神戸市 兵庫区 歯科 歯医者 林歯科医院 ホーム > 症例集 > インプラントを利用した上下の総義歯

症例集

インプラントを利用した上下の総義歯

総義歯をインプラントで固定することにより強い力で噛めるようになります。

 

インプラントを利用した上の入れ歯はこのようになっています。

   表                               内面 

表    内面

 

口腔内の状況です。ここに入れ歯をはめ込みます

 
2upim.jpg  

4本のインプラントで入れ歯を固定して、すでに15年以上経過しています。 (ストローマン社)

左の奥のインプラントを止める部品は黒いゴムではなく透明のプラスチックを使っています。 

  

パノラマレントゲンです 

 
パノラマレントゲンです   

上の顎には4本のインプラントと入れ歯の金属部分が写っています。

下の顎には術前診断のために直径3mmの鉄の玉を使って骨の深さを計測しています。(CTを使う以前はこのように分析していました。)

 

 
 下顎にインプラントを2本入れました  
下顎にインプラントを2本入れました  

下の入れ歯は2本のインプラントだけで止めることができます。 (ノーベルバイオケアー社)

下の入れ歯はこのようになっています。 インプラントに固定するのに今回は金属の装置を使用しています。

   表                               内面

下の入れ歯はこのようになっています。
  内面

 

  見ただけではインプラントの効果はわかりにくいと思いますが、

インプラントのおかげで入れ歯の動きが止まり、隙間に食べ物が入り込まなくなり、硬いものでも痛みなく、よく噛めるようになります。

 

  ご本人より感想をいただきました

もう22年になります。 上のインプラントをしてもらって今だにしっかりしたものです。
時々ゴムを替えたりしてもらったりしていますが
私はリンゴ大好き人間ですが、毎日バリバリ食べられるのがうれしくて、ほんとに有難いと思います。
商売をしていますので一日中お客様と話をするのですが笑っても何も気にする事もありませんし、
感謝です。ありがとうございます

  アンケート用紙に記入いただいています);

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayashi-dental.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/243

コメント






初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。