なぜ、それでも歯医者は痛い?

なぜそれでも歯医者は痛いという人があとを立たないのか ?
麻酔をすれば痛くないはずなのに、何故痛いのか?

では、どのような場合に痛い思いをするのかを考えてみましょう。

1、麻酔が効いていないことに気が付いていない。
2、麻酔が効いていないのに、強引にやってしまう。
3、麻酔は効いているが振動や音で痛く感じる。


きっと、これらの理由で実際に痛い思いをしてきたから歯医者は痛いというイメージがあるのでしょう。
    
これらのことは、ちょっと油断すると実際におこることです。
麻酔が効いていなければ当然治療は痛いものです。麻酔さえ効けばほとんどのことが解決できます。つまり麻酔がいつもすぐに効くとはかぎらないところが問題なのです。
また、患者さん側も完全に効いていなくても、少しくらいは我慢するものかと思い込み、あきらめてしまうことも多いのです。

麻酔は、歯や歯の回りの骨の状態、或いは回りの歯茎の状態で効き目が異なります。
このことを把握するためには、常にお互いが状況を確認しあう必要があります。
効き目が悪い場合は無理をせず、少し麻酔を追加するか或いは麻酔が効くのを待つ必要があります。つまりコミュニケーションがとれるかどうかにかかってくるのです。
これって簡単なようで結構難しいものなのです。患者さんの気持ちや反応を無言のうちに察知しなければならない場合もあります。

余裕がなければ、つい無理をしてしまいます。
「これくらい我慢してくれるだろう」とついつい油断してしまうのです。
私も、この余裕ができるのに振り返れば10年くらいかかったような気がします。
よく色々な分野の職人が、『この技ができるのに10年かかる』などとよく言いますが、
見ている側は「そんな大袈裟な」と思うものですが、
やはり、技とはそういうものなのかなと思います。

ただし、歯の周囲にまで及ぶ、ズキズキした急性炎症がある場合、
ケースによってはどうしても麻酔が効きにくい場合があります。
この場合は痛くないところまでで削るのをやめて、あとは薬の助けを借りるようにすれば、治療回数は増えますが解決できることもあります。このように、どうしようもないことも時にはあるのも事実なので、そのようになる前に早めに治療することが大切です。

3の「麻酔は効いているが振動や音で痛く感じる」については、以前に痛い思いをした時に、同時に振動や音も痛い原因だというトラウマになっているのだと思います。
痛みというものは人によって感じ方が異なるもので、結構痛くても我慢してくれる人もいれば、ほんのちょっとの違和感を痛いと感じる人もいます。
このあたりは精神的な部分が大きいので、痛くない治療はもちろんですが、
さらにリラックスすることを心がけ、痛みに対する抵抗力をつけるお手伝いをするのも大切です。
当医院では視覚的、聴覚的な補助的手段の工夫も行なっています。

ただし、このようなリラックスした無痛治療というのは、時間的な余裕が必要で、痛みがある場合は別として、忙しい時に『今すぐ治療してほしい』とか、『一度にたくさんやってほしい』などと無理を言われてせかされると、やはり難しい時もありますので、そのあたりのご理解はよろしくお願いします。

ちなみに、「歯医者は怖い?」という文章は、以前に地域の情報誌からの依頼で投稿したもので、その情報誌が配られて以来、このような患者さんが増え、おかげでこちらとしても多くの恐がりの人のパターンをつかむことができ、さらに勉強になり参考になっています。

 

  hyousi.JPG   p13.JPG

 

それよりも大切なこと

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。