神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > Q&A > Q.萎縮性口腔カンジダにどんな治療をされますか? 30代女性120425

Q&A

Q.萎縮性口腔カンジダにどんな治療をされますか? 30代女性120425

Q.1年半程前、抗生物質の飲みすぎで口腔カンジダになりました。
当時受診した皮膚科でそう診断され、フロイードゲルを処方されました。
その時はよく効き、ほとんどなくなりました。
ただその皮膚科では「口腔カンジダは皮膚科の領域ではないから次回からは違う病院を受診してほしい」と言われました。

が、度々再発しヒリヒリするので内科でフロイードゲルを貰ったりしていたのですが、その時は痛みは治まるのですが最近完治しません。
最近では腫れてもきたので近所の耳鼻科に行ってみたいのです。
すると「この腫れはカンジダではない。カンジダは白くカビが生えているものだ」と仰りました。

私は抗生物質飲みすぎによる萎縮性カンジダなので、粘膜が赤くなるタイプなのですが、それをご存知なく「アズノールうがい薬」で治ると言われ処方されました。
が、あまり良くなった感じがなく・・・
先生は萎縮性口腔カンジダにどんな治療をされますか?ちなみに常用薬はアビアスピリンです。

A.メールでのお問い合わせありがとうございます。
林歯科医院の林です。
 
口腔カンジダは、粘膜が赤くなるタイプをよく見かけます。
視診で疑わしいものは、培養検査で簡単に判定できます。
見た目だけで判定するのは、おかしいと思います。

当院では、口腔カンジダにはまず、フロリードゲルを処方します。
軽度のものは、早く改善しますが、全身疾患に関連するものは治癒しにくい時も
あります。局所的な原因の場合は口腔清掃も効果があります。
しかしどちらかというと、全身疾患に関連したものが多いように思います。

Nさんのように、抗生物質の飲みすぎの場合はやはり、抗生物質を減らさない限
り治りにくいと思いますよ。

どのような局所の疾患でも、まずは全身管理が一番大切だと思います。

参考になりましたでしょうか?

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。