神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > Q&A > Q,神経を抜くしかないでしょうか。   30代女性 140823

Q&A

Q,神経を抜くしかないでしょうか。   30代女性 140823


Q,先生、こんにちは。前歯の相談です。

元々、左前歯の表面下の方にに縦5ミリほどの傷があり、レジンを詰めて変色する度に削り直していたのですが、その度に虫歯になっているようで、歯の神経が過敏になってきているのか、少し痛みがでてきています。

我慢できない痛みではないのですが、突っ張ったような違和感がずっとあって、気持ち悪いです…。
このような場合、神経を抜くしかないでしょうか。

前回その部分を治療したのが数年前ですが詰めた後、詰め物の周りもすぐに茶色くなってきてしまい、ショックで次治療するのが怖くなってしまって、その歯医者さんには行けなくなり、できればもう今度治療したら一生触りたくないと思っています。

他の歯医者さんにはセラミックは大きさ的に入れなれないと言われています。
表面全体にセラミックを被せてしまうというのも躊躇しています。

このままレジンの詰め替えを繰り返すしかないでしょうか?
その部分を二次的に虫歯にならないようにする方法はありますでしょうか。

お忙しいところすみませんが、宜しくお願い致しますm(__)m


A,メールでのお問い合わせありがとうございます。
  林歯科医院の林です。

まず、痛みの原因ですが、確かに神経が悪くなっているということも考えられま
すが、レジンと歯との間にわずかな隙間がある方が可能性が高いと思います。
あるいは、知覚過敏かもしれません。

その場合は、詰めなおすことで解決すると思います。
知覚過敏なら薬を塗るだけで治るかもしれません。

それでもだめなら、たしかに神経をとることになります。

「その度に虫歯になっているよう・・・」というのは不思議です。
きっちり詰めれば二次的に虫歯にならないと思いますよ。

セラミックを被せるのは、最終手段だと私も思います。


参考になりましたでしょうか。

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。