兵庫区 歯医者 歯科医院 林歯科医院 ミラクルデンチャー 院長のブログ

2013年6月 1日
『 J.J.JETS 』・学生時代のお話

  
先月、友人に誘われて、阪急西宮ガーデンズのTOHOシネマで、ポール・マッカートニー &ウイングス『ロックショウ』を観ました。

なんと37年も前のライブ。
数年前に大阪ドームで、ポール・マッカートニーのソロでのライブも観ましたが、34歳の『ロックショウ』でのポールのボーカルは、本当にフルパワー!
最高によかったですね。DVDは買いです。

rockshow.jpg

さて、私事ですが、先日、私の30年前のライブを後輩が勝手に YouTube にアップしたようです。
全然自慢できるようなものではないのですが、と言いながら、そもそもバンドをやるということは、目立ちたいとか自慢したいとかいう思いって心のどこかにあるんですよね。

だから、勝手にアップしやがって!と思いながら、アップしてくれてありがとうってね。正直言って、馬鹿にされるのを覚悟しつつ、下手でも人に言いたくなっちゃうんですよね。

『ロックショウ』記念という口実で、・・・・ どちらも30年以上前とい特集とうことで。??
『 J.J.JETS 』で検索してみてください、2曲だけ出てきますよ。

当時は、私は大学を卒業したばかりの勤務医時代で、この2曲は、現役の後輩が作ったオリジナル曲です。
後輩の二人はとても熱く、私はパープル色のシャツを着て、この曲に関しては、右の後ろで控えめにギターを弾いています。
でも髪の毛はふさふさで、勢いがありますよ。???

勝手にアップしただけあって、後輩たちが目立つ選曲のようですね。
(私の作曲作詞、ボーカルの曲もあるけど、アップは許可しません。笑。)

演奏は、決してうまくないけど、それほど下手でもないと思いますよ。???????
いや、下手かな。

まあ、それを踏まえて少しだけお付き合いください。


さて、さらに最近、なんと!別の後輩が新たにCDをリリースしました。
   Touch The Clear Air MIDAS (2013)
伝説のデビュー・アルバムから25年(2013年時)。海外での人気も高いジャパニーズ・シンフォの老舗、
MIDASが通算7作目となるアルバムをリリース。持てる力を100%発揮した、邦プログレッシヴ・ロック史に燦然と輝く傑作。

midas.jpg

歯医者をやりながら、CD出すなんてうらやましい限りです。Greeeenみたいですね。
私もいずれ何らかの形で発表できればと企んでいますよ・・・???


今日は、?が多い日でしたね。   『笑』

 

2013年5月25日
『第1回兵庫区地域ケアネットワーク定例会』

 5月25日の土曜日に、兵庫区役所にて
『第1回兵庫区地域ケアネットワーク定例会』が行われました。

今回は、ひらの歯科口腔外科クリニックの、梶 隆一先生と
        鈴江歯科クリニックの、鈴江 明寛先生による

『在宅歯科治療、訪問歯科の実際』という演題で講演が行われ、

100名くらの歯科医師、医師、薬剤師、ケアマネージャー、看護士などの医療介護関係者が参加しました。

houmon.jpg


現在、歯科医院に、どうしても通院できない人に対して、訪問診療という制度があります。

ただし、脳出血後遺症・大腿骨骨折・パーキンソン病・高齢のために歩行困難。
高度の心疾患・認知症のための通院困難という人に限られ、
自力で歯科医院に通うことが出来ない正当な理由が必要です。

つまり、内科などに自力で通える人は受けることができません。
また、居住しているところから16キロ以内の歯科医院に限られます。

訪問歯科は、歯科治療だけでなく、歯科衛生士による口腔ケアも受けることが出来、
お年寄りなどの口の中を清潔に保つことで、誤嚥性肺炎の予防も行うことが出来ます。

医療関係者の中でもこのことを知らない方も多く、
医師、薬剤師、ケアマネージャー、看護士などと連携をとることでさらにこれから地域に貢献できると思います。


残念ながら、林歯科医院では、在宅歯科治療の体系がまだ整っておらず
今のところできませんが、いずれは体制を整えていきたいと思っています。

兵庫区では、現在、橋本歯科が窓口になりご希望の方には情報をお伝えしています。

      橋本歯科医院・・・・・・511-3960 まで


 

2013年4月 6日

 

4月6日土曜日

今日、明日の雨で、桜は終わるのかな・・・・・?

車での通勤途中も、たくさんの桜が満開状態。とても美しくいつまでも見つめていたくなる。

兵庫区周辺にはあちこちに桜が咲き、とても楽しい。

しかし、満開で美しいにもかかわらず、その反面、短命な桜との間近に迫ったお別れにちょっと寂しさも感じる。

今年は何だか記録したくて通勤途中の桜を、携帯で撮ってみました。ほんの一部ですが・・・・。どこだかわかりますか?

sakura1.jpg sakura2.jpg

sakura3.jpg sakura4.jpg


桜を眺めていて思うのですが、どうも日本では桜が美しさの基準になっているような気がする。

日本の寺院や神社などに見られる厳かで落ち着いた配色や雰囲気は
きっとこの桜のかもしだす日本古来からの美意識が生み出しているのだろう。

人間は、自然の植物や生き物を見てきっと自分の中で美しさの基準を作り上げていくにちがいない?


東南アジアの国々の建物は、カラフルで原色がよく使われる。

熱帯魚や熱帯植物は原色っぽく、とても色鮮やかで美しい。
はるか昔から原色を見続けると、これこそが自然、自然の美となり人工物へ影響していくのかな?

白色っぽい北欧や、土色っぽいイメージのアフリカなどは、単調な色彩のせいか、逆に色への思いが強くなり、対照的にカラフルな色を求めているのかもしれない。

とても単純で勝手な思いつきにすぎないのですが・・・・


自然と、人工物のかかわりを研究すると、すぐに1冊の本になるかも。
いや、もうすでに誰かが書いているかもしれませんね。


カラフルな原色は躍動的で楽しくとても好きだが、桜の落ち着いたリラクゼーション風の感覚の方が、私としては長く感じていたいような気がする。


インド料理やインド音楽が大好きな私には、ひょっとしたらインドあたりの血が入っているような気がしていたのですが、求める色の感覚からすると、やはり私は日本人なのかもしれない?

sakura5.jpg

家の前にも桜が満開!!

今日の雨と風に耐えて、少しでも長く咲き続けてほしいものです。

-------------------------------- 

PS.
フランス製の湯沸かし器である電子ケトルの ティファール(T-fal) は、日本では全く売れなかったが、
市場調査の結果、ピンク色にしたところ、80代までの幅広い女性層で爆発的に売れているらしい。

今朝の『がっちりマンデー』より   4月27日

これもやはり、 『桜』効果 なのでは・・・・・・?

       

 

2013年3月16日
お昼の勉強会 2

  

患者さんに喜んでもらうためには、ドクターだけはなく、スタッフもとても多くのことを勉強する必要があります。

新しい考え方、新しい材料、新しい技術、日々変化していきます。

そこで、林歯科医院では、ほぼ毎週金曜日の昼休みに、スタッフによる勉強会をしています。

勉強会の内容は、FBとアメブロにアップすることにしています。今回は、今年に行ったアメブロの内容を紹介させて頂きます。 

 

2013-01-11  バクテリアセラピーについて     長瀬

2013-01-18  歯周病菌が骨を溶かしているのではありません     谷口

2013-01-25  ホワイトニングの注意点について    長瀬

2013-02-01  今回の勉強会では、口内炎、口角炎、メニエール病について発表しました。    岡

2013-02-08  ~幸せな人生を送るために知っておきたい5つの法則~     岡

2013-02-15  ワンタフトはピンポイントに狭い部位に毛先が届く清掃道具です。    谷山

2013-02-22  歯ブラシの選び方を間違えると、歯をすり減らしたり、歯肉が退縮したり、逆に悪化します。     平崎

2013-03-01     溝が深くなってしまっていてもすぐに『歯周病』だと判断してはいけません!     谷口

2013-03-08  『 口もとから始めるアンチエイジング 』     長瀬

2013-03-15  親知らずは抜いた方がいいですか?      岡  

 

                                                   

                         logo_ameba.gif

 

 

 

 

2013年1月 1日
◇ うがいをする水が綺麗になりました

 


◇ 中性電解水生成装置『ポセイドン』を導入しました

「ポセイドンのおかげで、今まで以上にユニット内を衛生的に保てるようになりました」 

poseidon1.jpg  poseidon2.jpg


治療のいすのうがいする水についてですが、患者さんから時々「飲んでもいいですか?」と聞かれます。

普通、歯医者さんの治療で使う水は、単なる水道の水です。
最近多くの家庭で浄水器を入れています。私の家も浄水器を入れています。
一度浄水器の水を飲み始めると、水道水を飲むのに抵抗を感じます。

勿論、浄水場できれいにされているはずなのですが、・・・・・?


治療に関しても「水道水なら綺麗」という前提のもと今まで治療を進めてきましたが、
ハンドピース(歯を削るドリル)などは、細い配管を複雑に通ってくる水を使用するため、
いくらかの細菌は存在しているはずです。
いや、アメリカの或る学会では、かなり汚れているという報告もあるようです。


どちらにしても、細菌の数は少ないにこしたことはありません。
そこで、林歯科医院では、水道水に含まれている残留塩素を補正し、その成分である「次亜塩素酸」と「次亜塩素イオン」を含んだ「電解中性機能水」を歯科ユニットや医院全体に通水させる給水管内除菌装置、『ポセイドン』を先駆けて取り入れました。
添加物を一切加えず、水道水のみを原料としています。
(機能水と言われる物にありがちな、添加物を加えて酸性化もしくはアルカリ性化は行なっていないので、中性で、人体には完全に無害であり、どなたでも安全に使用出来ます。)

poseidon.jpg


つまり、常に院内に水道水ではなく、除菌された中性の水が、流れている状態になったので、
うがいをする水は安心して飲むことができ、治療中にお口の中で使う水(タービンなどから出てくる水)が、
衛生的になり(細菌数はゼロに近い)、安心して治療を受けていただけます。


細菌の数を日本食品分析センターで分析してもらいました。

分析結果はここをクリックしてください 

上記は、一般的な歯科医院の治療用ドリル(タービン)から出る水に含まれる細菌数を、
日本食品分析センターが『ポセイドン』導入前後に行った検査結果です。

上が設置前、下が設置後の数値です。


当院の診療台の術前のバイ菌の数は、1,000個/mlから、導入後は 30個以下/mlというレベルになりました。

30個以下/mlというのは、細菌検出数限界以下の数字ですので、当院の診療台から
排出される水はすべて無菌と考えられます。(さらに、殺菌効果もあるとも考えられます。)


『ポセイドン』導入前には、多量の細菌が検出されたのに対して、導入後は、ほとんど検出されていないのがわかります。

『きれいなお水の歯医者さん』というサイトにも紹介されています。
       http://mizukirei-dc.com/
導入前後の詳しい説明が動画などで載っていますので、参考にしてください。

 

2012年12月30日
『歯の定期健診を受ければよかった・・・・』

「プレジデント」という雑誌をご存知でしょうか?

11月号の特集で、55歳から74歳の男女1,000人を対象とした「今、何を後悔していますか?」というアンケートが行なわれ、

「健康」というジャンルで

『歯の定期健診を受ければよかった』 が男性1位、女性4位という結果になったそうです。


つまり、痛くないからと歯医者に行かなかったせいで、歯がいつの間にか悪くなり、
もう元の状態に戻らなくなり、後悔している人がものすごく多いということになります。


実際に、虫歯や特に歯周病は痛くなった時は、かなり進んで、
手遅れになり、とても多くの人が、歯を失っています。

 prejident2.jpg

   男性部門などのくわしい結果はここをクリックしてください。

 

現在、定期健診に通っている人は、ほんの数%で、
ほとんどの人が歯医者は歯が痛くなった時に行くものだと考えています。

実際に、自分の歯に多くの歯石がついていることを知らない人がものすごく多く、
写真で見てもらってやっと気がついてもらえているのが現状なのです。

今回のアンケートで、そのような人を一人でも少なくすために、
定期健診の大切さを伝えることが、
私たち歯科関係者の大きな使命だということを切実に感じました。

悪くなって後悔することは簡単です。

痛みのない若い人にこのことを理解してもらうことは、とても難しいく、時間と手間がかかります。

やはり、まだまだ定期健診の大切さを伝えられていないのは、国の教育や私達の責任だと反省させられます。

 

PS.
ブログでお伝えしましたように南雲吉則先生の健康法で、
メタボリックになった私は半年で10kg減量しましたが、
あくまでも食事の制限の結果なので、
アンケート結果の男性部門の2位3位は、とても気になるところです。
次の大きな課題です。

いや、それよりも5位の方が切実かもしれません(笑)ね。

 

2012年12月 1日
歯周病に『バクテリアセラピー』も有効です

 

善玉菌とか、悪玉菌とかの話を聞いたことがありますでしょうか?

  バクテリアセラピーを体験された患者様からの感想をいただきました。』 (2013,9,6)

口の中や体内にはなんと1kg以上の多くの菌が存在しています。
菌といっても悪いものばかりではなく、口の中も、腸の中も正義の味方となる多くの善玉菌(プロバイオティクス)が存在しています。

この善玉菌の数を増やすことで、悪玉菌の力を押さえ込んでいこうという取り組みを、『バクテリアセラピー』と言います。
つまりこの善玉菌を口から摂取することで、悪玉菌の数を減らすことができるのです。


予防の先進国であるスウェーデンで開発されたものに、『プロデンティス』があり、
カナダで開発されたものに、『Pro Bio K12』というプロバイオティクスがあり、
林歯科医院ではこれらのプロバイオティクスを取り入れています。

prodentis.jpg

これらを取り入れることで、中程度に進行した歯周病が長期に渡って安定し、改善される症例もあります。

口の中を改善するには、夜寝る前にミント味の錠剤をなめることで、長時間口の中に留まり、口の中の悪玉菌の力を押さえることにより朝起きたときのねばねば感がなくなります。

体内に入った後もそのまま胃や腸内の悪玉菌の力を押さえることで、ピロリ菌も減らし、胃潰瘍、便秘、胃腸疾患の改善が期待できます。

最初の1ヶ月 は、毎日使用しますが、その後は週に2回程度で維持できるので、2ヶ月目からは、一箱(30錠3000円)で3ヶ月もつので、少ない負担で続けやすいと思います。

エピオスウォーターSODSHなどの統合医療に加え、『バクテリアセラピー』も是非お試しください。

biogaia.jpg

上の図が掲載されているバイオガイアジャパンのホームページもご参照ください
http://www.reuteri.jp/therapy/

 

この内容は、歯周病のページにも掲載しています 

 

PS.南雲式健康法を始めて5ヶ月。10kg減らして標準体重をゲット! 先月の特定検診の結果もパーフェクトでした。
これからは、現状維持です。

昔の古いズボンはすべてはけるようになりました。メデタシメデタシ!

 

 

2012年11月11日
いい学校に入って幸せになるために「勉強しなさい!」ということは、正しいのだろうか?

 

親が子供に、幸せになる為にいい学校に入らなくてはならない。だから「勉強しなさい!」ということは、正しいことでしょうか?・・・・・・

という出だしで始まった、㈱アビリティートレーニングの木下晴弘先生のセミナーを受講してきました。

 

木下晴弘先生は長年にわたり塾の講師として子供たちの教育に携わり、進学校への受験の手助けをしてきましたが、学校で優秀な成績の人間が必ずしも幸せになっていないということに気がつき愕然としました。

そして幸せになっている人の行動パターンがあることに気がつき、そのお話が私にとってとても興味深く聞くことができました。

木下晴弘先生の分析では、自分の幸せではなく他人の幸せのために生きている人が例外なく幸せになっているということでした。

 

例えとして、ホンダの本田宗一郎氏のことを話されたのですが、葬儀「お礼の会」には6万人以上の人が集まり、会場内に掲げられたメッセージには「皆様のおかげで 幸せな人生でした どうもありがとう 本田 宗一郎」という、本人からの言葉が、日本語と英語で、参加者に向けて贈られていて、みんながこのメッセージの前に立ち尽くし涙したといいます。

ここで、確かなことは本田宗一郎氏は幸せを感じていたということと、6万人以上の人が故人に感謝していて(本田宗一郎氏に喜ばされ)、別れを惜しんだという事実です。

 

その他、多くの事例を紹介してくれました。経済的な裕福は関係ありません。

 

kinosita.JPG 

(株式会社アビリティトレーニングのHPより引用)
 

つまり、文頭の結論としては・・・・・・

親が子供たちに、いい学校に入って幸せになるために「勉強しなさい!」ということは、他人を喜ばせるための教養をつけるのなら正しいということで、
自分を喜ばせるための教養をつけるためなら間違いだということです。

同じことをやるのですが、目的によって結果が異なるのです。

つまり、何のために勉強をするのかということを、親が子供に教えてあげることが、ものすごく何よりも大切なのです。

他人を喜ばせるために教養をつけることを理解した子供は、逆に自発的に勉強するようになるとのことです。

 


私は生きる目的というものは常に漠然とした中で考えて生きてきました。
しかし今回のセミナーで、確信にせまったと思うのです。

今まで、自分の幸せは、周りの接する人たちの幸せなしでは不可能なので、人の幸せのために行動することは不可欠だと思っていました。周りと自分が同時に幸せになるのですから、矛盾なく両立し、間違いはないと思っていました。

でもやはり、先に、『自分の幸せ』という単語が先にきていました。
つまり自分の幸せが生きる目的になってしまいます。そうすると、自分がもう幸せで、これ以上はもういいと思った時に、生きる目的がなくなり、人生は虚しくなります。
幸せなはずなのに、幸せを感じなくなるのです。そうなると、無理やり新たな楽しいことを探し、これを繰り返します。終わりのない自分のためのゴールを探し続けます。

しかし、今回のお話で、『自分が幸せな人生』と『他人を喜ばせる人生』の順番を入れ替える方が生きがいを感じるということを確信できました。

 

たとえば、毎朝の出勤の時に、『今日も人を喜ばせよう』というよりも、さらに『他人を喜ばせるために、私は生きている』と思うと元気が出ることがわかるのです。間違いのない感覚だと思います。

『私の生きる目的は、他人を喜ばせることだ!』・・・生きる目的をこれだけに結論付けます。

今までとやっていることは同じなのですが、順番を入れ替えて、行動するだけで次元が変わります。

 

このような思いは、多くの方が無意識のうちに行なっていることだと思います。ただ、毎日思っているかどうかということが重要だと思います。人間は気分で変化する生き物です。

常に意識するためには、論理的に理解して確信することが大切なのだと思います。

私も、常に意識してこの思いを持続させていきたいと思います。

 

この数ヶ月間の週末は、毎週のように歯科関連のセミナーやイベントに参加していますが、
今回の木下晴弘先生のセミナーは、本当に参加してよかったと思える内容でした。

木下晴弘先生のセミナーは、これからも日本中で行われますので、関心のある方にはお薦めです。人生が180度変わるかもしれません。
勿論、他にも多くのとてもためになる話もあります。
http://www.abtr.co.jp/

 

PS.
311の震災の時など、人々が災難に直面した時に見せる、日本人のお互いを助け合う姿勢というのは、多くの国からすばらしいと評価され、驚きの目でよく見られ、賞賛されます。
私たちが当たり前だと思っていることが、他の国では当たり前ではなく、


日本人の相手のことを考える能力というのはどこの国よりも優れているらしいです。

つまり、日本人はひょっとしてどこの国よりも幸せということができるのかもしれません。
危機に直面した時は、正しい順番で判断する潜在能力があり、とても誇らしいと思います。

 

           林歯科医院
  http://www.hayashi-dental.info/

 

 

2012年10月14日
標準体重まであとわずか。8kg減量しましたよ!

 
タバコをやめて早11年。口が寂しくなり間食が増えた私は、いつの間にかメタボに。
色んなことを試しましたが、何をやっても続きませんでした。

そんな中、6月にローソンでたまたま見つけた、TVでおなじみの、南雲吉則先生の『空腹が人を健康にする』という本を読んでみると、その理論にとても納得。

nagumo.jpg

早速チャレンジしてみたところ、すぐに1~2kg減少したので、これはいけるかもと、いつの間にか3ヶ月が過ぎ、なんと標準体重まであとわずかという8kgもの減量に成功。
体から出る汗も、サラッとして、油っぽい臭いもかなり減少。

南雲吉則先生の理論とは、食べ物が豊富でなかった昔の日本人の食生活をするということです。
具体的には、朝・昼の食事量を減らし、夜も食べ過ぎず早い時間に。そして間食をしない。
さらに、砂糖・塩・油の量を減らすことがかなり大切だということです。

詳しい内容は、また後日報告させていただきます。

さて今回、何故この話を皆さんに報告したかったかと言うと、決して自慢をしたいわけではありません。・・・・・

今回の事で実感したことは、健康のために砂糖、間食を減らすというのは、体が良くなるのと同時に、口の中の状態も良くなっていくということです。考えてみるとあたり前の事なのですが、砂糖を減らせば歯が汚れにくいことは言うまでもなく、間食のだらだら食いがなくなることで、口の中の汚れる時間もとても少なくなり、綺麗に保てるということです。

いくら1日3回歯を磨いてもすぐに口の中を汚しては歯のお掃除も追いつきません。

また歯周病は体の免疫力が大きく影響するので、体が健康になると歯周病も改善されるはずです。
また、砂糖の取りすぎは、つばや汗などの分泌物も粘っこくなり、口の中のばい菌も増えると同時に体の代謝も悪くなります。

つまり逆に言えば、歯の健康を保つための大切な生活習慣は、体を健康にするためにとても役に立つと言う事です。

歯科医院では歯の治療だけではなく、虫歯や歯周病の予防の為に行っている生活指導や食事指導などの皆様へのアドバイスこそが、皆様の体の健康管理にとても大切であることを認識していただけると幸いです。

皆さん、『歯から』でも『体から』でもどちらでもいいと思います。
自分のやりやすい、入りやすい健康への入り口は、色んなところにあるかもしれませんね。


PS.
先日、馴染みの患者さんが『先生、痩せたみたいだけど、具合が悪いの?』って、スタッフに聞いていたみたいです。

とんでもないです! 私は体も軽くなり、とても健康になっていますよ。ご心配ありがとうございます。一緒に健康になりましょう!

標準体重まであとわずか・・・・・・・・

 

 

2012年8月26日
歯科健康講座『口腔乾燥症』のお話をさせて頂きました。

  
現在、兵庫区歯科医師会の事業の一環ということで、歯科健康講座を時々行っています。

今回は私の担当ということで、8月25日のお昼に、兵庫区御崎町の浜山地域福祉センターで、
約40名の75歳以上の方々と一緒にお昼ご飯を食べた後に、『口腔乾燥症』のお話をさせて頂きました。

hamayama1.jpg hamayama2.jpg


社会福祉協議会の方からは、『熱中症にご注意を!!』というタイトルでお話があり、とても役に立つ内容でした。

社会福祉協議会の方だけでなく、兵庫区健康福祉課の職員の方や民生委員の方々のお世話で、このような企画が催され、ご高齢の方々の集まるきっかけとなり
また、憩いの場にもなり、さらに健康増進のためにも、とてもいいイベントだと思いました。
 

さて、今回の参加者のなんと9割が、女性でした。女性はいつまでたってもお喋りが大好きなようです。


私も、年をとっても、女性に負けず、家にこもらずに友人と過ごす時間を大切にしていきたいと思います。

 

初めて当院で受診される方へ

院長コラム

歯科医療にまつわるいろいろなお話を書いていきます。
【院長コラム特別編】
私が歯医者になった動機「 歯医者さんは、なぜ、歯医者さんになったのでしょう?」

院長ブログ
スタッフブログ
無料診断
歯の豆知識
患者様の声
症例集
自費治療のご案内

林歯科医院の治療科目

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 高周波治療
  • レーザー治療
院長にメール相談

林歯科医院について

写真:神戸市 兵庫区 林歯科医院
〒652-0042
神戸市兵庫区東山町3丁目1-8
TEL:078-531-7176
E-MAIL:こちらよりお問い合わせください。

患者様がお住まいの主なエリア

大井通、新開地、松本通、上沢通、下沢通、中道通 、湊川町、夢野町、熊野町、大開通 、平野町 、湊山町、会下山町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。