症例集

ファイバーコアーとオールセラミック (e-max)

 

正面の片側1本を被せるのは、色を合わせるのが大変難しい治療になります。
右前の歯にファイバーコアーを入れて、オールセラミックを被せた症例です。

 

      作成前の色合わせ                             完成

emax.jpg   e-max.jpg

 

 

右写真のように、被せたのがほとんどわからない出来上がりになりました。

歯を削る時は、拡大鏡を使い、型を採るときは歯肉の処置を行い、熟練の技工士さんにお願いすることで、いいものができあがります。

白い色をしたセラミックだからいいというだけではありません。

やはり適合が一番大切です。

 

シェードガイドという色見本と一緒に写真を撮って、白濁部なども技工士さんに
よく見てもらって、色を合わせます。

 

右下に3本のインプラントを入れた症例

右下に3本のインプラントを入れる予定です。

術前の写真です

上の歯はこのような状態です            右下は2本歯がない状態で4番目の歯も動いています 上の歯はこのような状態です   右下は2本歯がない状態で4番目の歯も動いています

CTで分析します

歯を入れる位置にガッタパーチャ(ゴム様の材料)を仮につけてCTを撮影すると、その部分が白く写り、
その下のインプラントを入れる予定の骨の部分の幅と深さをパソコンで分析して測定します。

下の顎の骨を前後にスライスした画像です      下の顎の骨の断面です 下の顎の骨を前後にスライスした画像   下の顎の骨の断面

 

右下に 2本のインプラントを入れました

 
右下に2本のインプラントを入れました   

2本のインプラントが固まるまで、動いている4番目の歯は
3番目の歯に固定して動きをとめて、噛めるようにしておきます。

  

3本目のインプラントを入れました

 
3本目のインプラントを入れました    

2本のインプラントが固定された後に4番目の歯を抜歯すると同時に
1本のインプラントを入れました。

2本のインプラントに仮の歯を入れることで、
不便なく噛むことができます。

 

 

 

完成です

 
白いセラミックの歯(メタルボンド)   

3ヶ月後にインプラントの部分に白いセラミックの歯(メタルボンド)を
3本入れました。

 

 できあがったメタルボンドの模型上での写真です

模型上での写真です    ピンクの部分は柔らかいシリコンでできていて、取り外しができます

 

 

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages
初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 入れ歯治療(ミラクルフィット)
  • 小児歯科
  • マイオブレイス治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。