも問題は起きていませんが、それは通ってこれる人しか確認ができていないせいかもしれません。

通うことができなくなっている方がどのようにされているのかがわからないのです。

その意味では、確かにミラクルデンチャーはリスクがありません。何かあれば自分ではずせます。問題はなくなります。

インプラントは、行った先生にしかインプラントの種類がわかりませんので、医院を変わった場合にフォローしにくい場合もあります。

入れたインプラントのメーカー名などを聞いておく方がいいと思います。もしもの場合、同じメーカーのものを扱っている医院を探す方が効率的だからです。


参考になりましたでしょうか。


初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。